よくある質問

ISO 14064とは

ISO 14064は、温室効果ガス排出量のモニタリング(算定)、報告、検証等についてのISO規格です。2002年からISO/TC 207において規格づくりが開始され、2006年3月に発行されました。

ISO 14064に関連する規格として、ISO 14065と14066があります。ISO 14065は検証機関等の認定のための要求事項が書かれた規格で2007年4月に発行されました。ISO 14066は検証チームの力量についての要求事項が書かれた規格で2011年4月に発行されました。

ISO 14064は、次の3部から構成されています。

  • ISO 14064-1:2006(JIS Q 14064-1:2010)
    Greenhouse gases — Part 1: Specification with guidance at the organization level for quantification and reporting of greenhouse gas emissions and removals 
    温室効果ガス-第1部:組織における温室効果ガスの排出量及び吸収量の定量化及び報告のための仕様並びに手引
  • ISO 14064-2:2006(JISQ14064-2:2011)
    Greenhouse gases — Part 2: Specification with guidance at the project level for quantification, monitoring and reporting of greenhouse gas emission reductions or removal enhancements 
    温室効果ガス―第2部:プロジェクトにおける温室効果ガスの排出量の削減又は吸収量の増加の定量化,モニタリング及び報告のための仕様並びに手引
  • ISO 14064-3:2006(JISQ14064-3:2011)
    Greenhouse gases — Part 3: Specification with guidance for the validation and verification of greenhouse gas assertions 
    温室効果ガス―第3部:温室効果ガスに関する主張の妥当性確認及び検証のための仕様並びに手引

ISO 14064 排出量確定・報告までの流れと役割簡単に言えば、温室効果ガスを排出する事業を行っている組織が算定を行い、それとは別の人が検証人として算定結果が正しいか検証します。検証は多くの場合検証機関が行います。

ISO 14064の第1部はインベントリ型(キャップ&トレード型)での算定について、第2部はプロジェクト型(ベースライン&クレジット型)での算定について、第3部は妥当性確認・検証について記載されています。第1部と第2部は算定者の行うこと、第3部は検証人の行うことが記載されているとも言えます。

ちなみに、規格の中に出てくる用語の
“directed action”と”greenhouse gas project”の違いは、第1部と第2部の違い、つまりキャップ&トレード型とベースライン&クレジット型の違いを理解しなければ、表面的にしか理解できません。本当の意味で理解したと言う為には、広範で深い学習が必要です。テクノファのセミナー「ISO 14064-1温室効果ガス排出量算定コース」(コースID:TM78)をご受講の際はこれだけでも理解してお帰りいただきたいと思います。

ISO 14064-1:2006(JIS Q 14064-1:2010)は、まえがき、序文、本文(全8章)、附属書(A~C)、参考文献のリストから構成されています。本文の章立ては次のようになっています。

  • 第1章 適用範囲(Scope)
  • 第2章 用語及び定義(Terms and definitions)
  • 第3章 原則(Principles)
  • 第4章 GHGインベントリの設計及び開発(GHG inventory design and development)
  • 第5章 GHGインベントリの構成要素(GHG inventory components)
  • 第6章 GHGインベントリの品質管理(GHG inventory quality management)
  • 第7章 GHG報告(Reporting of GHG)
  • 第8章 検証活動における組織の役割(Organization’s role in verification activities)

第8章は”検証活動”という言葉がありますが、検証人ではなく、算定を行った”組織”(温室効果ガスを排出する事業を行っている組織)の役割について書かれています。
また、第3章では次の5つの原則を挙げています。

  • 適切性(Relevance)
  • 適切性(Relevance)
  • 完全性(Completeness)
  • 一貫性(Consistency)
  • 正確性(Accuracy)
  • 透明性(Transparency)

ISO 14064-2:2006は、まえがき、序文、本文(全5章)、附属書(A~B)、参考文献のリストから構成されています。この規格が出来た時期が京都議定書によるプロジェクト・ベースのメカニズム(CDM、JI)が動き始めた後だったため、附属書を見るとかなり意識した作りという印象を受けますが、本文は他のISO規格同様、制度中立つまり様々な排出権制度で利用できる根本的なことが書かれています。

本文の章立ては次のようになっています。

  • 第1章 適用範囲(Scope)
  • 第2章 用語及び定義(Terms and definitions)
  • 第3章 原則(Principles)
  • 第4章 GHGプロジェクトの序文(Introduction to GHG projects)
  • 第5章 GHGプロジェクトのための要求事項(Requirements for GHG projects)

第3章では第1部と共通の5つの原則に加えて、”Conservativeness(保守性)”が挙げられています。これもキャップ&トレード型とベースライン&クレジット型の違いを理解しなければ、表面的にしか理解できません。本当の意味で理解したと言う為には、広範で深い学習が必要です。

ISO 14064-3:2006は、まえがき、序文、本文(全4章)、附属書(A)、参考文献のリストから構成されています。本文の章立ては次のようになっています。

  • 第1章 適用範囲(Scope)
  • 第2章 用語及び定義(Terms and definitions)
  • 第3章 原則(Principles)
  • 第4章 妥当性確認及び検証に関する要求事項(Validation and verification requirements)

規格の中に出てくる用語の”materiality(重要性)”と”uncertainty(不確かさ)”の違いを理解しなければ、検証を確実に行うことは出来ません。ある程度の訓練を含む学習が必要です。テクノファのセミナー「温室効果ガス排出量算定者/検証人(ベリファイヤー)養成5日間コース」(コースID:TM16)「ISO14064/65/66 GHG検証規格解説コース」(コースID:TM17)をご受講の際はこれを学習目標の一つにしていただきたいと思います。