ISO情報

CSRからESGへ(1)

ISO 26000というISO規格をご存知でしょうか。
2012年に発行された「社会的責任に関する手引」というタイトルのガイドライン文書です(英語の原文は2010年発行、JIS規格発行は2012年)。ISOの文書では、対象を企業に限定することなく、自治体等の団体も含めた上での対応につなげるためにCSRのC(Corporate)を除外してSRという名称になっていますが、一般的にはCSRという用語で広く使われていますので、ISO 26000はISOが発行しているCSRに関するガイドライン規格という整理で本稿を進めさせていただきます。

CSRは日本語では「企業の社会的責任」という言葉で認識されています。ここで求められていることは、社会に認められるために企業が守るべきこと並びに現状以上にプラスの評価を顧客や市場から受けるために取り組むべきことを明らかにしていく、という捉え方をするのがよいでしょう。その中で特に環境面が強く意識されています。
2000年代前半、エコブームの高まりと共に、上場企業の間では環境報告書を作成、公表する流れがどんどん広がりました。名前の通り、自社が地球環境についてどのような負荷を掛けているか、そしてその対応策をどのようにとっているか、そしてそもそも環境負荷を低減させるためにどのような施策を取っているか、また取ろうとしているか。そのようなことを年に1回、それまで各企業が出していた年次報告書(アニュアルレポート)とは別に出すことが広がったのです。その環境報告書の発行の流れがほどなくしてCSR報告書に発展していったわけです。

ただし、それらの環境報告書がISO 26000に基づいて発行されているというわけではありません。環境報告書は、各社が自分たちで考える大事な視点でもって整理をし、さまざまな利害関係者に向けてメッセージを発信しているものです。ここでいう利害関係者とは、投資家のみならず、取引先そして消費者まで幅広い層を対象としていると捉えておくと良いでしょう。一般の方であってもホームページなどから各社の発行している環境報告書やCSR報告書を閲覧することができますし、また希望者は紙媒体に印刷したものを郵送してください、と申し込むことができます(もちろん各社とも無料で送ってくれます)。
それらの報告書とISO 26000は多くの企業で直接の関係はないとはいえ、ISO 26000は国際社会の動向を考える上で、押さえるべき観点の基本を整理している、と考えておくと良いのです。
詳細は規格文書を見ていただきたいのですが、目次(条項番号のタイトル)を以下に記します。

1 適用範囲
2 用語及び定義
3 社会的責任の理解
4 社会的責任の原則
5 社会的責任の認識及びステークホルダーエンゲージメント
6 社会的責任の中核主題に関する手引
7 組織全体に社会的責任を統合するための手引

このタイトルだけですと、何が書いてあるのかピンとこない、という感想をもたれる方が多いかもしれませんが、もう少し細かく見ていくと、昨今世の中である意味騒がれている、コンプライアンス、ガバナンス、ハラスメント、LGBTといったキーワードとのつながりを感じ取れるのではないでしょうか。以下に一部のより細かい条項のタイトルを記しておきます。

4.5 ステークホルダーの利害の尊重
4.6 法の支配の尊重
4.7 国際行動規範の尊重
4.8 人権の尊重

6.2 組織統治
6.3 人権
6.4 労働慣行
6.5 環境
6.6 公正な事業慣行
6.7 消費者課題
6.8 コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

あくまで一例ですが、労働慣行、労働条件の中でも常に気をつけておかなければならない若年者労働については、国際的に見ればとても大きな問題です。学校に通うことができずに働かざるを得ない、というような国、地域もあるわけですから、そのような地域への進出、工場建設を考える際には当然この問題は避けて通ることはできません。世界的に有名なメーカーであってもこの問題で国際的に糾弾される、という事例をご認識の方もいらっしゃるでしょう。義務教育が完全に浸透し、高校進学がほぼ当たり前、と言う日本ではなかなかピンと来ない状況ですが、国内だけを見るという視点で捉えることなく、世界の動向についても問題意識を確実に持っておきたい一つの例です。

そしてCSRを考える上で忘れてはならないことは「持続可能(性)な開発(発展)」というキーワードです。英語では“sustainable development”です。
CSRから離れますが、会計の世界ではゴーイングコンサーンという大事な概念、原則があります。あくまで企業はある年で事業活動おしまい、ということを前提にはしません。事業がうまく行かなくなって倒産というリスクは抱えていますが、前提としては永続です。来年も会社、事業が存続するということに基づいて様々なことが決められています。“sustainable development”は企業単体のことももちろん意識しますが、大きな観点で考えれば地球自体の持続可能性を考慮していることを組織は意識して日頃の活動に取り組み、そして利害関係者にその正しい活動を行っていることをアピールする必要があります。そのために活用されているのが環境報告書であり、CSR報告書です。
“sustainable development”は環境面だけを意識したわけではありませんから、環境報告書からCSR報告書に企業の情報発信内容が変わってきている理由、背景もご理解いただけるのではないでしょうか。

しかしながら、このCSRは特に大企業などではCSR部、CSR推進部というような名称を用いて独立したセクションが設けられるようになった一方、何かの話題としてCSRが取り上げられることはここ数年とても少なくなりました。熱しやすく冷めやすい日本人のメンタリティにも相通じる部分があるのかもしれません。

(次号につづく)