平林良人の『つなげるツボ』Vol.303

—————————————————————
■□■ 平林良人の『つなげるツボ』Vol.303 ■□■
― つなげるツボ動画版はじめました ―
*** ナラティブ内部監査7 ***
—————————————————————
ISOマネジメントシステム規格は、1987年に発行されたISO9001
の初版以来多くのマネジメントシステムが世界に溢れることになり
ました。ISOマネジメントシステム規格は、Aタイプ、Bタイプに
分かれ、約50種類ずつ合計100種類位あります。ISOが発行して
いる規格は約20,000種類ありますので、有名になったとはいえマ
ネジメントシステム規格はずいぶん少数派です。
Aタイプは要求事項規格、Bタイプはガイド規格と区分されていま
す。認証用に用いられる規格はAタイプの規格です。

■□■ システムの中にシステムがある? ■□■ 
システムの中にシステムがあるのはおかしいと思います。そのよう
な状態を表現したいのであれば、システムの中にサブシステムがあ
ると言うべきだと思います。前号で、多くのマネジメントシステム
が世界に溢れることになったため、組織に課題を突き付けたとお話
ししました。
組織には創業以来作り上げてきた組織固有のマネジメントシステム
がありますが、そのシステムにISOマネジメントシステムが入り込
むという構図が出来てしまいました。
システムは「ある目的を持った外界から取り込んだ必要な資源を繋
げたすべての要素
(狩野)」あるいは「方針及び目的(目標)、並
びにその目的(目標)を達成するためのプロセスを確立するための、
相互に関連する又は相互に作用する、組織の一連の要素
(ISO)」
です。

「ある目的」とは、企業においては明らかに顧客創造、あるいは顧客
価値提供です。企業はお客様に支持されて生きていけます。組織は、
一義的に顧客満足を地道に、根気よく、あくなき改善を目指して全員
参加で推進していけば、結果として収益がもたらされます。そのため
の仕組みが組織のマネジメントシステムです。品質、環境、安全衛生、
情報セキュリティ、財務、教育、人事採用、CSR(SDGs)など
はいずれも組織の方針と目的を達成するために必要な要素であり手段
です。

「組織に課題を突き付けた」とは、ISOマネジメントシステムが組織
固有のマネジメントシステムとあたかも並列に存在するかのような幻
想を生み出したことを意味しています。

■□■ Aタイプは要求事項規格 ■□■ 
ナラティブ内部監査と直接関係はありませんが、参考に現在どのよう
なAタイプのマネジメントシステム規格がISOから発行されているか、
主なものを下記に示します。

