よくある質問

JRCA承認 ISO/IEC 27001審査員研修コース FAQ

※この項は、標記審査員研修コース(5日間)についてのFAQです。

Q1.審査員研修コースの申込にあたり、受講資格は必要ですか?

審査員研修コースの受講に必要な資格はありません。ただし、本コースは高度な内容を含んだカリキュラムで構成されていますので、JIS Q 27001(ISO/IEC 27001)規格について事前の予習をすることが望まれます。JIS Q 27001規格は、第三者である審査登録機関が情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS、ISO 27001)適合性評価制度の認証を希望する事業者の適合性を評価するための基準です。

Q2.審査員研修コースを合格すれば、審査員になれるのですか?

ISMS審査員補(コンピテンス)として一般財団法人日本要員認証協会マネジメントシステム審査員評価登録センター(JRCA)に評価登録するための要件は次のとおりです。

  1. 大学教育と同等なレベルの専門教育 又は 訓練を修了していること
  2. 申請日を遡る10年以内に4年以上の常勤による情報技術分野の実務経験(訓練期間は含まない)を有していること
  3. 前述の実務経験において、2年以上の情報セキュリティ技術に関連した役割又は職務に就いていること
  4. 過去5年以内に、JRCAが承認するISMS審査員研修コースにおいて、個人の行動の継続的評価および実技評価に合格し、研修コースを修了していること
  5. JRCAが実施する筆記試験に合格していること
  6. 審査員倫理綱領の遵守

Q3.審査員研修コースは、審査員希望者以外も受講できますか?

もちろんできます。カリキュラムは審査員をめざす方に必要な力量を身につけていただくことに主眼をおいた内容となっていますが、JIS Q 27001(ISO/IEC 27001)規格やリスクアセスメント、審査の手順・手法を学ぶことで、たとえば企業組織においてシステムの構築や運用を担当される方、コンサルタントとしてシステム構築や監査の指導をされる方などにもとても有用です。実際、受講生の半数以上は企業組織の方々です。

Q4.審査員研修コースは、学生でも受講できますか?

もちろんできます。ただし、Q&A 2にあるように、ISMS審査員への申請は定められた実務経験を積んでからとなります。また、Q&A 16にあるように、審査員登録に有効な期間は合格証の発行から5年間であることにご留意願います。

Q5.受講料の割引制度はありますか?

テクノファでは、複数のセミナーを受講される方に向けた割引制度を設けています。「テクノファ会員制度」および「同時申込み割引」があります。詳しくはこちら

Q6.審査員研修コースの開催地・開催会場はどこですか?

全国3ヵ所(川崎、東京、大阪)で開催しています。
川崎は川崎駅前(徒歩7分)のテクノファ川崎研修センター、東京は東京駅至近(徒歩4分)のTKPカンファレンスセンター、大阪は新大阪駅前(徒歩2分)の大阪研修会場を利用してセミナーを開催しています。いずれも、5日間の研修期間を快適にお過ごしいただける会場です。
尚、講師がお客様のご指定場所に伺って開催する「講師派遣型(出張)セミナー」もあります。「講師派遣型(出張)セミナー」についてはこちら

Q7.審査員研修コースは、自宅からの通学は可能でしょうか?

可能です。ただし、本コースを含め、各種ISO審査員研修コースは、要員認証機関(JRCA、CEAR)によるコース基準に対して厳密に運営され、講習に遅刻・欠席されますとその時間分「減点」となり、一定基準を超えますと「不合格」になります。この欠席時間は公共交通機関のトラブルが原因であっても対象となります。
また、研修時間も基準で定められた時間数を満たすため、午後8時頃の終了(終了時間は日によって異なります)と長時間に及び、体調管理も重要です。遠方から通学される場合は、体調の維持に十分にお気をつけ下さい。
不安のある方には、研修センター近くのご宿泊をお奨めします。研修会場近くの指定ホテルでの宿泊付き受講料をご用意しています。詳しくはこちら

Q8.研修会場の近くに宿泊したいのですが、ホテルを紹介してもらえますか?

