ISO情報

ISOの認証取得って大変なの?(その1)

 前回までの数回、ISO認証取得の価値、意義を簡単にご説明してきました。まだまだ十分なご説明とは言えないかもしれませんが、概要はご理解いただけたのではないかと思います。今回からは、認証取得をするためにどのような、そしてどのくらいの準備をすればよいかのお話をしますね。

 まず、いきなり結論として申し上げましょう。
 ISOの認証取得は、決して難しいものではありません。特別なことをしないといけない、ということは基本ありません。とは言っても、どの組織でも簡単に取得できるか、と言うとそんなことはありません。何しろ世界標準であり、そのステータスは国内だけでなく、国外でも通用するわけですから(すべての国、地域で、というわけではありません)。

 認証を取得するには、第三者認証機関(以前は審査機関と言っていました)から審査を受けて、対応するISOの要求事項の全項目を満たしていることを審査員に証明して貰う必要があります。審査を受けるにあたって審査工数というものがあります。何人の審査員で何日間にわたって審査を行うか、という数字算定の根拠が国際的にも決められているのです。その審査工数に見合う審査員の手配が行われ(小さな中小企業であれば審査員が一人、中堅規模の組織であれば審査員3名程度でしょうか)、その審査員が皆さんの組織に来て、対象部門の運営、活動状況を見て、合否判定をする訳です。ISOの要求事項というのは、クリアしていなければならない項目が規格書内に列記されているのですが、審査ではそのすべての項目のチェックを受けることになります。
 しかしその審査というのは、例えば要求事項の番号が1~100までつけられていて、上から順番にそれができているかどうかを見る、というものではありません。昔の審査ではそれに近いやり方がされていたとも言えますが、ISOの審査もどんどん進化しており、できるだけ審査を受ける組織の業務の流れに沿ってその適切性を見ましょう、というやり方に変わってきています。よって、創業間もない会社でない限り、会社が営業を続けているイコール、お客様に取引をしてもらえる製品を作ったりサービスを提供する仕組みをその組織は持っているわけですので、その仕組みがベースになっていれば、特にISO 9001の品質マネジメントシステムであればその要求事項の大半はクリアできていると言っても過言ではありません。
 もちろん一部の要求事項を新たに取り入れる必要があるかもしれませんが、今まで持っていた自社の仕組みにその部分だけ取り込んでより強い体質の会社になれば良いわけですから、決して難しく考える必要はありません。
 少し長くなってきましたので、次回に続けましょう。