セミナー一覧

品質

ISO 9001 審査員・内部監査員・規格理解

  • TQ21
  • JRCA承認
ISO 9000審査員研修コース(2020年度から新コースID:QA21 現行ID:TQ21)

品質マネジメントシステム(ISO 9001)審査員を めざす方必須の5日間研修コース
加えて、ISO事務局等、組織のQMS推進者にも役立つと評価の高いコース

  • TQ25
  • JRCA承認
ISO 9000審査員資格拡大研修コース(2020年度から新コースID:QA25 現行ID:TQ25)

EMS/FSMS/ISMS審査員(コース合格修了者含む)がQMS審査員になるための最短3日間コース

  • TQ31
  • JATA公認
ISO 9001内部監査員2日間コース(2020年度から新コースID:QN31 現行ID:TQ31)

明解なテキストと実践演習、経験豊富な講師の指導で定評のある品質内部監査員2日間コース

  • TQ51B
ISO 9001規格入門コース(2020年度から新コースID:QK51B 現行ID:TQ51B)

ISO 9001に初めてふれる方のための1日コース

  • TQ52
ISO 9001規格解説2日間コース(2020年度から新コースID:QK52 現行ID:TQ52)

ISO 9001規格の内容を深く掘り下げて解説する2日間セミナーISO 9001:2015対応

  • TQ27
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS)
  • CPD 5時間
ISO 9001審査員CPD5時間コース[テーマ:不適合摘出能力の向上](2020年度から新コースID:QD27 現行ID:TQ27)

JRCA ISO9001(品質)主任審査員、審査員、審査員補のCPD対応コース

  • TQ83
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS)
  • CPD 5時間
テクノファ技術顧問 国府保周が気付いたISO 9001運用と審査の肝 ~発想を変える~(2020年度から新コースID:QE83 現行ID:TQ83)

JRCA QMS主任審査員、審査員、審査員補のCPD対応コース

  • TM41
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/EMS)
  • CPD 6時間
2015年規格改正対応 MS監査員・審査員のためのインタビュー能力の向上(2020年度から新コースID:MD41 現行ID:TM41)

現地審査(監査)で聞きたいことを聞きだすためのインタビュー能力を磨くための実践コース

  • SQ31
2019年5月20日JIS化「改正ISO19011:2018ポイント概説セミナー」

2019年5月20日にJIS化されたISO 19011:2018(JIS Q 19011:2019)の改正内容、組織で対応すべきポイントをわかりやすく解説します。

  • SQ15
ISO 9004改正情報 ~その活用方法を学ぶ~(2020年度から新コースID:QS15 現行ID:SQ15)

2018年4月に改正されたISO 9004:2018の構造、考え方、持続的成功のために組織が対応すべき事をご説明いたします。
※2018年12月20日にJIS Q 9004:2018が発行されました。

  • TQ70
QMS基礎コース ~ 品質活動入門コース ~[リクエスト開催](2020年度から新コースID:QE70 現行ID:TQ70)

品質管理や品質保証を初めて学ぶ方のために基本的なエッセンスをわかりやすくお伝えする入門コース

  • TQ71
品質管理基礎3日間コース[講師派遣型セミナー]

品質管理の基礎知識習得のために最適なコース

QMS CPD

  • TQ02
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS)
  • CPD 5時間
平林良人による規格の最新情報 ~ ISO 9001審査員CPD5時間コース ~(2020年度から新コースID:QD02 現行ID:TQ02)

JRCA/IRCA ISO9001(品質)主任審査員、審査員、審査員補のCPD対応コース

  • TQ22
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS)
  • CPD 15時間
ISO 9001審査員CPD 15時間コース[テーマ:審査技能の向上](2020年度から新コースID:QD22 現行ID:TQ22)

QMS ISO9001(品質)主任審査員、審査員必須のCPD対応コース。豊富なケーススタディにより、審査・監査スキルの向上につながります。毎年4月にカリキュラムを入れ替えています。

  • TQ22B
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS)
  • CPD 5時間
ISO 9001審査員CPD5時間コース[テーマ:審査技能の向上](2020年度から新コースID:QD22B 現行ID:TQ22B)

QMS審査員のCPD5時間対応コース。TQ22 CPD15時間コースのカリキュラムの内、初日の冒頭5時間分をCPD5時間コースとしてご提供しています。

  • TQ27
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS)
  • CPD 5時間
ISO 9001審査員CPD5時間コース[テーマ:不適合摘出能力の向上](2020年度から新コースID:QD27 現行ID:TQ27)

JRCA ISO9001(品質)主任審査員、審査員、審査員補のCPD対応コース

  • TQ72
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS)
  • CPD 5時間
審査・監査のための品質管理基礎講座(2020年度から新コースID:QE72 現行ID:TQ72)

品質管理においてなぜ統計学を使うのか、どの様な活用ができるのかを理解し、QMS審査の現場において、その知識をどの様に活用するのかをご説明いたします。

  • TQ83
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS)
  • CPD 5時間
テクノファ技術顧問 国府保周が気付いたISO 9001運用と審査の肝 ~発想を変える~(2020年度から新コースID:QE83 現行ID:TQ83)

JRCA QMS主任審査員、審査員、審査員補のCPD対応コース

  • TQ84
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS)
  • CPD 6時間10分
QMS活性化コース~プロセスアプローチを実践する~JRCA継続的専門能力開発(CPD)登録コース(2020年度から新コースID:QE84 現行ID:TQ84)