特別価格(1泊あたり6,000円~)にて、研修会場近くの指定ホテルでの宿泊付き受講料をご用意しています。詳しくはこちら

Q9.受講前に、どのような予習をしておくと効果的ですか?

JIS Q 27001(ISO/IEC 27001)規格については、ある程度の理解があることを前提に授業が進行します。事前に「JIS Q 27001規格」 をお送りしておりますので、是非とも熟読しておいて頂きたいと考えております。

Q10.受講の際は、どのような服装で参加すればよいですか?

リラックスできる服装でご受講下さい。スーツ着用の必要はありません。

Q11.受講に必要な持ち物について教えて下さい。

事前にお送りしたご案内書に記述されている「持ち物」をご持参下さい。たとえば、筆記用具(鉛筆またはシャープペン、消しゴム、付せんなど)などです。テキストは当日、配付します。

Q12.セミナー中の昼食、夕食はついているのですか?

5日間の昼食はご用意しております(受講料に含まれています)。夕食はご用意しておりません。セミナー終了後、ご自身でおとり下さい。

Q13.審査員研修コースに合格する要件を教えて下さい。

三つの観点から評価が行われます。

  1. 個人の行動の継続的評価:受講中の講師による評価
  2. 実技評価:受講中の講師による評価
  3. 5日目に行われるJRCA筆記試験による評価

各評価それぞれで合格基準を満たすことが合格の要件となります。

Q14.筆記試験は何時間で行われるのですか? テキストの持ちこみは可能ですか?

JRCA基準に定められた2時間で、5日目に実施します。選択問題と記述問題からなります。筆記試験は記憶力を確認するものではなく、定められた力量を評価するものです。試験時には、テキスト、演習資料、JIS Q 27001、JIS Q 19011、JIS Q 17021、研修中の自筆ノートの持ち込みが認められています。

Q15.万一、実技評価または筆記試験で不合格になった場合、再試験を受けることは可能ですか?

一定の条件のもとで可能です。コース終了日から1年以内に限り、一度だけ再試験を受けることが可能です。ただし、Q&A 13にある「個人的の行動の継続的評価」および「実技評価」の結果が合格基準以上であることが必要です。これが満たされない場合は、再受講をしていただくことになります。この基本的な条件はJRCA基準に定められたもので、JRCA承認の研修機関はどこでもこれに従った手順に沿って運用しています。

Q16.審査員研修コース合格証の有効期限はあるのですか?

合格証自体の有効期限は特にありませんが、JRCA審査員登録に有効な期間は合格証の発行から5年間です。審査員登録をされるご予定の方はご注意下さい。

Q17.セミナー終了後に疑問点が出た場合、質問に答えてもらえますか?

授業内容に関することでしたら、もちろんお受けします。テクノファ事務局(吉田)宛て(E-mail:hinshitsu@technofer.co.jp)に、メールでご質問をお送り下さい。講師又は事務局からお答え致します。

Q18.他のマネジメントシステムの審査員資格を持っていますが(または審査員研修コースに合格していますが)、ISMS審査員への資格拡大を考えています。どのコースを受講すればよいでしょうか。

  1. JABが認定又はJRCAが承認したQMS審査員研修コースを合格修了されている方
  2. JABが認定又はCEARが承認したEMS審査員研修コースを合格修了されている方
  3. JFARBが承認したFSMS審査員研修コースを合格修了されている方

以上の方でISMS審査員への資格拡大をご希望の方には、特別料金140,000円(税別)で5日間コースをご受講いただけます。 (ISMS審査員のための資格拡大3日間コースは開催しておりません。ご了承ください)

Q19.ISO/IEC 27001審査員研修コースの詳細を教えて下さい。

JRCA承認ISO/IEC 27001審査員研修コースの詳細はこちらをご覧下さい。