ISO情報

新社会人のきみへ —– ISO攻略(レベル1) —–(その39)

7.4 製造、運用

自社の永続のためにどのような活動をしていくか(どのような製品を販売していくか)が決まれば、その対応に邁進するだけです。
そのためには、必要なものを外部から調達しなければならないケースがたいていの場合発生します(製造業における原材料の調達であれば必ず発生するということになります)。
その調達品(人材派遣会社さんからのスタッフ活用もここに含まれます)も活用しながら、実際に自分たちが成し遂げたいと考える業務を行っていくことになります。ここをしっかりと成し遂げるためにほかの項目はあると言ってもよいくらい、マネジメントシステムにおける中心事項です。
ISO9001対応であれば如何に安定した高品質のものを作り続けるか、ということがポイントですし、ISO14001対応であれば、如何に環境関連法規制を守った組織としての活動をしているか、と共に環境に影響を与える活動を管理された状態(例えば、使用電気量を毎年3%削減する目標、排出する廃棄物を単位当たり毎年1%減らす活動を行うという目標が達成に向けて推移している状況など)で経営が行なわれているか、ISO/IEC 27001の情報セキュリティマネジメントシステムであれば、個人情報などの機密情報が外部に漏えいしない仕組みが構築され、維持されているか、ということがポイントになります。
いずれにせよ、お客様から安心され、信頼される組織及び製品を生み出すための安心感、信頼感を醸成する中心的活動となります。

(次号へつづく)