よくある質問

JATA公認 ISO 14001内部監査員 2日間コース FAQ

※2019年10月1日、一般社団法人産業環境管理協会(JEMAI)の環境マネジメントシステム審査員評価登録センター(CEAR)が行っているEMS審査員要員認証業務及び内部環境監査スペシャリスト評価登録業務(内部環境監査スペシャリスト、内部環境監査シニアスペシャリスト、環境技術スペシャリスト)は一般財団法人日本要員認証協会(JRCA)に移管統合されました。
本内容は改定を予定しております。

※「ISO 14001内部監査員スキルアップ1日コースFAQ」はこちら

Q1.内部監査員について、審査員と同様な資格制度があるのですか?

ISO 14001規格の中では、内部監査員が持つべき資格や力量について具体的な要求事項はありません。組織が自ら求めるレベルを決め、内部品質監査規程などの中に定めることになります。しかし、監査という業務は誰でもが簡単に行えるものではありませんから、内部監査員の育成は品質マネジメントシステムの確立、運営にとってたいへん重要な課題の一つです。座学だけでなく、実際に内部監査のロールプレイなどを事前に行うことが望ましいでしょう。そういう意味でも、テクノファのISO 14001内部監査員2日間コースは、内部監査員の育成に必要十分な内容を含んだセミナーとしてお奨めです。
なお、第三者の立場で審査登録を目的とした審査を行う審査員とは全く違う立場です。 CEAR承認 ISO 14000 審査員研修コースについてはこちら

Q2.テクノファの内部監査員コースを合格修了すれば、内部監査員になれるのですか?

内部環境監査規程など組織の内部監査員に関する決め事の内容によります。「外部のCEAR承認研修実施機関などによる2日間以上の内部監査員セミナー、又は審査員研修コースを修了・合格した者、又は前述の者を講師として内部で2日間の内部監査員セミナーを修了・合格した者」などと定めてあれば、テクノファの内部監査員コースは前者(CEAR承認研修実施機関)に該当します。また、内部監査員コースの受講に加え、当然組織内のシステムについての学習や、規格や環境関連法令の変更など最新情報の入手、内部監査員同士のレベル合わせを含めた継続的なスキルアップが大事です。
但し、 当然組織内のシステムについての学習や、規格の変更など最新情報の入手、内部監査員同士のレベル合わせを含めた継続的なスキルアップが本来的には重要なことになりますので、お忘れなきように。

Q3.テクノファの内部監査員コースの特徴を教えて下さい。

  1. 講義だけでなく、理解を深めるためのケーススタディ、さらに実際の監査のやり取りを練習するロールプレイ(監査員と監査を受ける側に分かれて実施する模擬監査)など実践的なカリキュラム
  2. 分かりやすく、後日の復習にも使えるように編集されたテキスト
  3. 分かりやすい、眠くならなかった、内部監査を行う自信がついたなど、好評をいただいている講師
  4. リーズナブルな受講料

が特徴です。2日間のセミナーを通じて、

  1. ISO 14001規格
  2. 内部監査の概要(内部監査員に求められる力量、内部監査の実施手順)
  3. 内部監査を行う際の重要ポイント(事前準備、チェックリスト作成、質問の仕方、不適合指摘、是正処置評価)

について、効率的に身につけていただけます。

Q4.「JATA公認」とは何を意味するのでしょうか?

JATA公認コースは、JATAに加盟する正会員が主催するISO 9001/ISO 14001内部監査員2日間コースについて、JATAが定めた一定の要件(コース基準)を満たしていることを認められたコースであることを意味します。「JATA」とは、認定機関であるJAB認定の審査員評価登録機関(具体的にはQMS審査員を対象とするJRCA、EMS審査員を対象とするCEAR)から承認されたISO 9000/ISO 14000審査員研修コースを実施している研修機関による協議会です。(株)テクノファの主催するISO 9001/ISO 14001/ISMS内部監査員2日間コースは、2011年11月18日付で、JATA(審査員研修機関連絡協議会)公認コースとして承認されています。

Q5.内部監査員コースは、内部監査員希望者以外でも受講できますか?

もちろんできます。カリキュラムは内部監査員として今後活動される方に必要な力量を身につけていただくことに主眼をおいた内容となっていますが、ISO 14001規格や内部監査の手順・手法を学ぶことで、たとえば企業組織においてシステムの構築や運用を担当される方や、ISO 14001と監査とはどのようなものかを勉強したいという方にも有用です。またISO 14000審査員研修コースを受講される方の事前の研修としても有効です。

Q6.内部監査員コースは、学生でも受講できますか?