プロセスアプローチを正しく理解できる1日コースISO 9001:2015ではプロセスアプローチが要求事項に。

  • TQ88
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS)
  • CPD 6時間10分
QMS活性化コース~内部監査の有効性評価技術の向上に~ JRCA継続的専門能力開発(CPD)登録コース(2020年度から新コースID:QE88 現行ID:TQ88)

有効性に着目した内部監査へ進むために「プロセスの有効性とは」 「有効性に着目した内部監査とはどういうことか」を理解し、 有効性評価技術を具体的に学ぶ

  • TM25
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS / ISMS / FSMS / OHSMS / EMS)
  • CPD 6時間
統合審査/監査のアプローチ ~力量向上研修~(2020年度から新コースID:MD25 現行ID:TM25)

“統合マネジメントシステムの審査におけるISO/IEC17021-1の適用に関するIAF基準文書(MD11)”を参考に構成したカリキュラムで、マネジメントシステムの共通部分への審査のアプローチについて、マネジメントシステムの共通性の解説とケーススタディで体系的に統合マネジメントシステム審査を理解するプログラム

  • TM41
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/EMS)
  • CPD 6時間
2015年規格改正対応 MS監査員・審査員のためのインタビュー能力の向上(2020年度から新コースID:MD41 現行ID:TM41)

現地審査(監査)で聞きたいことを聞きだすためのインタビュー能力を磨くための実践コース

  • TM42
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/EMS)
  • CPD 5時間20分
品質/環境活動の充実に~マネジメントシステムの実効性を上げるためのヒント~(2020年度から新コースID:MD42 現行ID:TM42)

ISO 9001、14001を有効に活用して、意味ある取り組みへ転換するためのヒントを数多くご提供

  • TM63
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/EMS)
  • CPD 6時間30分
統合マネジメントシステム内部監査員コース(2020年度から新コースID:MN32 現行ID:TM63)

附属書LによるMS規格の共通フレーム化により、マネジメントシステムの統合や複数のMSを同時に確認する内部監査のために特有の着眼点を実践的に身に付ける

  • TM64
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/ISMS/EMS)
  • CPD 6時間
ISO 31000リスクマネジメントコース(2020年度から新コースID:MK64 現行ID:TM64)

分野を問わずにリスクについての理解を深め、 演習も交えてリスクの適切な評価と管理を学ぶ

QMS 有効活用

  • TM01
経営力を上げるためのマネジメントシステム活用術[無料セミナー](2020年度から新コースID:MF01 現行ID:TM01)

“マネジメントシステム”を自社内で効果的に活用する方法についてご説明する無料セミナー

  • TM25
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS / ISMS / FSMS / OHSMS / EMS)
  • CPD 6時間
統合審査/監査のアプローチ ~力量向上研修~(2020年度から新コースID:MD25 現行ID:TM25)

“統合マネジメントシステムの審査におけるISO/IEC17021-1の適用に関するIAF基準文書(MD11)”を参考に構成したカリキュラムで、マネジメントシステムの共通部分への審査のアプローチについて、マネジメントシステムの共通性の解説とケーススタディで体系的に統合マネジメントシステム審査を理解するプログラム。各マネジメントシステム審査員(QMS、EMS、ISMS、OHSMS、FSMS)のCPDとしてもお使いいただけます。

  • TM41
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/EMS)
  • CPD 5時間20分
2015年規格改正対応 MS監査員・審査員のためのインタビュー能力の向上(2020年度から新コースID:MD41 現行ID:TM41)

現地審査(監査)で聞きたいことを聞きだすためのインタビュー能力を磨くための実践コース

  • TM42
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/EMS)
  • CPD 5時間20分
品質/環境活動の充実に~マネジメントシステムの実効性を上げるためのヒント~(2020年度から新コースID:MD42 現行ID:TM42)

ISO 9001、14001を有効に活用して、意味ある取り組みへ転換するためのヒントを数多くご提供

  • TM63
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/EMS)
  • CPD 6時間30分
統合マネジメントシステム内部監査員コース(2020年度から新コースID:MN32 現行ID:TM63)

附属書LによるMS規格の共通フレーム化により、マネジメントシステムの統合や複数のMSを同時に確認する内部監査のために特有の着眼点を実践的に身に付ける

  • TM64
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/ISMS/EMS)
  • CPD 6時間
ISO 31000リスクマネジメントコース(2020年度から新コースID:MK64 現行ID:TM64)

分野を問わずにリスクについての理解を深め、 演習も交えてリスクの適切な評価と管理を学ぶ

  • TQ83
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS)
  • CPD 5時間
テクノファ技術顧問 国府保周が気付いたISO 9001運用と審査の肝 ~発想を変える~(2020年度から新コースID:QE83 現行ID:TQ83)

毎年内容が変わり、新しいCPDとしてご受講いただけるJRCA(QMS)のCPD対応コース

  • TQ84
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS)
  • CPD 6時間10分
QMS活性化コース~プロセスアプローチを実践する~JRCA継続的専門能力開発(CPD)登録コース(2020年度から新コースID:QE84 現行ID:TQ84)

プロセスの管理・改善を目指す、実践的なプロセスアプローチを理解するためのセミナー
ISO 9001ではプロセスアプローチに基づいた運営管理が強調されています。
当セミナーでは、プロセス、プロセスアプローチの基本部分から掘り下げ、
プロセスの管理・改善の具体的手法を、講義、演習を通じて習得していただきます。

  • TQ85
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/ISMS/FSMS/OHSMS)
  • CPD 5時間20分
「ヒューマンエラーを防止するための処置」の実践と応用の進め方 ~マネジメントシステムにおけるヒューマンエラー管理技術~(2020年度から新コースID:ME85 現行ID:TQ85)

