平林良人の『つなげるツボ』Vol.348

—————————————————————
■□■ 平林良人の『つなげるツボ』Vol.348 ■□■
― つなげるツボ動画版はじめました ―
*** SDGインパクト基準 ***
—————————————————————
2021年7月に国連(国連開発計画:UNDP)から「企業・事業体
向けSDGインパクト基準」が発行されました。副題は「インパク
トマネジメントを意思決定に組み込む~持続可能な開発とSDGs
達成に向けて~」となっています。

2021年12月には、この「SDGインパクト基準」を国連が発行す
るシール使用の認証基準にするというアナウンスがありました。

ISOマネジメントシステムの認証制度と同じような外部認証が行
われるということです。その概要は今年夏頃に発表されるとのこ
とでしたが、
「ウオッシュ:wash」にしてはならない
という発言が重くひびきました。

SDGsとは、
“Sustainable Development Goals”の略で、「持続可能な開発」
と日本語訳されています。

■■ SDGとSDGs ■■
「小文字sのない」“SDG”と「小文字sある」“SDGs”とは何が
違うのでしょうか。

まずはSDGsについてお話ししたいと思います。最近街中で17
色のカラフルなバッチを付けている人を見かけます。

SDGsに賛同しているという意思表示なのか、会社でSDGsを推
進しているのか、SDGsに関して何らかの表彰を受けたのか、い
ろいろ背景は違うのでしょうが、年々バッチを付けている人が増
えています。私も社外取締役をしている会社が経済産業省から
SDGs表彰を受けたとしてバッチをいただきました。

2015年、国連は2030年までに世界をよりよくするための道筋を
描く開発目標アジェンダを決定しました。この「国連2030アジェ
ンダ」は2000年に決議した2015年までのミレニアム開発目標
(MDGs: Millennium Development Goals)に次ぐ、向こう15年
間に渡って国連が主要な活動として網羅した総合的活動計画です。

その中には、「持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development
Goals)」と呼ばれる17の目標があります。

17も目標があるので、“SDGs”と「小文字s」が付いているのです。

かたや「SDGインパクト基準」の方は、「17目標及び169ター
ゲット」を企業が適切に構築、運営するルールを決めている基準
で、この基準は一つしかないので「小文字s」は付かないのです。

■■ SDGsの実現 ■■
いま169のターゲットと言いましたが、17の目標は更に具体化さ
れた169のターゲットに落とされています。

今年2022年は正式なSDGs開始から7年目になりますが、世界
の人々はまだどのようにSDGs実現に取り組むのか思案していま
す。SDGsが大掛かりな取り組みであることは明確ですが、どの
ように取り組むかに関しての手がかりは一般に知られていません。

最初に「国連2030アジェンダ」を説明しましょう。
そのあと「持続可能な開発目標:SDGs」を説明しましょう。
最後に「SDGインパクト基準」について説明をしたいと思います。

■■ 国連2030アジェンダ ■■
「我々の世界を変革する持続可能な開発のための2030アジェン
ダ」とは次のようなものです。少し硬い話ですが、これからの基
本になりますので我慢して読んでください。

I. 前文
アジェンダの前文では、アジェンダが人間、地球及び繁栄のため
の行動計画であることを明確にしている。
・より大きな自由における普遍的な平和の強化を追求ものでもある。

・あらゆる形態と側面の貧困を撲滅することが最大の地球規模の課
 題である。

・すべての国及びすべてのステークホルダーは、協同的なパートナー
 シップの下、この計画を実行する。

・人類を貧困の恐怖及び欠乏の専制から解き放ち、地球を癒やし安
 全にすることを決意している。

・世界を持続的かつ強靱(レジリエント: resilient )な道筋に移行
 させるために緊急に必要な、大胆かつ変革的な手段をとることに
 決意している。

・この共同の旅路に乗り出すにあたり、誰一人取り残さないことを
 誓う。アジェンダには17の持続可能な開発のための目標(SDGs)
 と、169のターゲットが明記されている。

・これらの目標とターゲットは、ミレニアム開発目標(MDGs:
 Millennium Development Goals)、すなわち、2000年9月国連
 ミレニアムサミットで2015年までに達成するとした目標を基に
 して、ミレニアム開発目標が達成できなかったものを全うするこ
 とを目指すものである。

・これらは、すべての人々の人権を実現し、ジェンダー平等とすべ
 ての女性と女児の能力強化を達成することを目指す。

・これらの目標及びターゲットは、統合され不可分のものであり、
 持続可能な開発の三側面、すなわち経済、社会及び環境の三側面
 を調和させるものである。

・これらの目標及びターゲットは、向こう15年間にわたり、行動
 を促進するものになる。