ISO情報

『3分でわかるISO入門 ~イソ子さん奮闘記~』Vol.3

『第3回:ダイエットで効果を出す!』

登場人物
■矢田イソ子さん(25)
大手アパレルでの総務職(派遣)を経てミシマテクノファクトリーに入社。ブレイク前のアイドルの追っかけが趣味。ちょっと天然キャラで早とちりの名人。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…

最近のイソ子さんはミスもなく、お仕事をうまくこなしているみたいです。でも、会社から期待されていることは「ミスがないこと」ではなく、「もっともっといい仕事や、付加価値のある仕事をすること」なのですが…。イソ子さん、わかっているのかなぁ?
ちょっと本人に聞いてみましょうか。

イソ子さん、その後はどうですか?
仕事力は向上してますか?

イソ子さん:
えぇまぁ、ボチボチと。
それよりも問題があるんですよ!深刻なんです!聞いてください!
実は…実は…、最近、ちょっと太り気味なんですー!あぁぁ油断してたのよぉぉぉぉー!

問題はそっちかい!
以前にやらかした「名刺事件」以来、大きなミスを起こしていないのは何よりなんですけど…もう少し、向上心と言うか、その…つまり…もっともっと仕事の質を上げていくことは出来るんじゃないかと思うんですけど…、目下の問題はダイエットなんですね…。

ところで、イソ子さんは何かダイエットの対策はしているの?

イソ子さん:
もちろんです!当たり前じゃないですか!私を誰だと思っているんですか!
えーと、糖質制限でしょ、塩抜きもやったし、筋トレは2日で挫折してピラティスに切り替えたんですけど、精神面を鍛えるにはヨガの方がいいのかなと思っているところで、えーとサプリはいろいろ試したけどイマイチ効果がなくて惰性で飲んでるって感じですね…おっと忘れてた、今は毎朝バナナとコーヒーを…

はいはい、わかりました。すごい執念ですね。
でも、「数打てば当たる方式」で微妙に長続きしていない…。いろんなことを試しているけど、「試すこと」ばかりを繰り返しているということは効果がないということではないですか?

ダイエットというのは思いつきでやっても効果は望めないし、精神論や根性論だけでは長続きしないものなんですよ。でも、正しいやり方をすれば効果は出せるんです。
(おっ、いつになくイソ子さんが真剣な表情で聞いている!)

ダイエットに限らず、何事も闇雲にやっていてもうまくいくわけはありません。意味のない努力を続けているケースが現実には多くあるんです。それでも本人にとって、「やってる感」だけは実感できて満足感もあったりするので、なかなか努力の内容を疑ったり、路線を変えることができないんです。でも、その努力自体が適切でなければ結果的にはムダになってしまいます。

おっと、不安になってしまいましたか? でも、大丈夫です。安心してください。
無意味な努力をしなくて済む方法があるんですよ。それは、努力の仕方を明確にして効果をあげるという方法です。
(おっ、イソ子さんが身を乗り出してきたぞ!)

では、その方法を紹介しましょう。

(1)まずは、目標を立てます。
その際には、期限や数字を明確にすることが重要です。
例えばこんな感じです。
「カラダに害のない健康的な方法で、半年間に体重を5kg落とす。」

(2)次に(1)の目標を達成するための計画を立てましょう。
こちらも数字が大事です。
A.毎食のご飯はお茶碗一杯までとする
B.間食は絶対にとらない(ゼロにする)
C.一日1リットル以上お茶を飲む
D.毎日ジョギングを20分

(3)計画を実行して、「できたこと・できなかったこと」を挙げます。
見栄を張って嘘をついても意味はありませんから、正直に挙げ出すことが重要です。
例えばこんな感じに…
A.食事量は守れた(でも、空腹で少しイライラした)
B.自宅では間食を我慢できたけど、会社でほぼ毎日間食をしてしまった(同僚にすすめられるので…)
C.お茶は1日500ccしか飲めない(実感として、それ以上飲むのはキツい)
D.20分のジョギングはハードすぎる(10分が限度かも)

(4)計画実行から一か月経過したら、計画に対する結果を自分で評価します。
あくまでも数字にこだわってね。
A.ご飯はお茶碗一杯までとする
 ⇒ 守れた(成功)
B.間食は絶対にとらない
 ⇒ 会社で間食してしまったが、後半は週2回にセーブできた(失敗)
C.1日1リットル以上お茶を飲む
 ⇒ どうしても1日500ccが限度(失敗)
D.毎日ジョギングを20分
 ⇒ 3日間は守れたが、その後は10分になり、今は挫折してしまった(失敗)

(5)評価の結果を踏まえて計画を改善していきます
A.週に一回だけ、ご飯のおかわりを許すことにしてストレスを減らす
B.会社の同僚に「間食はしない宣言」をして協力してもらう(お菓子をすすめてもらわないように)
C.職場の人達や友人に「お茶飲んでる?」と声をかけてもらうようにお願いする
D.ジョギングからウォーキング20分間に切り替えることにする(一駅前で下車して歩く)

(6)改善内容に従って実行する
=(5)で決めた改善内容を新しい計画として再スタートし、(3)と同様に「できたこと・できなかったこと」を挙げます。

(7)次の一か月が経ったら実行内容を評価する
=改善した計画の実行結果に対して(4)と同じように評価をします。

(8)評価結果を踏まえて改善する
=(5)と同様に、計画に更に改善を加えます。

これ以降は(6)(7)(8)を繰り返して、計画を改善し続けていきます。

イソ子さん:
あれ?私がこれまでやっていたダイエットとは次元が違う感じですね!
「痩せるという結果」を出すまで、とことん方法を追い込んでいくと言うか…。なんだかうまくいきそうな気がします!