マネジメントシステムでヒューマンエラー防止策を構築する!
場当たり的な対応ではなく、仕組みとしてのヒューマンエラー防止策を構築するためのポイントを解説いたします。

  • TQ88
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS)
  • CPD 6時間10分
QMS活性化コース~内部監査の有効性評価技術の向上に~ JRCA継続的専門能力開発(CPD)登録コース(2020年度から新コースID:QE88 現行ID:TQ88)

有効性に着目した内部監査へ進むために「プロセスの有効性とは」 「有効性に着目した内部監査とはどういうことか」を理解し、 有効性評価技術を具体的に学ぶ

  • SQ60
リスクに着目した内部監査を通じた業務改革

業務をより良くするための内部監査。
リスク、課題に着目し、本来あるべき内部監査について解説します。

  • SQ59
「ヒューマンエラー防止のための基礎」
~マネジメントシステムの成長と改善に向けて~

マネジメントシステムにおけるヒューマンエラーの捉え方、対策についての基本的な考え方をご説明いたします。

  • TQ70
QMS基礎コース ~ 品質活動入門コース ~[リクエスト開催](2020年度から新コースID:QE70 現行ID:TQ70)

品質管理や品質保証を初めて学ぶ方のために基本的なエッセンスをわかりやすくお伝えする入門コース

  • TQ71
品質管理基礎3日間コース[講師派遣型セミナー]

品質管理の基礎知識習得のために最適なコース

総合的品質マネジメント(TQM)

  • TQ91
  • JRCA登録CPD研修コース(QMS)
  • CPD 6時間10分
総合的品質マネジメント基礎編 日常管理/方針管理コース(2020年度から新コースID:QE91 現行ID:TQ91)

ISO 9001に基づく"QMSの有効性を高めたい"と考えている方におすすめのコース。QMSの運用を効果的なものにするための維持向上の活動「日常管理」と、現状を打破し、改善・革新を推進するための活動「方針管理」について、具体的な事例を交えて学びます。

  • TQ92
  • JRCA登録CPD研修コース(QMS)
  • CPD 6時間10分
総合的品質マネジメント基礎編 小集団改善活動/品質管理教育コース(2020年度から新コースID:QE92 現行ID:TQ92)

ISO 9001に基づく"QMSの有効性を高めたい"と考えている方におすすめのコース。小集団改善活動 と 品質管理教育に焦点をあて、QMS改善の推進、効果的な人材育成・職場活性化の実践方法について、企業の第一線で実践してきた講師より、具体的な事例を交えて学びます。

  • TQ93
  • JRCA登録CPD研修コース(QMS)
  • CPD 6時間10分
総合的品質マネジメント基礎編 新製品・新サービス開発管理/プロセス保証コース(2020年度から新コースID:QE93 現行ID:TQ93)

本コースは、日本での品質管理・品質保証をリードしてきた(一社)日本品質管理学会(JSQC)が開発・制定した「新製品・新サービス開発管理の指針」及び「プロセス保証の指針」規格に基づき、品質保証の中核をなす活動をわかりやすく解説します。

JIS Q 9100 航空宇宙

  • SQ24A
航空宇宙審査員特別コース『プロセスの有効性の審査』力量向上2日間研修(2020年度から新コースID:HS24A 現行ID:SQ24A)

AQMS審査に対する正しい考え方と要求事項の摘要、プロセス審査を通じた組織の適合性と有効性の確認、不適合指摘・懸念事項の抽出、客観的事実と審査根拠について整合性と正当性のある審査報告書式の作成、など、JIS Q 9100:2016/SJAC9101F版に改訂されたAATTコース(IAQG認可JRCA承認JIS Q 9100航空宇宙審査員向け基礎コース)の進め方を 理解するための事前対策2日間コース。
※2018年12月開催からカリキュラムを一新、完全改訂しています。

  • TQ24
  • JRCA承認 IAQG認可
JIS Q 9100航空宇宙審査員向け基礎研修コース(2020年度から新コースID:HA21 現行ID:TQ24)

航空宇宙審査員になるためのIAQG認可全世界統一の4日間研修コース。

  • TQ36
JIS Q 9100 航空宇宙内部監査員スキルアップコース(2020年度から新コースID:HN35 現行ID:TQ36)

JIS Q 9100内部監査員を対象にした、一歩踏み込んだ監査技術を習得するためのスキルアップコース。
演習を中心にしたカリキュラムで、プロセスアプローチ型の監査手法を身につけていただく実践的なコース。

  • TQ58
JIS Q 9100航空宇宙規格解説コース(2020年度から新コースID:HK51 現行ID:TQ58)

航空宇宙産業の品質マネジメント規格である JIS Q 9100 : 2016をわかりやすく解説する1日コース

ISO/IEC 17025 試験所・校正機関

  • TM31
ISO/IEC 17025内部監査員2日間コース ※2017年版対応(2020年度から新コースID:LN31 現行ID:TM31)

認定試験所・校正機関の内部監査員を養成する2日間コース

  • TM81
ISO/IEC 17025概説コース  ※2017年版対応(2020年度から新コースID:LK51 現行ID:TM81)

ISO/IEC 17025に基づく試験所・校正機関の品質マネジメントシステム概説コース

IATF 16949/VDA 自動車

  • TQ35
IATF 16949 内部監査員2日間コース(2020年度から新コースID:AN31 現行ID:TQ35)

IATF 16949 内部監査員養成のための2日間のセミナー

  • SQ58
解明!VDA6.3への対応方法(2020年度から新コースID:QS58 現行ID:SQ58)

