テクノファについて

代表ご挨拶

青木恒享

 1993年の創業以来、早20年以上の長きにわたり多くのお客様にご愛顧いただき事業を継続することができております。今までご縁のありましたお客様すべてに改めて御礼申し上げます。本当に有難うございます。

 さて、ご承知の方も多いと存じますが、ISO 9001/14001が2015年に大きく改訂されました。2012年に制定された附属書SLというISOマネジメントシステムの作成、改訂時に用いる共通テキスト文書により、ISO規格の普遍性、そして有効性はより一層高くなったと考える中で、両規格が改訂され、マネジメントシステム規格の活用も新たなステージに入ったと言えます。それ以外の規格も附属書SLベースでの作成、改訂がどんどん進んでいます。その意義そして価値をまずは私たち自身がしっかりと受け止め、きちんと咀嚼した上でお客様方に研修コース或いはコンサルティングサービスを通じてお伝えしていく。それがこの先の私たちの大事な役目と考えております。

 加えて、マネジメントシステムのみならず、組織の成長及び発展、そしてそこで働く人々の幸せの追求をお手伝いする研修機関として、皆様が業務上お困りのあらゆることを解決する際のパートナーになる、という目的意識をもって私たち自身も更なる進化を目指します。

 そのための施策の一つのとして今般、経営理念を再制定いたしました。従前掲げた”Technology Transfer”を「創業の理念」と位置付け、「経営理念」、「経営方針」そして「品質方針」という流れで整理をし、経営の方向性を明示いたしました。ご一読いただければ有難く存じます。

 人の幸せというものは、その人一人ひとりで全く異なるものです。悩みを抱える方一人ひとりと向き合い、ともに解決の道を探りたい、そしてその活動が日本の産業界の発展に寄与できることを願って日々進んで参りたいと存じます。私たち自身もまだまだ発展途上の人間であり、組織です。今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻を頂戴できれば誠に有難く存じます。引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2016年4月

株式会社テクノファ 代表取締役 青木恒享

経営理念

創業の理念

Technology Transfer

ビジョン

組織とそこで働く人々への
能力向上支援サービスを通じて
産業社会の未来に貢献する。

ミッション

私たちは、組織競争力強化のためにISOマネジメントシステムを始めとする世の中の優れた知識を集め広く知らしめると共に、そこに新たな価値を加えた研修/コンサルティングサービスの提供を柱とするプロフェッショナル集団であり続ける。

経営方針

  1. マネジメントシステム規格の組織での有効活用を追求します。
  2. Technology Transferにはテクノファ独自の付加価値を付けます。
  3. 力量向上をめざす人々と、その人々がつながる組織を私たちのお客様とします。
  4. グローバル視点で事業を推進します。
  5. 自分たちの未来を自分たちで切り拓きます。

品質方針

経営理念及び経営方針を踏まえ、以下の品質方針を定めます。

  1. お客様が事業を推進する上で困っていることを徹底的に聴くことから、組織の競争力強化並びに組織に関わる人材の力量向上につながる、お客様の期待を超える価値ある商品開発及びサービス提供を全てのお客様に対して公平、公正に行います。
  2. 「後工程 はお客様」精神を踏まえた品質マネジメントシステムの有効活用を通して、高品質の価値提供を継続的に実現します。
  3. 当社の役職員及び講師/コンサルタントは、当社の事業を通じて自らの力量開発を続け、お客様からのより高い信頼獲得をめざします。

以上の品質方針を全職員、講師/コンサルタントに伝えると共に、品質方針の適切性については毎年のマネジメントレビューで議題とし、見直しを図ります。