平林良人の『つなげるツボ』Vol.319

—————————————————————
■□■ 平林良人の『つなげるツボ』Vol.319 ■□■
― つなげるツボ動画版はじめました ―
*** ナラティブ内部監査23 ***
—————————————————————
ナラティブ内部監査実践のための第3ステップ「内部監査員、被監
査者の共同作業の基盤を作る」について話を進めています。「内部
監査員、被監査者の共同作業の基盤を作る」ためには、次の事項を
進めることが大切です。
1.コミュニケーション
2.自己理解
3.他者理解
4.よく聴く
5.よく伝える(アサーション)
6.個人と組織の共生

前回から、3.他者理解についてお話をしています。

■□■ 他者理解への道筋 ■□■
他者理解は、他人の気持ちを理解しようとすることですが、その前
に、自分を理解する、常に自分の気持ちを把握するように努力する
ことが大切であるとお話ししました。
子供時代に他人を叩いた経験のある人は、親から「他人(ひと)の
痛みを分かりなさい」と言われたのではないかと思います。同じよ
うに「他人(ひと)の気持ちを分かる人になりなさい」とも言われ
たかもしれません。子どもの頃、私は優等生でした?が、弟はしょ
っちゅう乱暴な振る舞いをして、親から「そんなことをされたらど
んな気持ちになるか少し考えなさい」と他人の気持ちを「分かるよ
う」叱られていました。
乱暴な振る舞いは叱られて当然ですし、自分がされて嫌なことは他
人にしないことは極めて大切なルールだと思います。しかし「そん
なことをされたらどんな気持ちになるか少し考えなさい」といって
も弟には意味不明だったと思います。
親は「他者の身になって考えられる人になって欲しい」と思って怒
っていたのでしょうが、小さい子供にとっては自分がそのような状
況に現実に置かれなければ、分かれと言っても無理だと思います。

■□■ 他人の気持ちを分かる ■□■
他人の気持ちを分かることは簡単なことではありません。多分、分
からないということが正解だと思います。この「分からない」とい
うことが、分かろうとする努力につながるのだと思います。
他人の気持ちの中には、事実、要望、感情などが含まれています。
他人の気持ちを分かるということは、それらすべの要素を分かるこ
とに通じます。とすると、とても他人の気持ちをその人が感じてい
る通りに感じることはできません。もちろん部分的、あるいは相当
な部分までは分かるとは思いますが、それでも想像する部分が残さ
れています。
内部監査でもそうですが、問題は想像する部分にあります。他人の
感情や気持ちを自分のことのように想像するその行為に「ずれ」が
生じます。
他人が思っている、まさにその感覚を正確にその通りに分かるとい
うことはできないのです。ましてや、他人の痛みをそのまま感じる
ことなどできません。

■□■ 絵に描いた餅 ? ■□■
ここまで論じてきて、では他者理解などはできないではないか、絵
に描いた餅ではないかと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、
私はそうだからこそなお「他者理解」に努める必要があると思って
います。
自分が他人にしたことと同じことを他人からされても、他人が感じ
たように自分が感じるかというと、多分異なるでしょう。感じ方が
違うのです、人としては同じでも、前回も掲げましたように人には
個性があります。この個性が感じ方を異なるものにしているのです。
人の持って生まれた性質、考え方、感情の表現、利点、欠点、喜怒
哀楽の感じ方、体格、風貌、容姿、話し方など自分が他人と違うす
べてのことは個性です。中でも喜怒哀楽の感じ方・感覚は人それぞ
れ大きく異なります。誰でも思い当たるところでは、暑い・寒い感
覚、食べ物の嗜好、音楽の好みなどの違いは感覚からきています。
この個性を意識すると、他人の思い、感覚は「自分には本当のとこ
ろは分からない」ということが分かります。
このことが「他者理解」で一番大切なことであると思います。

