ISO情報

ISOの規格って色々あるけど、どれをやればよいの?(その2)

前回、ISO 9001、ISO 14001のそれぞれの序文で規格の目的、意図するところについてご紹介しました。

ISOのマネジメントシステム規格というと、前回ご紹介した、品質、環境のISO 9001、ISO 14001を思い浮かべる方が多いかとは思いますが、それ以外にも、情報セキュリティ、労働安全衛生、食品安全などといった分野でそれぞれISO規格やあるいはISO規格とほぼ同等といえるマネジメントシステム規格が制定され、活用されています。

「ISOの認証取得って大変なの?(その2)」で各種マネジメントシステム規格を紹介していますが、改めて整理しましょう。

 

規格(番号) テーマ 備考
ISO 9001 品質マネジメントシステム QMS(品質管理、品質保証)、共通テキストベース
ISO 14001 環境マネジメントシステム EMS(環境管理)、共通テキストベース
ISO/IEC 27001 情報セキュリティマネジメントシステム ISMS、共通テキストベース
ISO 45001 労働安全衛生マネジメントシステム OHSMS(OHSAS18001の発展形)、共通テキストベース
ISO 22000 食品安全マネジメントシステム FSMS、共通テキストベース
FSSC 22000 食品安全マネジメントシステム FSMS、オランダの団体による規格
IATF 16949 自動車産業品質マネジメントシステム ISO 9001の派生規格、共通テキストベース
AS 9100 航空宇宙産業向品質マネジメントシステム ISO 9001の派生規格、共通テキストベース
ISO/IEC 17025 試験所・校正機関向け品質マネジメントシステム ISO 9001:2008(旧版)に近い構造
ISO 13485 医療機器品質マネジメントシステム ISO 9001:2008(旧版)ベース
ISO 22301 事業継続マネジメントシステム BCMS、共通テキストベース
ISO 50001 エネルギーマネジメントシステム EMS、ISO 14001:2004(旧版)ベース
JEAC 4111 原子力安全品質マネジメントシステム 日本独自規格、ISO 9001:2008ベース

これでも残念ながらすべてのISOマネジメントシステム規格を網羅しているとは言い切れません。
従って、この中から自社で対応をしていく上でどれを選べばよいのだろうか?と困ってしまう方も出ることでしょう。

さて、その結論から申し上げれば、あなたの会社で取り組みたいと思うものをするのが一番、ということになります。
何と不親切な!
というお叱りを頂戴すること必至かもしれませんが、好きこそものの上手なれ、ということわざはご存じと思います。嫌いなもの、と極端に言わなくても、やりたくないものをいくら仕事だからと言って取り組んでも極上の成果はまず期待できません。
そうなると、結局は何のために取り組むのか、という目的意識が何よりも大事になってくるわけです。

一方で、取引先からの要請で、ISO●●の認証を取得してください、と言われた際には、自分がこれをやりたいから、というスタンスでは会社の存続が危うくなります。そのときのことに関しては、次回でもう少し触れていきたいと思います。