なぜ今、VDA規格が注目を集めるのか? VDA6.3規格における被監査側組織が対応すべきポイントをご説明いたします。

JEAC 4111 原子力安全

  • TQ45
JEAC 4111内部監査員2日間コース[講師派遣型セミナー](2020年度から新コースID:QJ31 現行ID:TQ45)

QMSの維持、改善そして内部監査員養成のための実践コース。この他にもJEAC 4111規程解説コース、JEAC 4111内部監査員スキルアップコースなどをご用意しています。

TL 9000 情報通信

  • TQ89
  • QuEST Forum承認
QuEST Forum承認教育研修機関であるテクノファが提供する  TL 9000要求事項&測定法トレーニングコース[リクエスト開催]

ITL 9000R5.5/R5.0要求事項と測定法の基礎知識が習得できるコース

環境

ISO 14001 審査員・内部監査員・規格理解

  • TE21
  • JRCA承認
ISO 14000 審査員研修コース(2020年度から新コースID:EA21 現行ID:TE21)

環境マネジメントシステム(EMS)審査員(JRCA)をめざす方必須の5日間研修コース加えて、ISO事務局など、組織のEMS推進者にも役立つと評価の高いコース

  • TE25
  • JRCA承認
ISO 14000 審査員資格拡大研修コース(2020年度から新コースID:EA25 現行ID:TE25)

QMS/FSMS/ISMS審査員(コース合格修了者含む)がEMS(ISO14001)審査員になるための最短3日間コース

  • TE31
  • JATA公認
ISO 14001内部監査員2日間コース(2020年度から新コースID:EN31 現行ID:TE31)

ISO14001規格の意図を理解し、監査手法を2日間で習得!
ケーススタディ・ロールプレイを交えた短期集中実践コース

  • TE37
ISO 14001内部監査員スキルアップ1日コース(2020年度から新コースID:EN35 現行ID:TE37)

有効性向上のための環境内部監査をロールプレイ主体に実践し、スキルアップを図るコース

  • TE51B
ISO 14001規格入門コース(2020年度から新コースID:EK51B 現行ID:TE51B)

はじめてのISO 14001
入門者のための1日コース

  • TE73
  • JRCA登録 CPD研修コース(EMS)
  • CPD 6時間50分
環境関連法規制コース(2020年度から新コースID:EK73 現行ID:TE73)

ケーススタディを通し、実践的に環境法規制を理解するコース

  • TE77
  • JRCA登録 CPD研修コース(EMS)
  • CPD 5時間45分
廃棄物処理法【ベーシック】コース(2020年度から新コースID:EK77 現行ID:TE77)

廃棄物処理法における最低限知っておくべき内容を身につけていただきます。廃棄物業界の専門家「平田耕一」が担当します。

  • 試験
JRCA筆記試験(環境マネジメントシステム)

JRCA筆記試験(環境マネジメントシステム)のご案内はこちらです。

EMS CPD

  • TE23
  • JRCA承認
  • CPD 15時間
ISO 14000 リフレッシュコース(2020年度から新コースID:ED23 現行ID:TE23)

JRCA EMS(ISO14001)登録審査員・主任審査員の再認証のための1日コース

  • TE85
  • JRCA登録 CPD研修コース(EMS)
  • CPD 5.5時間
ISO 14001 CPD 5.5時間コース【テーマ:環境法規制・最新情報】(2020年度から新コースID:ED85 現行ID:TE85)

内容を適宜最新化し、ホットな話題を提供します

  • TE29
  • JRCA登録 CPD研修コース(EMS)
  • CPD 5時間
ISO 14001 CPD5時間コース〔テーマ:企業担当者のためのEMSを取り巻く最新情報〕(2020年度から新コースID:ED29 現行ID:TE29)

EMS審査員補・企業担当者のための規格・法規の最新知識・指摘技能の向上を図るコース

  • TE87
  • JRCA登録 CPD研修コース(EMS)
  • CPD 7.5時間
ISO14001 CPD 7.5時間コース【テーマ:企業の日常業務と生物多様性の繋がり】(2020年度から新コースID:ED87 現行ID:TE87)

「生物多様性」を「企業の日常業務」との視点で考えるコースです。

  • TE73
  • JRCA登録 CPD研修コース(EMS)
  • CPD 6時間50分
環境関連法規制コース(2020年度から新コースID:EK73 現行ID:TE73)

ケーススタディを通し、実践的に環境法規制を理解するコース

  • TE77
  • JRCA登録 CPD研修コース(EMS)
  • CPD 5時間45分
廃棄物処理法【ベーシック】コース(2020年度から新コースID:EK77 現行ID:TE77)

廃棄物処理法における最低限知っておくべき内容を身につけていただきます。廃棄物業界の専門家「平田耕一」が担当します。

  • TM25
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS / ISMS / FSMS / OHSMS / EMS)
  • CPD 6時間
統合審査/監査のアプローチ ~力量向上研修~(2020年度から新コースID:MD25 現行ID:TM25)

“統合マネジメントシステムの審査におけるISO/IEC17021-1の適用に関するIAF基準文書(MD11)”を参考に構成したカリキュラムで、マネジメントシステムの共通部分への審査のアプローチについて、マネジメントシステムの共通性の解説とケーススタディで体系的に統合マネジメントシステム審査を理解するプログラム

  • TM41
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/EMS)
  • CPD 6時間
2015年規格改正対応 MS監査員・審査員のためのインタビュー能力の向上(2020年度から新コースID:MD41 現行ID:TM41)

現地審査(監査)で聞きたいことを聞きだすためのインタビュー能力を磨くための実践コース

  • TM42
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/EMS)
  • CPD 5時間20分
品質/環境活動の充実に~マネジメントシステムの実効性を上げるためのヒント~(2020年度から新コースID:MD42 現行ID:TM42)

