東京駅・羽田空港から20分の川崎研修センター(JR川崎駅より徒歩5分、京急川崎駅より徒歩3分) 東京駅前の東京会場 新大阪駅前の大阪研修会場
ISO研修、セミナー、内部監査員、ISO9000、ISO14000、環境審査員、品質審査員、OHSMS、ISMS、ITコーディネータ 電話番号
会社情報サイトマップお問合せリンク集English
ホーム セミナー一覧 同時申込の方法 資料請求 よくある質問 何でも情報 交通アクセス 宿泊案内 受講料割引制度
FAXによるお申し込み
 コース情報

コース概要
受講対象者
カリキュラム
受講料・開催地
開催日程

担当講師
 各ジャンルトップへ
filler 規格改正関連
セミナーへ

filler 品質セミナーへ
filler 環境セミナーへ
filler 労働安全衛生セミナーへ
filler 情報セキュリティ(ISO/IEC 27001)セミナーへ
filler ヒューマンスキル・人材育成へ
filler キャリアコンサルタント関連セミナーへ

 資料請求へ
 お問合せへ 
 FAQへ

HOMEセミナー一覧特別セミナー >よくわかる IATF 16949:2016
よくわかる IATF 16949:2016 (SQ55)

東京・大阪・名古屋開催

IATF16949:2016が2016年10月に発行されました。

「よくわかる IATF16949自動車セクター規格のすべて」
当セミナーでは、
書籍「よくわかる IATF16949自動車セクター規格のすべて」をテキストとして、 著者の長谷川 武英氏を講師にお迎えし、 IATF16949:2016規格要求事項の意図とその対応について解説いたします。
(書籍テキスト代は、セミナー受講料に含まれています)

▼受講料はこちら  
▼日程・開催地はこちら  
▼お申し込みはこちら  

◆◇ コースの特徴と概要 ◇◆

IATF16949:2016が2016年10月に発行されました。
今回の改定では、ISO9001:2015の取り込みのほか、昨今の自動車産業におけるリコール問題の不祥事や、自動車のIot化による組み込みソフトウェアの多様など技術的進化を背景に、自動車固有の要求事項、監査での指摘が多い事項、IATF顧客要求事項で共通な事項の追加や具体化など、ISO9001:2015の箇条構成との整合に加え、要求事項が細かく変更されています。

一方で、IATF16949:2016は、ISO9001:2015に自動車産業特有の要求事項を加えた補足規定です。
そのため、ISO9001:2015で新しく追加された、特に
 4章 組織の状況
 5章 リーダーシップ
 6章 計画
の理解なくしては、IATF16949:2016に沿った正しい自動車産業QMSの運用はできません。

例えば、ISO9001:2015の3つの基本概念として、 「プロセスアプローチ」「PDCAサイクル」
「リスクに基づく考え方」が挙げられています。
「プロセスアプローチ」を上位概念とし、計画段階でプロセスに対するリスクと機会を明らかにし、考慮し、P計画-D実施-C評価-A改善を回していくというのを一連のサイクルと考えています。
ISO9001:2015を補完するとして、IATF16949:2016においても、これらのプロセスに対するリスクに基づく考え方から、
第4章に製品安全、第5章に企業責任、第6章にリスク分析・予防処置・緊急事態対応
が具体的に強化され、この他にもサプライヤー選定プロセスや内部監査の強化などが示されています。

当セミナーでは、差分を中心にIATF16949の独自の要求事項について、9001:2015の意図も含めた解説と組織の対応についてお伝えします。 IATF 16949:2016要求事項の”行間にあるもの”を解説しますので、要求事項を読んだだけでは、なかなかわからない真意もご理解いただけるかと思います。

テキストは、日刊工業新聞社発行の書籍「よくわかる IATF16949自動車セクター規格のすべて」を使用いたしますので、セミナー終了後もご活用いただけます。

 書籍「よくわかる IATF16949自動車セクター規格のすべて」
目次
 序章 IATF16949の目指すもの 
 第1章 自動車産業と品質マネジメントシステム
 第2章 ISO9001とIATF16949の基本
 第3章ISO9001及びIATF16949要求事項の要点と対応
  ★今回はこの第3章を中心に解説します

 第4章 内部監査と第2者監査
 第5章 IATF16949の認証制度
 第6章 品質コアツールの活用
 第7章 自動車産業の社会的責任とリコール       他
 

▼受講料はこちら  
▼日程・開催地はこちら  
▼お申し込みはこちら  
▲ページトップへ  

■□■  こんな方におすすめします  ■□■

   ●組織の自動車産業QMS構築・推進担当者、内部監査の主管部署担当者
   ●IATF16949審査員
   ●ISOマネジメントシステムコンサルタント


カリキュラム(予定)

13:20〜16:50

   @ IATF 16949:2016 改定の背景
   A IATF 16949:2016追加要求事項と組織の対応
   質疑応答

カリキュラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください
講師のご紹介

講師:長谷川 武英氏(クォリテック品質・環境システムリサーチ代表)
  マネジメントシステムのコンサルティング、教育研修に携わる
  ・JAB(日本適合性認定協会)認定審査員、試験所技術専門家、検査機関技術専門家
  ・IAF/PAC(国際認定機関フォーラム/太平洋地域認定協力機構)国際相互承認のための
   登録相互評価員
  ・ASQ(アメリカ品質学会)自動車部門正会員
  ・元日本自動車工業会/品質システムWG副主査/海外技術管理部会メンバー
  ・元本田技研工業株式会社 技術主幹
   在職中は、開発―製造―市場の品質全領域を約28年実践。
   欧州駐在員として合計10年、英国ローバーグループへの品質改善支援リーダー、英国工
   場でのQMS構築リーダー等の経験を経て、ホンダのQMSグローバルモデルの初期構築に
   成果を挙げる。
  ・JAB主催「ISO9001:2015改定に関する認証制度関連機関向けセミナー」講師
研修コースのご案内

当セミナーでは、書籍「よくわかる IATF16949自動車セクター規格のすべて」【日刊工業社発行】をテキストとして使用します。書籍代は受講料に含まれており、当日配布いたします。)

★IATFの著作権の取り決めにより、本セミナーでの配布物には、IATF16949:2016要求事項の全文掲載はございません。 IATF16949要求事項を参照されたい方は、日本規格協会発行のポケット版または英和対訳版をご持参ください。
「よくわかる IATF16949自動車セクター規格のすべて」
      
受講料: 書籍込み 15,000円、 テクノファ会員は 13,500円  (税別)
                ※テクノファ会員になるには・・・・
定員:  各50名
開催地: 
東京  (アットビジネスセンター東京駅 東京駅から徒歩)
大阪 (大阪科学技術センター 地下鉄本町から徒歩)
名古屋 (名古屋国際センター 名古屋駅から徒歩)

時間 

13:20〜16:50

日程[コースID:SQ55] (更新日: 2017年04月30日)

開催No. 日程(2017年度) 申込状況 開催地 備考
No.1 2017年4月25日(火)
空席あり 東京
No.2 2017年5月19日(金)
空席あり 大阪
No.3 2017年5月30日(火)
空席あり 名古屋


1名でこのコースのみ
2名以上又は2コース以上
申込

申込

申込


このコースを含む、各種割引制度を設けています。是非ご利用ください。
       ●同時申し込み割引制度

▼カリキュラムはこちら  
▲ページトップへ 

Copyright ©Technofer Ltd., 2017 All Rights Reserved.