ISO情報

経営者が取り組む必要があることって何?(その1)

 ISOへの取り組み当たっては、経営者の問題意識、そして経営者自身の取り組みが非常に大事です。今回から5回にわたってそのお話をしましょう。
 経営者は当然のことですが、自組織の経営に全責任を持っています。お客様満足をきちんと得続けているか、自組織はきちんと利益を上げると共に、永続性を確保した状態になっているか。その問題意識は、単に品質マネジメントシステムや環境マネジメントシステムに関する認証取得あるいはその維持、という部分的な視点ではありません。もちろんそれらのことを疎かにしてよい、という意味では全くなく、部分部分が確実な状態であってその上で全体が整った状態であることの全責任を経営者は負っているわけです。
 そのような視点で捉えていただき、その上でISO対応であれば経営者による確認、つまり規格用語で言うマネジメントレビューを行っていく、ということになります。この整理及び理解は、経営者ではなくてもISOに関わる全ての皆さんには持っていただきたいと思います。
 見方を社員の方々からの方向に変えれば、経営者に大所高所での判断をしてもらうためにマネジメントレビューの準備を事務局の方はしていく必要があるということになります。
 なんだか少し仰々しい書き方になってしまいましたね。
 簡単に言えば、ISOの運用において、経営者の方に経営者ならではの仕事を行ってもらう場のひとつがマネジメントレビューなのです。
 規格の言葉が「マネジメントレビュー」ですので、その用語をここでは用いさせてもらいましたが、経営者の見直し会議でも構いませんし、ISO経営者会議でも構いません。名前の問題ではなく、いつも同じこと申し上げますが、中身をどのようなものにするのかがISOの運用においてはとにかく大事なこと、という点は改めて述べておきますね。

 創業経営者が自分一人、あるいはごくわずかなスタッフの人と業務を行っている間は、ISOの認証取得は基本不要です。
 ある程度スタッフの数が増えていき、創業者一人ではとても手が回らない状態をスタッフの方が支援して事業拡大が進んでいく段階になれば、マネジメントシステム導入の意義、価値が出てきます。経営者が考えていること、実施しようと思っていたことは、なかなかすべてが全スタッフに対して以心伝心というわけにはいかないでしょう。だからこそ、仕事に取り組むにあたっての考え方、そして仕事の進め方について、決め事となっていれば、経営者に成り代わって対応する方の迷いも大いに減るというものです。
それは何も品質(ISO9001)とか環境(ISO14001)という部分対応だけでなく、経営全般についても同様のことが言えます。次回に続けたいと思います。