平林良人の『つなげるツボ』Vol.318

—————————————————————
■□■ 平林良人の『つなげるツボ』Vol.318 ■□■
― つなげるツボ動画版はじめました ―
*** ナラティブ内部監査22 ***
—————————————————————
ナラティブ内部監査実践のための5ステップについて話を進めて
います。
・第1ステップ : 今行っている内部監査をレビューする。
・第2ステップ : どのような内部監査を行いたいか、行うべき
         かを組織内でコンセンサスを得る。
・第3ステップ : 内部監査員、被監査者の共同作業の基盤を作る。
・第4ステップ : 発見された課題(不適合、観察事項、気づき
         事項)などを問題解決する。
・第5ステップ : 問題解決したことを水平展開、歯止めして改善
         する。さらに、改善したことを革新へのインプ
         ットにする。

■□■ 他者理解の前提は自己理解 ■□■
ナラティブ内部監査で求められる第3ステップの「内部監査員、被
監査者の共同作業の基盤を作る」ためには、
 ・コミュニケーション
 ・自己理解
 ・他者理解
 ・よく聴く
 ・よく伝える(アサーション)
 ・個人と組織の共生
が要点であるとお話ししました。

前回まで自己理解について話をしてきましたので、ここからは他者
理解に話を移したいと思います。
相手を知ることの第一歩は自分に当てはめてみることです。格言で
は、「我が身を抓(つね)って人の痛さを知れ」、「己れの欲せざる
ところを人に施すなかれ」とよく言います。自分の体をつねってみ
れば、他人の苦痛がよくわかる、自分が同じ立場ならどれほど痛い
かを感じ取れるというたとえです。後者は論語に出てくる格言です
が、こうした格言(ことわざ)は、幼い子どもでもわかる言い方で、
内側から共感を引き出し、相手を思いやる心を教えてくれます。

しかし、子供のころと異なり我々の心は比較にならないほど複雑に
なっています。他者理解のためには、まず人と人は簡単に理解し合
えないことを前提においた上で対応することが大切です。まずは他
者を優先するのではなく、自分の気持ちを大事にすることから始め
ます。これは何も他者を軽視するということではなく。。人と接し
ているとき、自分が今何を感じているのかをまず明確に気づいてい
ることが大切だと言いたいのです。ですから、前回までの自己理解
の説明では、他者理解の前提は自己理解であると申し上げたのです。

■□■ 己の欲せざる・・・・ ■□■
会話をしていて、己の欲せざることに直面することがあります。自
分が不快だと思ったり、傷つきそうだと思ったならば、そのことか
ら顔をそむけることなく、また感じていない振りをするのでもなく、
正直にその感情を内面で感じてみることです。自分がこのように感
じるのは自分がおかしいとか、こんな風に感じてはダメだとか、相
手に悪い印象を与えると思うのではなく、そのような感情が現に自
分の中にあることを認めることが大切です。

そして、その気持ちを穏やかに相手に伝えてみましょう。相手は自
分がそのような気持ちにさせたことを知らない可能性がけっこう高
いのです。嫌な感じを得たときにいつも口に出す必要はありません
が、少なくとも自分で自分の気持ちに気づいていなければなりませ
ん。
多くの人は、怒りや悲しみの感情をためこんでいるのは人間関係か
らであり、しかもその感情は相手から来ると思っていますが、実は
相手の問題というより自分の気持ちから怒りや悲しみは来ています。
他者理解をしようとするあまり、自分の気持ちを押さえ込むことは
避けなければなりません。自己理解でも述べましたが、案外本当の
自分の感情に気づけなくなっている人が多いのが現在のようです。
それが怒りや悲しみの原因なのです。
繰り返しになりますが、自分の気持ちを分かっていない人に他者の
気持ちなど理解できるはずはありません。

■□■ 自己理解の先に他者理解がある ■□■
自分の気持ちに寄り添っていること、自分を分かってあげることが
他者理解の最大のポイントです。自己理解ができて、初めて他者理
解へと一歩踏み出すことができるのです。
自分が自分と対峙して、しっかりとコミュニケーションをとること
が他者理解の基本となります。自分を分かってあげること、自分は
自分に分かってもらえない部分があることに気づくと、不思議なこ
とに他者と心が通じ合う場面が増えてきます。
前回(317号)、28項目もの「人というものの特徴」を上げました
が、人間は表面上の違いはあっても本質的な部分では同じ存在だと
いうことです。ナラティブ内部監査でのコミュニケーションは、互
いの違いを認めながらも、深い領域で共通理解に達したときにだけ
成り立つのではないかと思います。

