• 環境
  • コースID:SE47

一般社団法人カーボンオフセット協会 協力
リスクをチャンスに!!企業価値を高めるカーボンマネジメント~入門編~

9,000円 (税別) 会員価格 8,100円 (税別)


コース概要

気候変動を取り巻く国内外の動向(世界の潮流)から、企業が気候変動に取り組む必要性・実務の概要をお話し、カーボンマネジメント体制を構築するための一歩を踏み出すためのポイントを学びます。

  • 国内外の動向を理解することにより、カーボンマネジメントへ取り組む意義を理解
  • 様々な動きを紹介し、自社にマッチした取り組みが何かを見つけることができます
  • 取り組むにはどれくらいのコスト・労力がかかるのか概要を把握

こんな方におすすめします

  • 組織でカーボンマネジメント業務(算定・情報開示等)に携わる方(環境/CSR部署、経営、企画、広報、IR部門など)
  • GHG排出量の検証業務を行う検証機関の方、検証人
  • 個人コンサルタント、ISO 14001審査員等
  • カーボンマネジメントは、経営戦略を含め、企業活動全てに関係しています。環境・ISO 14001担当部門の方に限らず、CSRや経営企画部門の方、さらには広報、IR部門の方もご参加ください。

注意事項

  • お一人様のお申込みの場合には、本ページ最下部日程の「空席有り」ボタンをクリックするとお申込みフォームに進みます。
    複数人でのコースお申し込みなど、それ以外のお申し込みの場合は、次の「お申し込み方法」のページから各お申込みフォームに進んでください。

コース特徴

2015年9月に国連サミットで採択された『SDGs(持続可能な開発目標)』、同年12月、すべての国を対象とした地球温暖化対策の国際協定『パリ協定』の採択を受け、世界は持続可能な社会へ向けて大きく動き出しています。

パリ協定では、「世界の平均気温上昇を産業革命以前に比べて2℃より十分低く保ち、1.5℃に抑える努力をする」という長期目標が合意されました。そして、2018年12月に開催されたCOP24において、パリ協定の実施ルールが決定され、2020年からのパリ協定スタートに向けて本格的に動き出そうとしています。

また、昨今、世界中で猛暑や豪雨などの異常気象が頻発し、気候変動の影響が顕著になりつつあり、気候変動は「環境」という枠を超えた世界共通の社会課題であるという認識に変わりつつあります。

このような背景を受け、企業には「”脱“炭素経営」が強く求められており、今後、企業が排出できる炭素には、ますます制限がかけられていくと考えられます。 実際に、化石燃料資産は、座礁資産(不良在庫)となるリスクがあるとして、投資家らがポートフォリオの見直しを始めています。

また、脱炭素社会への変化に企業が適応できるか否かを、投資家達が見極めようとする動きも活発化してきており、企業に対して、

  • スコープ3を含む温室効果ガス排出量の把握
  • SBT(企業版2℃目標)の設定
  • CDP質問書への回答 気候関連財務情報の開示

など
気候変動関連に対する取組みの要請は高まりを見せています。

このように、気候変動は、社会・企業の事業活動を脅かす"深刻なリスク"であることは、周知の事実になってきています。 企業は、これらのリスクに適切に対処する一方で、ビジネスチャンスととらえ、本業に組み込み、脱炭素経営に向けたカーボンマネジメントに本格的に取り組んでいかなければならないところにきています。

しかし、カーボンマネジメントに取り組むにあたって、 様々な動きがある中で、

  • 当社は何に取り組めばよいの?
  • どのように取り組めばよいの?
  • 取り組むにはどれくらいのコスト・労力がかかるの?

などなど、心配ごとはたくさんあると思います。

当セミナーでは、企業経営における脱炭素化のグローバルな流れを俯瞰的に理解いただき、今後、脱炭素経営を進めながら、企業価値を高めるためのカーボンマネジメントの実務の概要を学びます。

◇◆◇用語の説明◇◆◇
※CDP(カーボン ディスクロージャー プロジェクト):2000年に英国で設立したNGO。機関投資家を代表して、選定した企業に対し、気候変動等に関する情報開示を要請している。データを分析し、機関投資家へ情報開示を行っている。
※ESG投資(Environment Social Governance):投資するために企業の価値を測る材料として、従来のキャッシュフローや利益率などの定量的な財務情報に加え、非財務情報であるESG要素を考慮する投資のことを、「ESG投資」と呼んでいる。
※SBT(Sciense Based Targets):世界の平均気温上昇を「2℃未満」に抑えるために、企業に対して科学的な知見と整合した削減目標を設定するよう求めるイニシアティブ。企業版2℃目標とも呼ばれている。
※SDGs(Sustainable Development Goals):持続可能な開発目標。2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016~2030年の15年間で達成するために掲げた17の目標と169のターゲットが設定されている。
※TCFD(Task Force on Climate- related Financial Disclosures):気候関連財務情報開示タスクフォース。FSB(金融安定理事会)の下に設置された、民間主導による気候変動関連財務情報の開示に関するタスクフォース。
※RE100(Renewable Energy 100%):2014年に発足した、使用する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる組織が加盟している国際イニシアティブ。 2019年2月16日時点で、大手企業を中心に、世界全体で164社が加盟。
※スコープ3(Scope3):温室効果ガス排出量の算定・報告範囲(スコープ)の1つ。スコープは、スコープ1(直接排出量:自社の工場・オフィスなど)、スコープ2(間接排出量:電力など自社で消費したエネルギー)、スコープ3(その他の間接排出量)。CDPをはじめ、企業が間接的に排出するサプライチェーンでのGHG排出量としてスコープ3を管理し、対外的に開示する動きが強まってきている。