ISO 9001、14001を有効に活用して、意味ある取り組みへ転換するためのヒントを数多くご提供

  • TM63
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/EMS)
  • CPD 6時間30分
統合マネジメントシステム内部監査員コース(2020年度から新コースID:MN32 現行ID:TM63)

附属書LによるMS規格の共通フレーム化により、マネジメントシステムの統合や複数のMSを同時に確認する内部監査のために特有の着眼点を実践的に身に付ける

  • TM64
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/ISMS/EMS)
  • CPD 6時間
ISO 31000リスクマネジメントコース(2020年度から新コースID:MK64 現行ID:TM64)

分野を問わずにリスクについての理解を深め、 演習も交えてリスクの適切な評価と管理を学ぶ

EMS 有効活用

  • SE47
一般社団法人カーボンオフセット協会 協力
リスクをチャンスに!!企業価値を高めるカーボンマネジメント~入門編~

気候変動を取り巻く国内外の動向について最新情報を入手!カーボンマネジメントが求められる背景や実務の概要を解説。取り組みの全体像が把握できます。

  • SE48
一般社団法人カーボンオフセット協会 協力
リスクをチャンスに!! 企業価値を高めるカーボンマネジメント~実務編~

なぜ今、カーボンマネジメントが求められているのか。取り組みの全体的な傾向と最新情報を把握し、実務上押さえておくべきポイントを理解します。

  • SE46
生物多様性異変 ~我々は生き残れるか!!~

国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター生態リスク評価・対策研究室室長 五箇公一氏による3時間セミナー

  • SE45
SDGs・ESG経営時代のISO14001:2015の活用
~経営戦略と一体化した取り組みへの提言~(2020年度から新コースID:ES45 現行ID:SE45)

SDGs/ESG/TCFDは、経営戦略に係わる国際的な潮流であり、企業活動全てに関係しています。このためEMS・ISO14001担当部門の方に限らず、CSRや経営企画部門の方、そして各種MS審査員もご参加いただけます。

  • TE73
  • JRCA登録 CPD研修コース(EMS)
  • CPD 6時間50分
環境関連法規制コース(2020年度から新コースID:EK73 現行ID:TE73)

ケーススタディを通し、実践的に環境法規制を理解するコース

  • TM56
ISO 14001:2015改正規格解説コース

ISO 14001:2015は、2015年9月15日に発行されました。
当コースでは、14001:2015の特徴並びに2004年版との差分について箇条ごとに解説します。

  • TE77
  • JRCA登録 CPD研修コース(EMS)
  • CPD 5時間45分
廃棄物処理法【ベーシック】コース(2020年度から新コースID:EK77 現行ID:TE77)

廃棄物処理法における最低限知っておくべき内容を身につけていただきます。廃棄物業界の専門家「平田耕一」が担当します。

  • TE62
EMSを活用して会社を活性化するコース[講師派遣型セミナー](現行ID:TE62)

環境への取組みを、さらに一歩踏み込んで考えるためのヒントを数多くご提供

  • TM25
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS / ISMS / FSMS / OHSMS / EMS)
  • CPD 6時間
統合審査/監査のアプローチ ~力量向上研修~(2020年度から新コースID:MD25 現行ID:TM25)

“統合マネジメントシステムの審査におけるISO/IEC17021-1の適用に関するIAF基準文書(MD11)”を参考に構成したカリキュラムで、マネジメントシステムの共通部分への審査のアプローチについて、マネジメントシステムの共通性の解説とケーススタディで体系的に統合マネジメントシステム審査を理解するプログラム

  • TM42
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/EMS)
  • CPD 5時間20分
品質/環境活動の充実に~マネジメントシステムの実効性を上げるためのヒント~(2020年度から新コースID:MD42 現行ID:TM42)

ISO 9001、14001を有効に活用して、意味ある取り組みへ転換するためのヒントを数多くご提供

  • TM63
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/EMS)
  • CPD 6時間30分
統合マネジメントシステム内部監査員コース(2020年度から新コースID:MN32 現行ID:TM63)

附属書LによるMS規格の共通フレーム化により、マネジメントシステムの統合や複数のMSを同時に確認する内部監査のために特有の着眼点を実践的に身に付ける

  • TM64
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/ISMS/EMS)
  • CPD 6時間
ISO 31000リスクマネジメントコース(2020年度から新コースID:MK64 現行ID:TM64)

分野を問わずにリスクについての理解を深め、 演習も交えてリスクの適切な評価と管理を学ぶ

排出権取引 GHG

  • TM79
事例から学ぶ温室効果ガス対応入門コース[リクエスト開催](現行ID:TM79)

企業のGHG対応について、成功例・失敗例を交え、わかりやすく事例で解説する入門コース

環境プランナー

  • TC81B
  • 環境プランニング学会認定
環境省登録人材認定等事業 環境プランニング学会認定 環境プランナーコース(ベーシック+スクーリング2日)[リクエスト開催]

環境プランナー・ベーシック資格試験合格者 対象コース!

