ISO情報

ISOの認証を取得するといいことあるの?(その3)

 前回、ISOに取り組む価値は、組織の経営度のアップにつながる、というお話をしようと思っていながらマラソンの話で終わってしまいました。今日はより具体的な内容に入っていきたいと思います。

 マラソン完走という高い目標を持つ意味、そしてその取り組みに必要なものは何かを考えていただくきっかけを前回は提供したつもりでした(えっ、全然そんなようには受け止められなかったって?それはすみません。是非読者の皆様の想像力で理解してくださいませ。m(__)m)

 具体的には品質のISO 9001で考えていきましょう。
 ISO 9001は組織の製品・サービスの質の保証そしてその継続維持のための組織の仕組みの在り方を示す規範です。あくまでそこに記載されていることは、品質面を大事に考える際に、組織として取り組むべき最低限のことが書かれています。
 最低限のことが書かれているとはいえ、その取り組みは一部の人が行えばよい、というものではなく、組織全員で取り組んでほしいことになります。そうなると、そう簡単には組織に浸透しない可能性があります。もちろんその組織がすでに創業から何年も経って継続しているのであれば、お客様の支持がある状態を作り上げ、維持できているわけですから、品質面に関する組織の経営レベルは既に一定のもの以上のステージにあることは間違いありません。ですが大事なことは、その時点では問題ないとしても、将来にわたって本当に大丈夫か、という点です。
 もちろん将来のことはだれも予測がつきません。ですが、リスクを減らして、より確実性を増したうえで、明るい未来を期待したいのが人情であり、すべての経営者の願いです。そのために、可能性を少しでも切り開きたい、リスクを少しでも減らしておきたいわけです。そこにISO 9001に基づく品質マネジメントシステムの構築意義があるのです。
 また仕組みを構築するだけでなく、ISOの認証を取得するには、その構築した仕組みに関して自分たち自身の手で状況確認をする内部監査、そして経営者自らが自社の運営状況を確認するマネジメントレビューを行わなければ認証の取得はできません。多少強制的にやらされる、という面は否めませんが、何も制約がなければついつい後回しになったり、だいたいわかっているからいいや、ということどうしてもなってしまう場合があります。認証を取得したり維持したりする場合は、そんな甘えは一切許されませんから、経営者にとっても大事な刺激になるわけです。だからこそ、お金はかかりますが、多くの組織が第三者認証の取得をしているわけです。
 以上、3回に分けてお話ししてきました「ISOの認証を取得するといいことあるの?」について、感じ取って頂けましたでしょうか。ISOの認証取得がトランプゲームでいうオールマイティなもの、というわけではありませんが、間違いなく世の中の多くの組織が認証取得をするだけの価値はあります。
 経営をどのように行っていけば自社の永続性に自信が持てるようになるか、そのような疑問を持った管理者、経営者の方には必ず触れて欲しい国際社会の中で最も活用されている経営支援ツールがISOマネジメントシステムなのです。