  1. ISO 9001:2015 品質マネジメントシステム—要求事項
  2. ISO 10012:2003 測定管理システム—測定プロセスと測定機器の
    要求事項
  3. ISO 13485:2016 医療機器—品質管理システム—規制⽬的の要
    求事項
  4. ISO 14001:2015 環境マネジメントシステム—使⽤に関するガ
    イダンス付きの要求事項
  5. ISO 14298:2013 グラフィックテクノロジー—セキュリティ印
    刷プロセスの管理
  6. ISO 15378:2017 医薬品の⼀次包装材料—適正製造基準(GMP)
    に関連したISO 9001:2015の適⽤に関する特定の要求事項
  7. ISO 16000-40:2019 室内空気—パート40︓室内空気品質管理
    システム
  8. ISO 18788:2015 プライベートセキュリティ運⽤の管理システム
    —使⽤に関するガイダンス付きの要求事項
  9. ISO 19443:2018 品質マネジメントシステム—核安全に重要な製
    品とサービスを供給する核エネルギーセクターのサプライチェーン
    内の組織によるISO 9001:2015の適⽤ 関する特定の要求事項(ITNS)
  10. ISO / IEC 19770-1:2017 情報技術— IT資産管理—パート1
    :IT資産管理システム—要求事項
  11. ISO / IEC 20000-1:2018 情報技術—サービス管理—パート1
    :サービス管理システムの要求事項
  12. ISO 20121:2012 イベントの持続可能性管理システム—使⽤に
    関するガイダンス付きの要求事項
  13. ISO 21001:2018 教育機関—教育機関の管理システム—使⽤に
    関するガイダンス付きの要求事項
  14. ISO 21101:2014 未踏調査—安全管理システム—要求事項
  15. ISO 21401:2018 観光および関連サービス—宿泊施設の持続
    可能性管理システム—要求事項
  16. ISO 22000:2018 ⾷品安全管理システム—フードチェーン内
    のあらゆる組織の要求事項
  17. ISO / TS 22163:2017 鉄道アプリケーション—品質管理システ
    ム—鉄道組織のビジネス管理システム要求事項:SO9001:2015
    および鉄道セクターでのアプリケーションの特定要求事項
  18. ISO 22301:2019 セキュリティと回復⼒—ビジネス継続性管理
    システム—要求事項
  19. ISO 24518:2015 飲料⽔および廃⽔サービスに関連する活動—
    ⽔道事業の危機管理
  20. ISO / IEC 27001:2013 情報技術—セキュリティ技術—情報セ
    キュリティ管理システム—要求事項
  21. ISO / IEC 27701:2019 セキュリティ技術—プライバシー情報管
    理のためのISO / IEC27001およびISO / IEC 27002の拡張—要求
    事項とガイドライン
  22. ISO 28000:2007 サプライチェーンのセキュリティ管理システム
    の仕様
  23. ISO 28001:2007 サプライチェーンのセキュリティ管理システム
    —サプライチェーンのセキュリティ、評価、計画を実装するための
    ベストプラクティス—要求事項とガイダンス
  24. ISO 28002:2011 サプライチェーンのセキュリティ管理システム
    —サプライチェーンの回復⼒の開発—使⽤に関するガイダンス付き
    の要求事項
  25. ISO 28007-1:2015 船舶および海洋技術—船舶に⺠間契約の武装
    警備員(PCASP)を提供する⺠間海事保安会社(PMSC)のガイド
    ライン(およびプロフォーマ契約)—パート1:⼀般
  26. ISO 29001:2020 ⽯油、⽯油化学、天然ガス産業—セクター固有の
    品質管理システム—製品およびサービス供給組織の要求事項
  27. ISO 30000:2009 船舶および海洋技術—船舶リサイクル管理シス
    テム安全で環境に配慮した船舶リサイクル施設の管理システムの仕様
  28. ISO 30301:2019 情報と⽂書化—記録の管理システム—要求事項
  29. ISO 30401:2018 ナレッジマネジメントシステム—要求事項
  30. ISO 34101-1:2019 持続可能で追跡可能なカカオ—パート1:カカ
    オの持続可能性管理システムの要求事項
  31. ISO / TS 34700:2016 動物福祉管理—⾷品サプライチェーンの組
    織に対する⼀般的な要求事項とガイダンス
  32. ISO 35001:2019 研究所およびその他の関連組織のバイオリスク管理
  33. ISO 37001:2016 贈収賄防⽌管理システム—使⽤に関するガイダ
    ンス付きの要求事項
  34. ISO 37101:2016 コミュニティにおける持続可能な開発—持続可能
    な開発のための管理システム—使⽤のためのガイダンスを伴う要求事項
  35. ISO 39001:2012 交通安全(RTS)管理システム—使⽤に関するガ
    イダンス付きの要求事項
  36. ISO 41001:2018 施設管理—管理システム—使⽤に関するガイダン
    ス付きの要求事項
  37. ISO 44001:2017 協調的なビジネス関係管理システム—要求事項と
    フレームワーク
  38. ISO 45001:2018 労働安全衛⽣マネジメントシステム—使⽤に関す
    るガイダンス付きの要求事項
  39. ISO 46001:2019 ⽔効率管理システム—使⽤に関するガイダンス付
    きの要求事項
  40. ISO 50001:2018 エネルギー管理システム—使⽤に関するガイダン
    ス付きの要求事項
  41. ISO / TS 54001:2019 品質管理システム—政府のすべてのレベルの
    選挙組織にISO 9001:2015を適⽤するための特定の要求事項
  42. ISO 55001:2014 資産管理—管理システム—要求事項
  43. ISO / AWI 56001 [ [開発中] ]イノベーションマネジメント—イノベー
    ションマネジメントシステム—要求事項
  44. ISO / IEC 80079-34:2018 爆発性雰囲気—パート34︓Ex製品製造
    のための品質管理システムの適⽤

このように、第三者認証に使えるAタイプのマネジメントシステム規格が
44以上もあるとは驚きです。