  • TC87
  • 環境プランニング学会認定
環境省登録人材認定等事業 環境プランニング学会認定 環境コンサルティングERコース<環境プランナー専門コース>[リクエスト開催]

企業利益を高め、環境保全に繋げる 環境コンサルティングの手法と視点を学ぶ

情報セキュリティ

ISO/IEC 27001 ISMS

  • TT11
  • JRCA承認
ISO/IEC 27001審査員研修コース(2020年度から新コースID:JA21 現行ID:TT11)

ISMS(ISO/IEC 27001)審査員に必要な知識とスキルを習得するための5日間コース

  • TT31
  • JATA公認
ISO/IEC 27001内部監査員2日間コース(2020年度から新コースID:JN31 現行ID:TT31)

ISMS規格(ISO/IEC 27001)の理解と、実践的なISMS内部監査の進め方を習得するコース。

  • TT33
  • JRCA登録 CPD研修コース(ISMS)
  • CPD 6時間
情報セキュリティ内部監査スキルアップコース(2020年度から新コースID:JN35 現行ID:TT33)

自然災害、システム障害、サイバー攻撃、ヒューマンエラー、コンプライアンス、ガバナンスなど企業におけるリスクは多様化し、情報セキュリティにおける内部監査が極めて重要な役割を担っています。

本コースではISMS、クラウドセキュリティ、個人情報保護法、プライバシーマークなどの情報セキュリティに関係する内部監査の注意点・着眼点について、演習を交えて解説します。

  • TT61B
ISO/IEC 27001規格入門コース(2020年度から新コースID:JK51B 現行ID:TT61B)

ISMS構築に必要な基礎知識と考え方を習得するコース

  • TT64
  • JRCA登録 CPD研修コース(ISMS)
  • CPD 6時間
ISMSリスクアセスメント有効活用コース(2020年度から新コースID:JE64 現行ID:TT64)

ISO/IEC 27001:2013(JIS Q 27001:2014)に対応した具体的な リスクマネジメント手法を学ぶコース

  • TT65
  • JRCA登録 CPD研修コース(ISMS)
  • CPD 6時間
プライバシーマークと改正個人情報保護法 ~マネジメントシステムへの影響~(2020年度から新コースID:JE65 現行ID:TT65)

2017年5月30日に10年ぶりに個人情報保護法が改正され、12月20日にはプライバシーマーク要求事項のJISQ15001:2017が公表されました。
個人情報の漏洩は組織の存続をも揺るがす重大リスクである場合も多く、その取扱いは避けて通れない課題です。
本コースは、改正個人情報保護法の歴史的な経緯を解説するとともに、ISMSとPマークの関連性・影響をテーマにした研修です。
演習を交え、マネジメントシステムへの影響を解説します。

ISMS CPD

  • TT66
  • JRCA登録 CPD研修コース(ISMS / ISMS-CLS) CPD 5時間
「ISMSクラウドセキュリティ」入門コース(2020年度から新コースID:JK66 現行ID:TT66)

ISMSクラウドセキュリティの基礎知識を中心に、周囲を取り巻く状況について解説する初学者向けコース

  • TT27
  • JRCA登録 CPD研修コース(ISMS)
  • CPD 5時間
ISMS審査員補 CPD5時間コース【テーマ:2019年度-リスクマネジメント・2020年度-情報セキュリティと暗号】(2020年度から新コースID:JD27 現行ID:TT27)

JRCA登録ISMS(ISO/IEC 27001)審査員補の資格更新のための半日コース

  • TT33
  • JRCA登録 CPD研修コース(ISMS)
  • CPD 6時間
情報セキュリティ内部監査スキルアップコース(2020年度から新コースID:JN35 現行ID:TT33)

自然災害、システム障害、サイバー攻撃、ヒューマンエラー、コンプライアンス、ガバナンスなど企業におけるリスクは多様化し、情報セキュリティにおける内部監査が極めて重要な役割を担っています。

本コースではISMS、クラウドセキュリティ、個人情報保護法、プライバシーマークなどの情報セキュリティに関係する内部監査の注意点・着眼点について、演習を交えて解説します。

  • TT65
  • JRCA登録 CPD研修コース(ISMS)
  • CPD 6時間
プライバシーマークと改正個人情報保護法 ~マネジメントシステムへの影響~(2020年度から新コースID:JE65 現行ID:TT65)

2017年5月30日に10年ぶりに個人情報保護法が改正され、12月20日にはプライバシーマーク要求事項のJISQ15001:2017が公表されました。
個人情報の漏洩は組織の存続をも揺るがす重大リスクである場合も多く、その取扱いは避けて通れない課題です。
本コースは、改正個人情報保護法の歴史的な経緯を解説するとともに、ISMSとPマークの関連性・影響をテーマにした研修です。
演習を交え、マネジメントシステムへの影響を解説します。

  • TM25
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS / ISMS / FSMS / OHSMS / EMS)
  • CPD 6時間
統合審査/監査のアプローチ ~力量向上研修~(2020年度から新コースID:MD25 現行ID:TM25)

“統合マネジメントシステムの審査におけるISO/IEC17021-1の適用に関するIAF基準文書(MD11)”を参考に構成したカリキュラムで、マネジメントシステムの共通部分への審査のアプローチについて、マネジメントシステムの共通性の解説とケーススタディで体系的に統合マネジメントシステム審査を理解するプログラム

ISO/IEC 27017 CLS

  • TT66
  • JRCA登録 CPD研修コース(ISMS) CPD 5時間
「ISMSクラウドセキュリティ」入門コース(2020年度から新コースID:JK66 現行ID:TT66)

ISMSクラウドセキュリティの基礎知識を中心に、周囲を取り巻く状況について解説する初学者向けコース

  • TT14
  • JRCA承認
ISMSクラウドセキュリティ審査員研修コース(2020年度から新コースID:JA14 現行ID:TT14)

ISMSクラウドセキュリティ審査員に必要な知識とスキルを習得するための2日間コース
2018年8月よりカリキュラムの一部変更を行い、筆記試験対策にも有用な演習が追加されました。