もちろん受講できます。Q&A 4にあるように、ISO 14001と監査について勉強したいという方にお奨めです。

Q7.受講料の割引制度はありますか?

テクノファでは、複数のセミナーを受講される方に向けた割引制度を設けています。「テクノファ会員制度」、「同時申込み割引」があります。また、一定の要件を満たしている方は「厚生労働大臣指定・教育訓練給付制度」の利用も可能です。詳しくはこちら

Q8.内部監査員コースの開催地・開催会場はどこですか?

テクノファ川崎研修センターで開催しています。JR川崎駅より徒歩7分、京急川崎駅より徒歩3分。川崎までは東京駅からJRで17分、羽田空港駅から京浜急行で20分と便利です。テクノファ専用の清潔な研修会場で、落ち着いた環境でご受講いただけます。この他、東京(日本橋)・大宮・千葉・大阪でも開催しています。さらに、全国16カ所の拠点が主要約30都市において内部監査員コースを開催しています。川崎開催と同じ内容のセミナーを、お近くの会場でご受講下さい。

Q9.内部監査員コースは、自宅からの通学は可能でしょうか?

もちろん可能です。内部監査員コースは宿泊が必須ではありません。研修は午前9時15分から午後5時30分、2日目は午後5時00分(会場によって開始・終了時間は若干異なります)まで行われますので、通学に要する時間からご自身で宿泊の要否をご判断下さい。遠方から通学される場合は、体調の維持に十分にお気をつけ下さい。

Q10.研修会場の近くに宿泊したいのですが、ホテルを紹介してもらえますか?

研修会場近くのホテルのご紹介をしています。特別料金でのご宿泊が可能なホテルもあります。宿泊のご手配・お支払いは、ご面倒でもご自身でお願い致します。詳しくはこちら

Q11.受講前に、どのような予習をしておくと効果的ですか?

テクノファから事前学習用の資料とともにオンライン学習用のIDとパスワードをご案内いたします。事前学習用の資料をお読みいただき、その後オンライン学習で問題を解くことにより、セミナーの理解度が高まります。

Q12.受講の際は、どのような服装で参加すればよいですか?

リラックスできる服装でご受講下さい。スーツ着用の必要はありません。

Q13.受講に必要な持ち物について教えて下さい。

事前にお送りしたご案内書に記述されている「持ち物」をご持参下さい。たとえば、筆記用具(鉛筆またはシャープペン、消しゴム、付せんなど)などです。テキストは当日、配付します。

Q14.セミナー中の昼食はついているのですか?

2日間とも昼食を用意しております(受講料に含まれています)。
※2013年3月にて昼食提供サービスは終了させていただきます。

Q15.理解度テスト(筆記試験)は何分間で行われるのですか?

2日目の夕方に30分間で行います。70点以上の方に合格証を差し上げています。2日間の授業をきちんと聞いていただければ十分に解答できる内容です。

Q16.セミナー終了後に疑問点が出た場合、質問に答えてもらえますか?

授業内容に関することでしたら、もちろんお受けします。テクノファ事務局宛て(E-mail:kankyo1@technofer.co.jp)に、メールでご質問をお送り下さい。講師又は事務局からお答え致します。

Q17.定例で行っている内部監査員コースと同じ内容で、私の会社へ出張してセミナーをお願いしたいのですが可能でしょうか?

もちろん可能です。御社内でまとまった人数でセミナーを行うと、お一人様当たりの受講料やご参加者の交通費・宿泊費などがたいへん経済的です。また経費面でのメリットだけでなく、御社の実状に合ったカリキュラムを取り入れることもできます。日程・料金など、お気軽にご相談、お問い合わせください。詳しくはこちら

Q18.内部監査員の力量を上げたい場合、どのセミナーを受講させたらよいでしょうか?

テクノファでは、ISO 14001内部監査員スキルアップ1日コースを用意しています。すでに、内部監査員として活動していてよりレベルアップを望んでいる方や、ISO事務局として内部監査を運営されている方などが対象です。改善につながる内部監査のポイントに重点をおいた内容のカリキュラムを組み、講義とケーススタディを効果的に組み合わせた実践的な内容が特徴です。詳しくはここをクリック。 また、内部監査の責任者や事務局として組織のシステム構築、運用に中心的活動を担っておられる方々には、ISO 14001審査員研修コース(5日間)のご受講をお奨めいたします。詳しくはこちら

「JATA公認 ISO 14001内部監査員2日間コース(一般向け)」案内はこちらをご覧下さい。