東京駅・羽田空港から20分の川崎研修センター(JR川崎駅より徒歩5分、京急川崎駅より徒歩3分) 東京駅前の東京会場 新大阪駅前の大阪研修会場
ISO研修、セミナー、内部監査員、ISO9000、ISO14000、環境審査員、品質審査員、OHSMS、ISMS、ITコーディネータ 電話番号
会社情報サイトマップお問合せリンク集English
ホーム セミナー一覧 同時申込の方法 資料請求 よくある質問 何でも情報 交通アクセス 宿泊案内 受講料割引制度
FAXによるお申し込み
 コース情報

コース概要
受講対象者
カリキュラム
受講料・開催地
開催日程

担当講師
 各ジャンルトップへ
filler 規格改正関連
セミナーへ

filler 品質セミナーへ
filler 環境セミナーへ
filler 労働安全衛生セミナーへ
filler 情報セキュリティ(ISO/IEC 27001)セミナーへ
filler ヒューマンスキル・人材育成へ
filler キャリアコンサルタント関連セミナーへ

 資料請求へ
 お問合せへ 
 FAQへ

HOMEセミナー一覧ISO9001(品質) > QMS活性化コース〜プロセスアプローチを実践する〜
QMS活性化コース〜プロセスアプローチを実践する〜(TQ84)
JRCA継続的専門能力開発(CPD)登録コース

プロセスアプローチを正しく理解できる1日コース

ISO9001:2015ではプロセスアプローチが要求事項に。


※チラシには最新日程情報が反映されていない場合があるため、
最新情報はページ下段にある日程表を御確認ください。

川崎開催

▼受講料はこちら 
▼日程・開催地はこちら 
▼お申し込みはこちら 

出張セミナー対応コース

企業など組織の個別ニーズにお応えすべく出張セミナーも好評開催中です。組織内でまとめて研修を行うと、自組織のQMSに沿った研修内容にカスタマイズすることができ、また、とても経済的です。多様な業種に対応できるテクノファならではのカリキュラム・教材・講師、お問合せから開催まで、きめ細かい運営をお約束します。

詳しくはここをクリック


◆◇ コースの特徴と概要 ◇◆

品質マネジメントシステム(QMS)を活性化し、その有効性を向上するためには、プロセスアプローチに基づく運営管理が必須です。そのため、QMS活動に関わる方は、プロセスアプローチを正しく理解し、QMSで明確にしたプロセスを適切に管理し、継続的に改善していく必要があります。

また、ISO9001:2015では、「4.4.2 プロセスアプローチ」として要求事項となり、組織は、「QMSに必要なプロセス及びその適用」「インプット、アウトプット」「プロセスの順序及び相互関係」「商品・サービスの適合性及び顧客満足に対するリスク」「プロセスの運用及び管理に必要な判断基準,方法,測定,パフォーマンス指標」「資源」「責任及び権限」などを組織が明確にすることを求められます。

プロセスに含まれる要素を明確し、適切に管理し、改善につなげることがさらに求められると言えるでしょう。

プロセスアプローチを実践することは、業務の可視化、そしてその業務が抱えている課題の可視化に繋がります。さらに、可視化により、個人レベルでの課題認識から、組織レベルでの課題認識(共有化)へと繋がっていきます。
本コースでは、プロセスアプローチを分かりやすく解説するとともに、ケーススタディでは、プロセスがどのような活動で構成され、それぞれの活動のインプットとアウトプットが繋がっているかなど、プロセスを分析することで、プロセスに潜む課題・問題の可視化を、事例を通して検討、実施いたします。
自社のQMSに対してプロセスアプローチによる管理をより徹底させたいとお考えのQMS推進担当者の方におすすめのコースです。

●プロセス管理・改善の具体的方法及びその効果をケーススタディで習得
●弊社取締役会長 平林良人 が講師を担当
●受講しやすい1日コース

▼受講料はこちら 
▼日程・開催地はこちら 
▼お申し込みはこちら 
▼ページトップへ 

こんな方におすすめします

●自社のQMSに対してプロセスアプローチによる管理をより徹底させたいとお考えのQMS推進担当者の方

JRCAでは、主任審査員・審査員は毎年15時間以上、審査員補は毎年5時間以上、IRCAでは、主任審査員・審査員・審査員補は毎年15時間以上の継続的専門能力開発(CPD)を継続的に行うことが求められています。本コースを受講いただくことにより6時間10分のCPDにご活用いただけます。 当コースは、2013年1月以降、JRCAのCPD登録コースとなっておりますので、CPD様式の記入は不要です。

IRCAでは毎年更新月に学習の目標を設定し、学習を実施したらCPDとして記録をします(目安として年におおよそ10〜15時間)。 5年ごとの更新時には、更新に関するその他の必要書類と一緒に5年間のCPD ログシートを提出しなければなりません。

本コースを受講いただくことにより、CPDの6時間を満たすことができます。

IRCAの継続的専門能力の開発(CPD)の詳細については、
IRCAホームページ (http://japan.irca.org/certification/CPD1/) で確認して下さい。



カリキュラム

9:30〜17:00

●品質マネジメントシステムの基本
■演習1 プロセスとは
●プロセスアプローチ
●組織のプロセスの分析事例
■演習2 組織の要素の展開
●ISO9001:2015におけるプロセスアプローチ
●プロセス管理の視点
■演習3 プロセスの管理要素
●プロセスの切り方とintegrity(完全性、無欠状態)
■演習4 プロセス設計

●は講義 ■は演習
※詳細は変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。
研修コースのご案内

受講料: 税別:27,000円、 税込:29,160円
     テクノファ会員は 税別:24,300円、 税込:26,244円
                ※テクノファ会員になるには・・・・
定員:  24名
開催地: 
川崎(出張可)

日程 

1日間 (9時30分開講、17時終了)
ご宿泊をご希望の方には、ホテルを割引料金でご紹介(川崎)

●川崎研修センター近くの宿泊施設は、こちらにてご紹介しております。


日程[コースID:TQ84] (更新日: 2017年08月20日)

会場へのアクセスは、こちらをご覧ください。

開催No. 日程(2017年度) 申込状況 開催地 備考 申込 申込
No.309月29日(金)空席あり川崎 
法人
個人
No.3112月7日(木)空席あり川崎 
法人
個人
No.322018年3月8日(木)空席あり川崎 
法人
個人


2名以上又は2コース以上

申込



このコースを含む、各種割引制度を設けています。是非ご利用ください。
       ●同時申し込み割引制度

▼カリキュラムはこちら 
▼ページトップへ 

Copyright ©Technofer Ltd., 2017 All Rights Reserved.