Pマーク個人情報保護

  • TT65
  • JRCA登録 CPD研修コース(ISMS)
  • CPD 6時間
プライバシーマークと改正個人情報保護法 ~マネジメントシステムへの影響~(2020年度から新コースID:JE65 現行ID:TT65)

2017年5月30日に10年ぶりに個人情報保護法が改正され、12月20日にはプライバシーマーク要求事項のJISQ15001:2017が公表されました。
個人情報の漏洩は組織の存続をも揺るがす重大リスクである場合も多く、その取扱いは避けて通れない課題です。
本コースは、改正個人情報保護法の歴史的な経緯を解説するとともに、ISMSとPマークの関連性・影響をテーマにした研修です。
演習を交え、マネジメントシステムへの影響を解説します。

  • TT33
  • JRCA登録 CPD研修コース(ISMS)
  • CPD 6時間
情報セキュリティ内部監査スキルアップコース(2020年度から新コースID:JN35 現行ID:TT33)

自然災害、システム障害、サイバー攻撃、ヒューマンエラー、コンプライアンス、ガバナンスなど企業におけるリスクは多様化し、情報セキュリティにおける内部監査が極めて重要な役割を担っています。

本コースではISMS、クラウドセキュリティ、個人情報保護法、プライバシーマークなどの情報セキュリティに関係する内部監査の注意点・着眼点について、演習を交えて解説します。

労働安全衛生

ISO 45001 / OHSAS 18001

  • SS12
ISO45001を活用したOHSMSの構築方法(2020年度から新コースID:OS12 現行ID:SS12)

ISO45001の重要ポイントの解説とともに、現在の労働安全衛生管理を見直し、有効性・適切性へのパフォーマンスを考えるために、従来の労働安全衛生活動をベースにOHSMSを構築し、事業活動に組み込むためのポイントを解説するコースです。

  • SS11
平林 良人による「JIS Q 45100:2018(労働安全衛生マネジメントシステム-要求事項及び利用の手引-安全衛生活動などに対する追加要求事項)」の解説(2020年度から新コースID:OS11 現行ID:SS11)

2018年9月28日にJIS Q 45001:2018規格とともに、日本独自のJIS Q 45100:2018規格が発行されました。「日本版OHSMS規格」ともいえるJIS Q 45100:2018規格の概要とそのポイントを解説するコースです。

  • TM66
  • JRCA登録 ISO45001差分研修/JRCA登録 CPD研修コース(OHSMS)
  • CPD 5.5時間
ISO 45001差分研修/CPD研修コース(OHSMS) ISO 45001:2018対応 審査員資格移行コース(2020年度から新コースID:OR66 現行ID:TM66)

2018年3月12日にISO 45001:2018が、9月28日にはJIS Q 45001:2018が発行されました。
JRCA承認 「OHSAS18001労働安全衛生審査員研修コース及」び「OHSAS18001労働安全衛生審査員資格拡大研修コース」を合格修了された方が、ISO45001審査員としてJRCAに登録申請する要件として、OHSAS18001:2007との規格の差分研修の修了とJRCA統一筆記試験の合格が求められています。
当コースはJRCA承認 「OHSAS18001労働安全衛生審査員研修コース」及び「OHSAS18001労働安全衛生審査員資格拡大研修コース」を合格修了された方を対象とした差分研修コースとして、規格発行の経緯・意図やOHSAS18001からの変更点、ISO45001規格での審査における考え方などを解説いたします。

  • TS11
  • JRCA承認
ISO45001対応 労働安全衛生審査員研修コース(2020年度から新コースID:OA21 現行ID:TS11)

ISO45001(OHSMS)審査員をめざす方必須の5日間研修コース。加えて、組織のOH&SMS推進者にも役立つコース

  • TS13
  • JRCA承認
ISO45001対応 労働安全衛生審査員資格拡大研修コース(2020年度から新コースID:OA25 現行ID:TS13)

QMS/EMS/ISMS/FSMS審査員(コース合格修了者含む)向けのISO45001(OHSMS)審査員研修コース

  • TS21
  • CPD 7.5時間
OHSMS 審査員 CPD 7.5時間コース(2020年度から新コースID:OD21 現行ID:TS21)

OHSMS審査員に求められる専門能力開発のためのコース

  • TS73
  • JRCA登録 CPD研修コース(OHSMS)
  • 6.6時間
労働安全衛生関連法規制コース(2020年度から新コースID:OK73 現行ID:TS73)

広範囲にわたり、複雑な労働安全衛生関連法を、企業にて労働安全衛生の指導に長く従事した講師が体系的に解説致します。

  • TS31
  • JATA公認
ISO45001対応 労働安全衛生内部監査員2日間コース(2020年度から新コースID:ON31 現行ID:TS31)

労働安全衛生内部監査員になるための2日間コース

  • TS46
ISO 45001:2018対応 内部監査員移行コース(2020年度から新コースID:OR46 現行ID:TS46)

本コースは、OHSAS18001で学んだ内部監査員の方がISO45001:2018年版のOHSMS内部監査を行うための知識と内部監査での着眼点を補完する1日コースです。
ISO45001:2018規格の特徴、及び新たに追加された要求事項など、OHSAS18001規格との差分の講義と、自組織に置き換え検討する演習により、実践的なISO45001:2018年版での内部監査の着眼点を理解していただきます。
※ISO45001:2018の逐条解説ではなく、差分を中心とした解説です。

  • TM25
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS / ISMS / FSMS / OHSMS / EMS)
  • CPD 6時間
統合審査/監査のアプローチ ~力量向上研修~(2020年度から新コースID:MD25 現行ID:TM25)