平林良人の『つなげるツボ』Vol.317

—————————————————————
■□■ 平林良人の『つなげるツボ』Vol.317 ■□■
― つなげるツボ動画版はじめました ―
*** ナラティブ内部監査21 ***
—————————————————————
組織が人々に積極的に参加してもらうためには、次のことを行うと
良いとISO9000ではガイドしています(箇条2.3.3.4)。
- 人々と貢献の重要性についてコミュニケーションを行う。
- 組織全体で協力を促進する。
- オープンに議論し知識及び経験の共有を促す。
- 人々が躊躇なく率先して行動できるように権限を与える。
- 人々の貢献,学習及び向上を認め,褒める など。

■□■ 人的資源とは何か ■□■
人々は組織にとって何物にも代えがたい存在ですが、附属書SL
箇条7.1資源には「組織は,XXX マネジメントシステムの確立,
実施,維持及び継続的改善に必要な資源を決定し,提供しなけれ
ばならない。」とあります。
そして、資源の例として、Appendix3には、次のものが含まれ得
るとガイドしています。
- 人的資源
- 専門的な技能又は知識
- 組織の知識
- 組織のインフラストラクチャー(すなわち、建物、通信ラ
  イン等)
- 技術
- 財務資源
- 作業環境又はプロセス実施のための環境

■□■ 何ものにも代えがたい存在 ■□■
Appendix3の資源の例を見て、私は少し違和感を覚えてしまいまし
た。人的資源が最初に掲げられているのはいいのですが、その下に
書かれている資源と同列に書かれていることには、工夫がいるので
はないかと感じたのです。どんな工夫があり得るのかには触れませ
んが、人が他の資源と異なることは大変多いのではないかと思いま
す。

例えば、ということで、人が他の資源と異なると思われることを順
不同で上げてみますと、次のような項目が次から次にと上がってき
ます。
1. 人は他の資源を活用、コントロールする。
2. 人には個性がある。
3. 人には自己尊厳がある。
4. 人には感情がある。
5. 人にはバイオリズム(生体諸機能の周期性)がある。
6. 人には欲望がある。-食欲、-睡眠欲、-性欲
7. 人はやりがいを求める。
8. 人は自己実現を求める。
9. 人は自己主張をする。
10. 人には得意なことと、不得意なことがある。
11. 人は一人では生きていけない。
12. 人は人を呼んでくる。
13. 人は人とつながり、仲間を作る。
14. 人は人を成長させる。
15. 人は変化し成長する。
16. 人は忘れる。
17. 人は勘違いする。
18. 人はミスをする。
19. 人は他から認められたい。
20. 人は命令されたくない。
21. 人は服従を嫌う。
22. 人はコミュニケーションが不得意である。
23. 人は人を排除する。人は人を支配する。
24. 人はお金で買えない。
25. 人は流動的である。
26. 人は嫉妬する。
27. 人は継続して動けない/疲れる。
28. 人は要領よく立ち回る(さぼる)。

このように人は他の資源とは全く異なる存在ですが、その点を踏ま
えて「人々が積極的に参加する」状況を作り出すためには、それな
りの工夫と努力が組織には求められます。
「自分を知る」ということのために人材という資源の話をしました
が、ここから見えてくる「人とはなにもの」ということを理解する
が自分を知ることの出発点です。また監査員と被監査者とがそれぞ
れ自分を知っていると「相手のことも知る」ことにつながります。

平林良人の『つなげるツボ』Vol.316

—————————————————————
■□■ 平林良人の『つなげるツボ』Vol.316 ■□■
― つなげるツボ動画版はじめました ―
*** ナラティブ内部監査20 ***
—————————————————————
ナラティブ内部監査実践のための5ステップについて話を進めて
います。
・第1ステップ : 今行っている内部監査をレビューする。
・第2ステップ : どのような内部監査を行いたいか、行うべき
         かを組織内でコンセンサスを得る。
・第3ステップ : 内部監査員、被監査者の共同作業の基盤を作る。
・第4ステップ : 発見された課題(不適合、観察事項、気づき
         事項)などを問題解決する。
・第5ステップ : 問題解決したことを水平展開、歯止めして改
         善する。さらに、改善したことを革新へのイ
         ンプットにする。
監査員と被監査者は、働く目的は異なっていても、内部監査を活
用して価値創造を行おうという思いが一致している、あるいは共
有できていることがナラティブ内部監査には重要な前提になりま
す。

