Daily Archives: 2022年4月6日

平林良人の『つなげるツボ』Vol.354

—————————————————————
■□■ 平林良人の『つなげるツボ』Vol.354 ■□■
― つなげるツボ動画版はじめました
*** SDGインパクト基準7 ***
—————————————————————
2015年に発表された国連「SDGsアジェンダ」についてお話をして
います。
SDGsとは、
“Sustainable Development Goals”の略で、「持続可能な開発」
と日本語訳されています。

350号で17目標の全体像をお伝えしましたが、351号から一つひと
つの目標に関してお話をしています。今回は目標3のつづきです。

■■ 目標3.健康、福祉 ■■
目標3健康について、前回、中世ヨーロッパの王妃の話をしました
が、残っている記録に基づいて再度お話をします。人々の暮らしは
今からは想像がつかないくらい劣悪な状態に置かれていました。

イングランド王エドワード1世の王妃エリナー(1241-1290)は
16人の子どもを授かりました。エリナーの子どもたちは中世ヨーロ
ッパで望みうる最高の条件のもと、最高の養育環境で育てられまし
た。彼らは宮殿で暮らし、好きなだけ食べ、暖かい服もたっぷりあ
り、当時とすれば最高にきれいな水を飲み、大勢の召使いや腕利き
の医師たちに囲まれて生活していたと当時の宮殿生活から推察でき
ます。

■■ 王妃エリナーの不屈の人生 ■■
しかし、そのような最高の養育環境にあったにも関わらず、彼女の
16人の子どもたちの生涯は次のようなものでした。
 1.1255年 娘(名前は不詳) 出産時に死亡
 2.娘 キャサリン 1歳あるいは3歳で死亡
 3.娘 ジョーン 6カ月で死亡
 4.息子 ジョン 5歳で死亡
 5.息子 ヘンリー 6歳で死亡
 6.娘 エリナー 21歳で死亡
 7.娘(名前は不詳) 5カ月で死亡
 8.娘 ジョーン 35歳で死亡
 9.息子 アルフォンソ 10歳で死亡
 10. 娘 マーガレット 58歳で死亡
 11.娘 ベレンガリア 2歳で死亡
 12.娘(名前は不詳) 出産時に死亡
 13.娘 メアリー 53歳で死亡
 14.息子(名前は不詳) 出産時に死亡
 15.娘 エリザベス 34歳で死亡
 16.息子 エドワード 43歳で死亡(殺される)

なんと、16人のうち成人にまで育った子はたったの6人です。

息子で子供時代の危険な年月を生き延びた末子のエドワードは、父
親が亡くなると王位を継承して、イングランド王エドワード2世と
なりました。言い換えれば、エリナーは、夫エドワードの後継とな
る男子を育成するという、イングランド王妃として根本的な使命を
果たすのに、16回もの試みを重ねなければならなかったのです。

■■ エドワード2世の運命 ■■
末子として生まれたエドワードは、それまで後継王と見なされてい
たアルフォンソが10歳でなくなったため、生後1歳では後継者と
して育てられるようになりました。しかし、父親がスコットランド
などとの戦争でほとんど城に居なかったため君主としての教育であ
る帝王学を得る機会はありませんでした。

そればかりか、女子の兄弟の中で育ったため歪な人格となり、歴代
イギリス王の中で最低の王と言われるようになったと言われていま
す。当時欧州一の美貌の持ち主と言われたフランスのイザベルと結
婚しますが、彼女を顧みることがあまりなく、43歳にして彼女の
命を受けた騎士によって惨殺されてしまいます。

■■ エリナーとエドワード1世夫婦の子どもたち ■■
私たちが知る限り、エリナーとエドワード1世夫婦はすこぶる健康
で、子供たちに致命的な遺伝病を伝えることはありませんでしたが、
それでも、16人の娘と息子のうち62%に当たる10人が子供時代に
亡くなりました。11歳以上になるまで生きたのはわずか6人で、
全体の18%に当たる3人だけが40歳を超えました。

エリナーとエドワード1世夫婦は、平均すると3年に1人の割合で
10人の子どもを次から次と失ったのです。

■■ ギルガメッシュ・プロジェクト ■■
世界でも最古の神話の一つである古代シュメールのギルガメッシュ
神話のテーマは「永遠の生」だそうです。

21世紀の現代、人間ゲノムの解明、健康、環境、医療の進歩により、
人生150年は視野に入っているそうです。次世紀(22世紀)には、
ギルガメッシュ王の願いも叶えられるかも知れないそうです。