“統合マネジメントシステムの審査におけるISO/IEC17021-1の適用に関するIAF基準文書(MD11)”を参考に構成したカリキュラムで、マネジメントシステムの共通部分への審査のアプローチについて、マネジメントシステムの共通性の解説とケーススタディで体系的に統合マネジメントシステム審査を理解するプログラム

食品安全

ISO 22000/ FSSC 22000

  • SF08
ISO22000:2018におけるハザード管理プラン(HACCP/OPRP)の考え方(2020年度から新コースID:FS08 現行ID:SF08)

ISO22000:2005から2018への変化点、箇条8「運用」のポイント、事例演習によりハザード管理プランの考え方を解説します

  • SF09
「FSSC22000Ver.5追加要求事項のポイントと審査現場での対応」(2020年度から新コースID:FS09 現行ID:SF09)

2020年1月1日より適用されているFSSC22000Ver.5の追加要求事項のポイントと審査現場での見方を解説いたします。

  • TM67
  • JRCA登録 ISO22000差分研修/JRCA登録 CPD研修コース(FSMS)
  • CPD 6時間20分
ISO 22000差分研修/CPD研修コース(FSMS) ISO 22000:2018対応 審査員資格移行コース(2020年度から新コースID:FR67 現行ID:TM67)

2018年6月19日にISO 22000:2018が発行されました。
JRCA登録FSMS審査員は、ISO22000:2018年版審査員としてJRCAに移行申請する要件として、ISO22000:2005年版規格と2018年版規格との差分研修の修了が求められています。
当コースはJRCA登録FSMS審査員の方を対象とした差分研修コースとして、今回の改訂の経緯・意図や規格の変更点、ISO22000:2018年版規格での審査の着眼点などを解説いたします。

  • SF07
  • FSSC財団認定
FSSC 22000Ver.4.1概説コース(2020年度から新コースID:FS07 現行ID:SF07)

NEW!!
FSSC 22000 Ver.4.1は2018年1月より認証組織に適用されていますが、今後は“いかに効果的な運用をしていくか”ということが、組織にとっては重要なポイントとなります。
本コースは、FSSC 22000 Ver.4.1の背景、原則、要求事項のポイント、認証プロセスに至るまで、コンパクトに理解するための概説コースです。 FSSC財団認定のカリキュラムに基づき、理解を深めるための演習を交えながら解説を行います。

  • TF46
ISO 22000:2018対応 内部監査員移行コース(2020年度から新コースID:FR46 現行ID:TF46)

本コースは、ISO22000:2005年版で学んだ内部監査員の方が2018年版のFSMS内部監査を行うための知識と監査での着眼点を補完する1日コースです。
ISO22000:2018規格の特徴、及び新たに追加された要求事項など、2005年版規格との差分の中でも、内部監査で重要な要求事項に対する講義と事例演習により、実践的なISO22000:2018年版での内部監査の着眼点を理解していただきます。
※ISO22000:2018の逐条解説ではなく、差分を中心とした解説です。

  • TQ16
  • JRCA承認
ISO 22000:2018年版対応 食品安全マネジメントシステム審査員研修コース(2020年度から新コースID:FA21 現行ID:TQ16)

ISO 22000:2018年版による食品安全マネジメントシステム審査員を養成する5日間コース

  • TQ17
  • JRCA承認
ISO 22000:2018年版対応 食品安全マネジメントシステム審査員資格拡大研修コース(2020年度から新コースID:FA25 現行ID:TQ17)

JRCA登録QMS/ISMS、CERA登録EMS審査員(コース合格修了者含む)がFSMS審査員になるための3日間コース

  • TQ29
  • JRCA登録 CPD研修コース(FSMS)
  • CPD 15時間
ISO 22000審査員 CPD15時間コース(2020年度から新コースID:FD29 現行ID:TQ29)

ISO 22000規格の意図と審査での適用方法の理解を深めるCPDコース

  • TQ29B
  • JRCA登録 CPD研修コース(FSMS)
  • CPD 6時間
ISO 22000審査員 CPD5時間コース(2020年度から新コースID:FD29B 現行ID:TQ29B)

ISO 22000規格の意図と審査での適用方法の理解を深めるCPDコース

  • TQ68
ISO 22000:2018年版対応 ISO 22000規格解説コース(2020年度から新コースID:FK51 現行ID:TQ68)

ISO 22000:2018年版の特徴や内容を理解できる入門コース!

  • TQ38
  • JATA公認
ISO 22000:2018年版対応 ISO 22000 内部監査員2日間コース(2020年度から新コースID:FN31 現行ID:TQ38)

ハザード分析や模擬審査を取入れた、ISO 22000:2018年版対応 の内部監査員を養成するコース

JFS規格

  • TF71
JFS-A/B 規格を考慮した食品安全の研修 一般衛生管理及びHACCPに関する技能習得のための3日間コース(2020年度から新コースID:FK71 現行ID:TF71)

*本研修は、“JFS-A/B監査及び適合証明プログラム監査員・判定員研修コース承認基準文書”に沿った食品安全の研修です。

その他

特別セミナー

  • SQ58
解明!VDA6.3への対応方法(2020年度から新コースID:QS58 現行ID:SQ58)

なぜ今、VDA規格が注目を集めるのか? VDA6.3規格における被監査側組織が対応すべきポイントをご説明いたします。

  • ST01
ISO/IEC 27001:2013差分解説コース

改訂版27001規格の概要及び
2005年版との差分を学ぶ5時間の特別セミナー

  • SQ56
ISO 9002を活用し、課題を解決する(2020年度から新コースID:QS56 現行ID:SQ56)

ISO 9001の適用に関する指針として発行されたISO 9002を活用し、実践的・有効的なQMSの運用方法を学んでいただくコースです