ISO情報

ISOって誰が勉強するといいの?(その1)

前回の記事「ISOって経営と関係ないんじゃないの?」で触れたことに重なる部分もありますが、ISOマネジメントシステム規格は誰が勉強すべきものなのか、ということで2回にわたって説明していきたいと思います。

まず結論から申し上げましょう。ISOって誰が勉強すればよいか、と言えば、それは「すべての社会人」ということになります。もちろんその読み解き方はその人の社会人経験、会社における立場によって全く異なってきます。ですがそれぞれの立場ISOマネジメントシステム規格を読み解いてもらうことで見えてくる新しい世界があるものです。
さあ、それではまずは学校を出たばかりの新入社員の方々を意識した読み解き方から説明を始めていきましょう。

① 新入社員にとってISOの勉強の仕方

新入社員の方々にとって大事なことはまず自分が就職した会社の業務そして一緒の働く先輩方に馴染んでいくことです。そのためには習うより慣れろの部分も多いのですが、やはり人間関係そして仕事の基本をわきまえた上で日々の活動を行うことができればそれに越したことはありません。朝の挨拶に始まり、御礼やお詫びをお客様や上司のみならず、周りの同僚の皆さんに対してきちんとできる人はやはり仕事の上でも早い段階から成果を挙げていくものです。基本をおろそかにすることなく日々の仕事に励みましょう。

その中で、仕事にいち早く馴染んでいく上で、ISOマネジメントシステムから学ぶことは何かといえば、全体像をしっかり捉えることです。規格要求事項の細かい内容を意識するのではなく、自社でもしISOの認証を取得しているのであれば、何の規格に関しての認証を取得しているのか、ということや、そのISO規格はそもそも何の規格なのか、という大枠をきちんと押さえることです。もし名刺にISO認証取得のマークや文言が入っている会社の方であれば、名刺交換をするイコール会社を代表して相手の方と向き合っているわけですから、例えば、名刺を受け取った相手の方から「御社はISO 14001の認証を取得されているのですね」といわれたときに「はい、弊社は創業以来品質第一で事業展開してきております」という頓珍漢な会話になってしまってはいけません。少々意地悪な書き方をしましたが、上記の会話のどこがダメかは大丈夫ですね。

ISO 14001は環境マネジメントシステムですから、そのジャンルの会話をしようとしている相手の人に、品質はとISO 9001を意識した返答をしていたのでは、残念ながら冒頭から失点してしまうビジネスミーティングということです。
余談はさておき、新入社員の方であれば、まずは自分の会社ではISOの認証を取得しているのかどうか、取得しているのであればどのISO規格の認証を取得しているのか、そしてそのISO規格は何を表象するものかはしっかり理解しましょう。

次回は若手社員にとってのISOの勉強の仕方に進みます。