■□■ 自己を理解する ■□■
ナラティブ内部監査の第3ステップは、内部監査員、被監査者の
共同作業の基盤を作ることです。テクノファは、16年間キャリア
コンサルタント養成講座を開催してきています。
このキャリアコンサルタント養成講座には内部監査員と被監査者
との間に共同作業基盤を作るヒントがたくさん含まれています。
1.コミュニケーション
2.自己理解
3.他者理解
4.よく聴く
5.よく伝える(アサーション)
6.個人と組織の共生
前回から2.自己理解について話を進めていますのでその続きを
説明します。

■□■ 自己を理解する ■□■
中学校学習指導要領には、自己を理解するという概念が以下のよ
うに書かれているという話をしましたが、私の育った経験からい
うと中学生が自己を理解するのは至難の業です。
「職業や自己の将来に関する学習を行う際には,問題の解決や探
究活動に取り組むことを通して,自己を理解し,将来の生き方を
考えるなどの学習活動が行われるようにすること。」
私の理解では、中学校で自己を理解することを教えるのは、これ
からの人生で自分の生き方を考えるためには、自分がどういう人
間かを考えましょう、というごく入り口のことではないかと思い
ます。中学生に本当に自己を理解させるとするならば、まず「人
間というもの」を理解させなければならず、自分は人間という母
集団の中の一員であるという位置づけからスタートしないと「自
己を理解する」ことには達しません。

■□■ 人々の積極的参加 ■□■
ISO9001:2015の序文には、7つの品質マネジメントの原則が載
っていますが、その3番目に「人々の積極的参加」の原則があり
ます。そしてISO9000:2015箇条2.3.3には「人々の積極的参加」
の要点が書かれています。
「組織を効果的かつ効率的にマネジメントするためには,組織の
全ての階層の全ての人々を尊重し,それらの人々の参加を促すこ
とが重要である。貢献を認め,権限を与え,力量を向上させる
とによって,組織の品質目標達成への人々の積極的な参加が促進
される。」

「人々を尊重する」とは組織活動を行う最も根底にある最重要な
概念です。日本でもTQC(TQM)の活動の中で強く言われてき
たことが「人間性尊重」ということでした。

■□■ 主な便益 ■□■
そして、ISO9000:2015箇条2.3.3.3には、「人々が積極的に参加
する」と次のことが利点(便益)として掲げられています。
- 組織の品質目標に対する組織の人々の理解の向上,及びそれを
  達成するための意欲の向上
- 改善活動における人々の参画の増大
個人の成長主導性及び創造性の強化
- 人々の満足の増大
- 組織全体における信頼及び協力の増大
- 組織全体における共通の価値基準及び文化に対する注目の高まり

次号では、人間とはどういう生き物で、どのようなプロセスを踏ん
でいくことで「自分を理解する」ことに近づいていけるのかを考え
てみたいと思います。

平林良人の『つなげるツボ』Vol.315

—————————————————————
■□■ 平林良人の『つなげるツボ』Vol.315 ■□■
― つなげるツボ動画版はじめました ―
*** ナラティブ内部監査19 ***
—————————————————————
監査員と被監査者が働く目的は異なっていても、内部監査を活用
して価値創造を行おうという思いが一致している、あるいは共有
できていることがナラティブ内部監査には重要な前提になります。
組織は監査員と被監査者がそのような共有基盤を作ることをサポ
ートすることが奨励されます。

■□■ あなたは何がしたいですか? ■□■
前回イギリス(アメリカでも)など海外の小学校高学年で「あな
たは何がしたいですか」と問いかけて、今後の生きる道筋を生徒
と一緒に考えていくというお話をしました。
日本では、文部科学省の小学校学習指導要領の原則の中に「生き
る力」という言葉がたくさん出てきます。

