• 情報セキュリティ
  • JRCA登録 CPD研修コース(ISMS)
  • CPD6時間

ISMS監査・審査のための管理策の理解向上コース(コースID:JD28)

30,000円 (税別) 会員価格 27,000円 (税別)


コース概要

JIS Q 27001附属書A A5.1~A18.2まで14の箇条、35の管理目的、114の管理策について、業務目線・資産目線の両方で解説、演習し、組織の活動に沿って実践的に学べるカリキュラム。JRCA登録 CPDコース(ISMS)(Webセミナーにも対応しています)

  • JIS Q 27001:2014の概要を一連の流れで解説、ISO/IEC27001箇条4~10と附属書Aの関係を学ぶ。
  • A5.1~A18.2までの14の箇条、35の管理目的、114の管理策を業務目線、資産目線に分類し、組織の活動・事業との関連について事例を用いて学ぶ。
  • 業務目線・資産目線で行う内部監査・審査において、完全性及び可用性・機密性について、「どのように管理されているか」、「どのように管理されていれば適合と判断できるのか」という、ISMSにおける審査・監査の着眼点を学ぶ。
  • 従来からある資産中心の審査・監査だけではなく、業務についての審査・監査の手法、着眼点を学ぶ。
  • 理解度確認では、どのように守られていれば(扱われていれば)適合と判断できるか、具体的な事例を用いた検討・討議で理解を向上させる。

こんな方におすすめします

  • JIS Q 27001(ISMS)の管理策並びに情報セキュリティ基準における管理策を理解したいISMS構築・運用ご担当者、内部監査員、審査員、コンサルタント
  • ISMS審査員のCPD取得を目的とされている方

注意事項

  • お一人様のお申込みの場合には、本ページ最下部日程の「空席有り」ボタンをクリックするとお申込みフォームに進みます。
    複数人でのコースお申し込みなど、それ以外のお申し込みの場合は、次の「お申し込み方法」のページから各お申込みフォームに進んでください。

Webセミナーの受講にあたり>※必ずご確認ください

(1)動作環境は、Zoomのホームページからご確認ください
  https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-PC-Mac-Linuxのシステム要件
  カメラ付き、マイク付きのPCまたはWebカメラ、マイクをご使用いただきます。

(2)Zoomは、スマートフォンからもご参加いただけます。
  https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201179966-iOSとAndroidのシステム要件
  ただし、Zoom機能に制限がありますので、予めご了承ください。
  また、Wi-fiではなく、携帯電話会社の通信網(4G等)を使用されると
  動画受信にかかる通信料が別途かかりますので、ご注意ください。

(3)Zoomは海外のサーバーを経由する場合もあり、Live配信の途中、
  音声の途切れや映像の乱れが生じる場合がございます。予めご了承ください。

(4)またご受講される通信環境により、音声の途切れ、映像の乱れが生じます。

(5) Zoomホームページからも動作確認テストができます。
  テスト参加に関する概要の説明ページ
  https://support.zoom.us/hc/ja/articles/115002262083
  テスト参加のホームページ
  https://zoom.us/test
  から試聴テストをお試しください。
 (クライアントアプリをダウンロードしなくてもお試しいただけます)

(6)Zoomの使用経験がない方のために、Liveを開催していますので、同時にお申し込みください。

(7)受講のご案内とともに、Zoomセットアップのご説明書をお送りします。

(8)受講されるコース当日のテキスト・演習教材・時間割等・ご請求書等は別途事前にお送りしています。

(9)Webセミナーの修了証は、セミナー時間のご出席(受講状況)の確認並びに理解度テスト等ご提出
 (メール・FAX・返信用封筒にて提出)後にご提出内容を確認の上、郵送にてお送りします。

コース特徴

JIS Q 27001の認証を取得しているISMS登録組織では、附属書Aにある管理策について、どの管理策を選択し実施しているのか適用宣言書で宣言し、運用しています。

また、JIS Q 27001附属書AとJIS Q 27002“情報技術−セキュリティ技術−情報セキュリティ管理策の実践のための規範”は、相互に関連し、経済産業省が発行・公開している“情報セキュリティ管理基準”にも参照されています。

このコースでは、管理目的単位で説明されている附属書AのA5.1~A18.2まで14の箇条、35の管理目的、114の管理策について、業務目線・資産目線の両方で解説、演習し、審査・監査の視点から、組織内の資産だけ見た監査・審査だけではなく、業務についての監査・審査についても理解を深めるカリキュラムとなっています。

カリキュラム

1日 9:30 ~17:00
●はじめに ISMSにおける管理策とは~ISO/IEC 27001箇条4~10と附属書Aの関係~ ●業務目線、資産目線の管理策の理解と監査・審査の視点 ●【演習】 理解度確認 組織が選択した管理策の監査・審査における確認事項 ●【理解度テスト】業務・資産ベースと関連する管理策のマトリックス作成

講師紹介

加藤 道明氏
 主任審査員(ISMS(ISJ-A00023)、ITSMS、クラウドセキュリティ、BCMS)
 一般財団法人日本科学技術連盟ISO審査登録センター所属
 金沢工業大学大学院卒 情報工学修士
 関西日本電気株式会社
 日本電気株式会社
 住商情報システム株式会社(現SCSK)
 2002年ISMS認証制度開始時に審査員資格取得、セキュリティソリューション課長を経て、現在、ローブライトコンサルティング株式会社 代表取締役

当コースのご案内

費用 【通常価格】税込価格:33,000円 (税別 30,000円)
【会員価格】税込価格:29,700円 (税別 27,000円)
証明書等
  • 修了証
割引
開催地 川崎・東京・品川・大阪
交通アクセス 各会場へのアクセスはこちら
定員 24名
日程 1日(9時30分~17時00分終了予定)
筆記試験 無し

日程・申込

  • (更新日:2020年06月29日)
開催No.3
2020年9月17日(木)
大阪
開催No.4
2020年9月30日(水)
品川
開催No.5
2020年10月6日(火)
川崎
開催No.6
2021年1月29日(金)
東京
開催No.7
2021年2月2日(火)
大阪
開催No.8
2021年3月8日(月)
品川