ISO情報

面談型力量試験から学ぶ中間管理職養成のポイント(その1)

ずいぶん前のことになります。ISO 9001の審査員になるためのJRCA承認ISO 9000審査員研修コースでは、最終日に行う試験において、ペーパーテストだけではなく、面談形式の口頭試問とも言うべき力量試験が行われていました。

10分間という短い時間の中で、力量試験員を相手に、課題に取り組み、不適合を指摘する実践形式の試験でしたので、受講者の皆さんには、物理的負担だけでなく、精神的負担も相当にかかった試験でした。

そしてその負荷のかかる試験が終わったあとに過去から現在にわたって変わらず設定されている2時間の筆記試験が行われていたのです。コースを受講され、そしてなんとしても合格をしたい、という方にとってはずいぶんハードルの高いものであったと思いますが、一方でその当時の試験は非常に意義があるものだったと今でもよく思い返します。審査員研修コースの持つ意義、位置付けを考えると、その思いは今も変わりません。

ISO業界では「パフォーマンス審査」という言葉がよく取り上げられています。お聞きになったことある方もいらっしゃるでしょう。

更に昔の話になっていきますが、平成15(2003)年7月、日本工業標準調査会適合性評価部会より出された管理システム規格適合性評価専門委員会報告書の中にある、「QMSに係る負のスパイラル」という資料にどうしてもその思いは行き当たります。
ISO業界では有名になったこの「負のスパイラル」という言葉、長くこの業界にいらっしゃる方であればお聞きになったことがある方が多いのではないかと思います。
(詳細資料をWebサイトで探し出すことが非常に困難になってしまいました。同資料をご覧になりたい方はテクノファまでご連絡ください。)

この負のスパイラルから脱却を図るために、業界関係者は日夜努力をしてきているつもりなのですが、残念ながらなかなか事態は良い方向に進んでいるとはいえません。
その責任の一端は、良質な審査員候補者をマーケットに送り出す責任を持つ、私共、研修機関にもあるわけですが、研修機関として担うべき役割を十二分に果たしているか?
と問われれば、

残念ながら絶対的に“YES”とは言えない、というのが正直な心境です。

先に、面談型力量試験がずいぶん昔になくなったことに対して、惜別の思いがあることを記しました。受講(受験)される方には間違いなくこの面談型試験は負担でした。

ですが、

あえて申し上げると、審査員候補者としての力量を正しく判断する、という面では、非常に効果のあるものであったと筆者は感じていました。
実はテクノファはJRCAから承認を受けているISO 9001の審査員候補者を養成している複数の研修機関の中では、最初から最後まで、面談型力量試験の積極推進派でした。それだけ大変であっても審査業界に対して優秀かつ潜在能力のある審査員候補者を送り出す仕組みがそこにあったと思っていたからです。

よって、この短期連載では、この面談型力量試験の実施を通じて得たことを皆さんと分かち合い、少しでもQMSの有効活用につなげて頂きたい、という思いで書き進めていきます。

前置きがだいぶ長くなり恐縮ですが、次回から3回に分けて配信をさせて頂きます。
どうぞ楽しみにお待ち頂ければと思います。