「学校の教育活動を進めるに当たっては,各学校において,児童
生きる力をはぐくむことを目指し,創意工夫を生かした特色あ
る教育活動を展開する中で, 基礎的・基本的な知識及び技能を確
実に習得させ, これらを活用して課題を解決するために必要な思
考力, 判断力, 表現力その他の能力をはぐくむとともに,主体
的に学習に取り組む態度を養い, 個性を生かす教育の充実に努め
なければならない。」

■□■ 生きる力とは ■□■
生きる力が何を意味するかは文部科学省の学習指導要領に次のよ
うに解説されています。
「生きる力とは,平成8年7月の中央教育審議会答申において,
基礎・基本を確実に身に付け,いかに社会が変化しようと,自ら
課題を見つけ,自ら学び,自ら考え,主体的に判断し,行動し,

よりよく問題を解決する資質や能力,自らを律しつつ,他人とと
もに協調し,他人を思いやる心や感動する心などの豊かな人間性,
たくましく生きるための健康や体力などであると指摘されている。」

この「自ら課題を見つけ・・・」は、まさしくイギリスの小学校
における「あなたは何をしたいのですか?」と同じ思考に属する
概念だと思います。ただ、小学生が「自ら課題を見つける」こと
はなかなか難しいことでしょう。したがって、「あなたは何をし
たいのですか?」と問われて
心にある思うままに「パイロットになりたい」、「テレビキャス
ターになりたい」と答える中から、「自らの課題」が見つかるの
ではないかと思います。

■□■ 自己を理解する ■□■
続いて、中学校学習指導要領を見てみました。
小学校学習指導要領に出てくる「生きる力」について、次のよう
にその生きる力の発展に触れています。

「生徒に生きる力をはぐくむことを目指し,創意工夫を生かした
特色ある教育活動を展開する中で,基礎的・基本的な知識及び技
能を確実に習得させ,これらを活用して課題を解決するために必
要な思考力,判断力,表現力その他の能力をはぐくむとともに,
主体的に学習に取り組む態度を養い,個性を生かす教育の充実に
努めなければならない。」

さらに、中学校学習指導要領には自己を理解するという概念が書
かれています。
「職業や自己の将来に関する学習を行う際には,問題の解決や探
究活動に取り組むことを通して,自己を理解し,将来の生き方を
考えるなどの学習活動が行われるようにすること。」

ここで言われている「自己を理解する」ということは、「生きる
力」の概念が発展すると、自分とは何者なのか、という根源的な
課題にぶつかり、中学校では自己を理解するということの入り口
に立った指導を文科省は学校に要求している、ということになり
ます。

■□■ 自己実現 ■□■
次に、文部科学省の高等学校学習指導要領にはこの周辺の概念は
どのように書かれているのか調べてみました。
学習指導要領の第1章総則の中には「自己実現」という言葉が出
てきます。
「(1) 私たちの生きる社会
現代社会における諸課題を扱う中で,社会の在り方を考察する基
盤として,幸福,正義,公正などについて理解させるとともに,
現代社会に対する関心を高め,いかに生きるかを主体的に考察す
ることの大切さを自覚させる。
(2) 現代社会と人間としての在り方生き方
現代社会について,倫理,社会,文化,政治,法,経済,国際社
会など多様な角度から理解させるとともに,自己とのかかわりに
着目して,現代社会に生きる人間としての在り方生き方について
考察させる。
ア 青年期と自己の形成 
生涯における青年期の意義を理解させ,自己実現と職業生活,
社会参加,伝統や文化に触れながら自己形成の課題を考察させ,
現代社会における青年の生き方について自覚を深めさせる。」

少し引用が長くなったのは、前後を理解することで自己実現とい
う概念が分かるのではないかと思ったからです。

■□■ 学習指導要領 ■□■
今回は文部科学省の学習指導要領を小学校、中学校、高等学校と
見てきましたが、「生きる力」「自己を理解する」「自己実現」
といずれも結構重たい言葉が出てきています。
次回はこれらをもう少し説明していき、会社において働く意味を
考えてみたいと思います。