• 環境
  • コースID:TE46

ISO 14001:2015対応内部監査員移行コース(1日)

28,000円 (税別) 会員価格 25,200円 (税別)


コース概要

ISO 14001:2004版内部監査員のための2015年版移行コース

  • 次期ISO 14001規格の追加要求事項(現行規格との差分含む)について特に内部監査で重要な変更点を解説※追加要求事項・変更点を中心とした解説であり、全条項に対する逐条解説ではございません。
  • 講義で学んだ重要な変更点について、自分の組織に置き換えて検討する演習で理解を促進。

こんな方におすすめします

  • ISO 14001内部監査リーダー、メンバー、内部監査責任者(内部監査経験者)
  • EMS推進者・事務局ご担当者、ISO14001コンサルタント

注意事項

  • 追加要求事項・変更点を中心とした解説であり、全条項に対する逐条解説ではございません。
  • お一人様のお申込みの場合には、本ページ最下部日程の「空席有り」ボタンをクリックするとお申込みフォームに進みます。
    複数人でのコースお申し込みなど、それ以外のお申し込みの場合は、次の「お申し込み方法」のページから各お申込みフォームに進んでください。

コース特徴

ISO 14001:2015が、2015年9月15日に発行されました。
このコースは、1日でISO 14001:2015規格の特徴並びに特に内部監査に係る主要な変更点についての解説と、変更点に対する内部監査の着眼点の演習を通じて、実践的な規格の理解を身に付けていただき、2004年版内部監査員の方に2015年版内部監査員として活動いただくための移行コースです。

当コースをお選びいただいている理由

ISO規格を制定する際に従うルールのひとつである、””ISO/IEC Directives(専門業務用指針)補足指針””の附属書SLにおいて、今後制定・改正されるすべてのISOマネジメントシステム規格(ISO MSS)について、その構造、分野共通の要求事項及び用語・定義を共通化することが定められています。
そして、このルールに従い、ISO 9001とISO 14001は2015年に同時に改正されました。
(ISO 9001/14001ともISは9月15日、JISは11月20日に発行)
本コースは2004年版の内部監査員の方が2015年版のEMS内部監査を行うために、新たに追加された要求事項、現行規格との差分の中でも特に内部監査で重要な用語や要求事項に対する講義と、「自分の組織では何が該当するか」や「それらを監査する際のポイント」を整理する演習を通じて、2015年版内部監査の着眼点を理解します。

カリキュラム

9:30 ~17:00
●講義 ISO 14001:2015 改正の背景 ●講義 ISO 14001:2015の主な特徴と変更点 ■演習ISO 14001:2015規格の理解と内部監査の着眼点【理解度確認】

当コースのご案内

費用 【通常価格】税込価格:30,800円 (税別 28,000円)
【会員価格】税込価格:27,720円 (税別 25,200円)
証明書等
  • 修了証
割引
開催地 川崎・東京・大阪・大宮・千葉・福岡・仙台・宇都宮・水戸・高崎・新潟・松本・高松・松山
【講師派遣型セミナー可】
交通アクセス 各会場へのアクセスはこちら
定員 24名
日程 1日間(9時30分開講、17時終了)
筆記試験 無し

日程・申込

  • [コースID:TE46]
  • (更新日:2019年09月30日)