 

カリキュラム:
●第1部:気候変動を取り巻く国内外の動向(企業がカーボンマネジメントに取り組む背景・理由)
・気候変動問題の理解(科学的側面とIPCC、気候変動枠組条約の歴史・構造、パリ協定)
・最近のトピック(日本の排出目標と長期戦略、Carbon Pricing、再生可能エネルギー、石炭火力と原子力、航空業界における動き:CORSIA)
・政府規制と自主目標/測定/対策
・既存の政府/業界団体の枠組み(省エネ法概要、温対法概要、経団連の取組み)
・緩和対策(エネルギー問題とのかかわり、国際・国内制度、市場メカニズム、規制と自主他委託、GHG MRV)
・適応対策
・ビジネス面のおける考え方(規制対応、コスト削減、便益とリスク、社会の方向性をどう見越し、それにどう対応するか)
●第2部:企業におけるカーボンマネジメント(自主的取組)実務の概要
・カーボンマネジメントと企業排出量インベントリ
 -スコープ1・2・3の考え方、排出量計算の概要と事例
 -目標設定(SBT)
 -削減活動(RE100)
 -情報開示(CDP質問書、TCFD提言、SDGs)他
・カーボンオフセットと排出削減クレジット(クレジットの種類、市場状況、認証制度)
・企業等の自主的取組の実例(日本企業の動き、海外企業の動き、自治体の動きなど)
※カリキュラムの一部が変更になることがあります。

カリキュラム

13:30 ~17:00(予定)
●第1部:気候変動を取り巻く国内外の動向(企業がカーボンマネジメントに取り組む背景・理由) ●第2部:企業におけるカーボンマネジメント(自主的取組)実務の概要(詳細は、コース特徴欄をご覧ください)

講師紹介

高い専門知識をもつ2名の講師が担当いたします。

松尾 直樹(まつお なおき)氏

  • 株式会社PEARカーボンオフセット・イニシアティブ 代表取締役
  • 有限会社クライメート・エキスパーツ 代表取締役
  • 公益財団法人地球環境戦略研究機関 上席研究員/シニアフェロー
  • 一般社団法人カーボンオフセット協会 顧問
  • 慶應義塾大学大学院非常勤講師 等

大阪大学理学研究科物理学専攻で博士号を取得後、1991年に(財)日本エネルギー経済研究所に所属して以来、気候変動およびエネルギー分野の専門家として、シンクタンク研究者、コンサルタント、民間事業者(とくにBOPビジネス)、大学教官などのステータスで活躍。国際制度、技術面、ビジネス面、市場面等、幅広い知見と活動実績を持つ。 京都議定書の市場メカニズムであるCDMでは世界最初の方法論承認を獲得した実績や、気候変動枠組条約の各国の国別報告書の審査プロセスのリードレビューアーのひとりとして20年以上の経験も持つ。

 

山本 裕子(やまもと ゆうこ)氏

  • 株式会社ウェイストボックス 環境ソリューション事業部
  • 一般社団法人カーボンオフセット協会

重工業メーカーにてエネルギー・航空分野の営業・プロジェクト管理に従事。英Nottingham University Business School MSc Entrepreneurship Sustainability pathway修了後、(株)ウェイストボックスに入社。主に、サプライチェーン排出量(Scope1,2,3)算定支援、CDP質問書回答支援等を担当している。

 

 

 

 

当コースのご案内

費用 【通常価格】税込価格:9,900円 (税別 9,000円)
【会員価格】税込価格:8,910円 (税別 8,100円)
証明書等
  • 修了証
割引
備考 東京:アットビジネスセンター東京駅八重洲通り(JR東京駅八重洲口・徒歩10分、日比谷線八丁堀駅・徒歩2分)
https://abc-kaigishitsu.com/tokyo_yaesudori/access.html
名古屋:名古屋国際センター(JR名古屋駅・徒歩7分、地下鉄国際センター駅・直結)
http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/aboutnic/access/
税額は予定の10%で記載しております。

開催地 東京・名古屋
交通アクセス 各会場へのアクセスはこちら
定員 40名
日程 半日(13:30~17:00)(予定)
筆記試験 無し

日程・申込

  • [コースID:SE47]
  • (更新日:2019年09月03日)

東京:アットビジネスセンター東京駅八重洲通り(JR東京駅八重洲口・徒歩10分、日比谷線八丁堀駅・徒歩2分)https://abc-kaigishitsu.com/tokyo_yaesudori/access.html 名古屋:名古屋国際センター(JR名古屋駅・徒歩7分、地下鉄国際センター駅・直結)http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/aboutnic/access/

開催No.1
2019年10月25日(金)
東京 アットビジネスセンター東京駅
開催No.2
2019年11月28日(木)
名古屋 名古屋国際センター