• 品質
  • コースID:TQ82A

IATF 16949 規格解説1日コース

35,000円 (税別) 会員価格 31,500円 (税別)

※2019年4月1日から御受講料が変更となっております。


コース概要

IATF 16949規格を逐条解説するコース

  • IATF 16949規格のポイントを1日で理解する解説コース
  • 「IATF 16949内部監査員2日間コース(TQ35)」受講前の予習コースとしても最適

こんな方におすすめします

  • 組織におけるIATF 16949推進担当の方
  • これからIATF 16949の認証取得を目指す組織の方
  • IATF 16949内部監査員、審査員をめざす方

注意事項

  • お一人様のお申込みの場合には、本ページ最下部日程の「空席有り」ボタンをクリックするとお申込みフォームに進みます。
    複数人でのコースお申し込みなど、それ以外のお申し込みの場合は、次の「お申し込み方法」のページから各お申込みフォームに進んでください。

コース特徴

ISO/TS 16949 : 2009は、ISO 9001 : 2015発行に伴い、産業界のセクター規格IATF 16949 : 2016として2016年10月に発行されました。これに伴い、ISO/TS 16949 : 2009の認証組織は、2018年9月14日までに新規格IATF 16949 : 2016への移行を完了する必要があります。

認証件数は世界で5万件を超え、その傾向は東アジアを中心に益々増加傾向を強めています。このことは単に新興市場における自動車需要増大の影響だけではなく、サプライチェーンにおける不具合予防、並びにバラツキ及びムダの低減に重点を置いた継続的改善をもたらす品質マネジメントシステムの構築を目的とする16949規格の有効性が認知されつつあるものと思われ、サプライチェーンのグローバル展開と相まって認証件数の増加は今後も続くものと考えられます。

<IATF 16949 : 2016で強化された要求事項>

  • 顧客固有の要求事項に対する対応
  • 支援部門のQMS適用範囲への追加
  • 製品とプロセスの安全に関する要求事項の追加
  • 最新の規制要求事項を支援する製品のトレーサビリティに対する要求事項の追加
  • 組み込みソフトウェア含む製品に対する要求事項の追加
  • 各プロセスの有効性及び効率を確認するため、審査では各プロセスのKPIを確認
  • サプライヤーマネジメントの強化

当コースをお選びいただいている理由

本セミナーは、IATF 16949規格の条項のポイントを解説します。さらに、APQP、PPAP、FMEAなどのリファレンスマニュアルの中でも、特に規格理解のために重要となるAPQPとの関連を含めて解説します。

★ IATF 16949 : 2016規格はISO 9001 : 2015の上位構造として扱われ、ISO 9001 : 2015と併せて使用されます。

従って、本セミナーでは、ベースとなっているJIS Q 9001 :2015規格要求事項については、一通りの知識をお持ちであることを前提に、カリキュラムを作成しており、JIS Q 9001 : 2015要求事項に対する解説を除いております。ISO 9001初学者の方には、ISO 9001規格入門コース<コースID:TQ51B>ISO 9001規格解説2日間コース<コースID:TQ52>他を事前にご受講されることをお奨めします。

カリキュラム

9:15 ~18:00
●IATF 16949発行の背景と特徴 ●IATF 16949規格の基本となるAPQPの理解 ●IATF 16949 : 2016規格の解説

当コースのご案内

費用 【通常価格】税込価格:37,800円 (税別 35,000円)
【会員価格】税込価格:34,020円 (税別 31,500円)
証明書等
  • 修了証
割引
備考 ※2019年4月1日から御受講料が変更となっております。
開催地 川崎・東京・品川
【講師派遣型セミナー可】
交通アクセス 各会場へのアクセスはこちら
定員 28名
日程 1日(9時15分開講、18時終了)
筆記試験 無し

日程・申込

  • [コースID:TQ82A]
  • (更新日:2019年04月01日)
開催No.12
2019年7月16日(火)
東京
開催No.13
2019年9月17日(火)
川崎
開催No.14
2019年11月29日(金)
品川
開催No.15
2020年1月15日(水)
東京
開催No.16
2020年3月17日(火)
川崎