東京駅・羽田空港から20分の川崎研修センター(JR川崎駅より徒歩5分、京急川崎駅より徒歩3分) 東京駅前の東京会場 新大阪駅前の大阪研修会場
ISO研修、セミナー、内部監査員、ISO9000、ISO14000、環境審査員、品質審査員、OHSMS、ISMS、ITコーディネータ 電話番号
会社情報サイトマップお問合せリンク集English
ホーム セミナー一覧 同時申込の方法 資料請求 よくある質問 何でも情報 交通アクセス 宿泊案内 受講料割引制度
FAXによるお申し込み
 コース情報

コース概要
受講対象者
カリキュラム
受講料・開催地
開催日程

担当講師
 各ジャンルトップへ
filler 規格改正関連
セミナーへ

filler 品質セミナーへ
filler 環境セミナーへ
filler 労働安全衛生セミナーへ
filler 情報セキュリティ(ISO/IEC 27001)セミナーへ
filler ヒューマンスキル・人材育成へ
filler キャリアコンサルタント関連セミナーへ

 資料請求へ
 お問合せへ 
 FAQへ

HOME全コース一覧特別セミナー > ISO9001 2015版移行対応 実践演習コース(7.5時間)(SQ48)
ISO9001 2015版移行対応 実践演習コース(7.5時間)
(コースID:SQ48)

<JRCA CPD登録コース>

2015年版ISO9001は2008年版規格より一層、組織経営を意識しやすくなる
規格要求事項に改訂されます。事業とISOの一体化を図り、パフォーマンス
追求型のQMSを構築するために役立つコースです。

▼受講料はこちら  
▼日程・開催地はこちら  
▼お申し込みはこちら  

◆◇ コースの特徴と概要 ◇◆

● 日常業務が効率化される(プロセスアプローチの展開)
● 失敗コストが減る(リスクの明確化と処置)
● 2015年版移行対応を高いレベルで考えることができるようになる

2015年版規格における重要項目である「組織及びその状況の理解」、「利害関係者のニーズと期待の理解」、「QMSの適用範囲の決定」、「プロセスアプローチ」についての理解を深めるために、講義だけでなく実践的な演習を盛り込みました。あるメーカー(文房具を題材)のQMS担当者として移行対応、システム構築を検討頂く演習により、自組織への適用方法を理解することができるようになります。また管理責任者としての力量を身に付けることもできます。 また、講師陣はJIS Q 9005(品質マネジメントシステム−持続的成功の指針)の策定に大きな関与をしていることからそのエッセンスも盛り込んだ研修に仕立てています。

講師

      飯塚悦功 超ISO企業研究会 会長 / 東京大学名誉教授
      金子雅明 超ISO企業研究会 副会長 / 東海大学専任講師
      平林良人 超ISO企業研究会 副会長 / 株式会社テクノファ取締役会長
      住本 守  超ISO企業研究会 委員 
                / (独)製品評価技術基盤機構認定センター客員調査員
      丸山 昇 超ISO企業研究会 委員 / アイソマネジメント研究所所長

      ほか(コース日程により、一部講師の変更があります)

コース対象者

          ●ISO9001推進責任者及び担当者
          ●ISO9001審査員及びコンサルタント


カリキュラム

9:00〜18:00

  ●講義  付属書SLの「こころ」
  ●準備   課題の読み込み
  ●演習A  QMSの意図した結果(顧客価値の明確化)ほか
  ●演習B  利害関係者書
  ●演習C  QMSに必要なプロセス
  ●講義   事業シナリオ

※カリキュラムの表現は都合により変わることがあります。


コースのご案内
      
受講料 37,000円(税別) テクノファ会員 33,300円(税別)
          ※テクノファ会員になるには・・・・
定員
16名
開催地・会場
川崎

日程

1日(9時00分開講、18時00分終了)
日程[コースID:SQ48] (更新日: 2017年05月26日)

 ▲カリキュラムはこちら  
▲ページトップへ  


Copyright ©Technofer Ltd., 2017 All Rights Reserved.