ですよね! 結果が出るまで改善が続くわけですから、最終的には目標を達成できるんです。そして例えうまくいかなくても、その結果から原因を見つけて次の計画に設定すればいいわけだから、どの計画や行動もムダにはならないというわけなのですよ。
今話した「効果的にダイエットを成功させるための方法」をISOの世界では《PDCA》と呼びます。

イソ子さん:
出た、ISO!
そう言えば、会議で磯貝課長が言っていましたよ、PPAPのこと!

もしもし?イソ子さん?
「PPAP」はピコ太郎だからね!PPAPではなくて《PDCA》! しかもネタがビミョーに古いし…。
(注:PPAP=〔Pen-Pineapple-Apple-Pen〕ペンパイナッポーアッポーペン。謎の千葉県出身シンガーソングライター・ピコ太郎が動画投稿サイト上に発表した動画作品)

実は、さっき説明したダイエットの流れは《PDCA》に沿ったものだったんですよ。

■計画=Plan
■実行=Do
■評価=Check
■改善=Action

このPlan、Do、Check、Actionの頭文字をとって「P・D・C・A」というわけです。

さてと、イソ子さんのダイエット計画はどうやらうまくいきそうな気配なので、会社のお仕事の話をさせてくださいね。
実はダイエット計画と同じように会社の仕事もPDCAで成功させることができるんです。

特に会社のような組織では、その中で多くの人たちが働いているわけだから、同じ目標に向かって動くためには正しい方法が必要です。
それがPDCAなのです。

まずは、会社が取り組む目標を設定すること。
そして目標が決まったら、それを達成するための「計画(Plan)」を立てて、それを「実行(Do)」します。そして、実施した結果が目標達成につながったかどうかを「評価(Check)」して、そこに問題があったら計画を変更するなどの「改善(Act)」をして、次の活動に繋げていきます。それを繰り返すことで、会社のお仕事がうまく回っていくのです。

《PDCA》はさまざまな部署のさまざまな目的にマッチします。
例えば、
■製品の質を高める
■よりコストをかけないで製造できるようにする
■営業成績を上げる
■社員への周知がうまくいくようにする
等々

言い換えれば、どんな部署でも正しく《PDCA》を回していけば業務はうまくいくはずなんです。

イソ子さん:
わかります!一度失敗しても、そこから見直しをすれば、次はもっといい方法に変わっていけるわけですよね。さっきのダイエットのお話に照らし合わせるとすごく理解できます!
だって私、今、《PDCA》を使って半年後に体重5kgを落とせている自分がリアルにイメージできるんですよ! テンションあがるなぁー! この勢いできっとお仕事もうまくいきそうですー!
《PDCA》サイコーですね!!

たはは、やっぱりダイエットに照らし合わせちゃうんだ…。まぁいいか、お仕事にも意欲が沸いたみたいですからね。
では、もうひとつ大事なことを言っておきましょうか。
目標(Plan)はなるべく高い方がいいですよ。達成が困難な目標だからこそ、計画を練り込んで実現させていく意味があるのであって、現状維持や曖昧な目標のためには《PDCA》は必要ないんです。「できること」を目標にしてしまうと、それは簡単に達成できてしまい、そのくせ満足感や安心感だけは得られるので「もっと上を目指す意識」が薄れてしまい、事業が縮んでいってしまうんです。

イソ子さん:
高めの目標(Plan)かぁ。
じゃあ、私の目標は「抜群のプロポーションになって、モデルデビューすること」にしよう!
さっそく《PDCA》を実行しなくちゃだわ!

もしもし?イソ子さん?
結局ダイエットの話ですか…。
それに、そういう「思いつきの夢」は《PDCA》の目標にはふさわしくないんですけどねぇ…。

〔次回に続く〕

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…

【イソ子のつぶやきメモ(3)】
今日、私が気づいたことをメモっておきます。 安心してください、ダイエット以外のことも気づいてますので!(ドヤ顔)

・何かを達成するためには適切な努力をすることが大事
・そのためには《PDCA》を回すことが効果的
・期限や数字を明確にした目標や計画を立てて、事項結果を評価しながら計画を微調整していくことが《PDCA》
・《PDCA》を目的達成まで繰り返し続ければ、目的は達成され成功する

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…

【(ちょっと中級者向け)ISO用語辞典】
■方針及び目標を定め、その目標を達成するために組織を適切に指揮・管理するための仕組みのことを「マネジメントシステム」と呼びます。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…

 

次号:2019年5月29日(水)配信 『第4回:継続はムダ?継続しないことがムダ?』

お楽しみに!