• 品質
  • JRCA登録 CPD研修コース(QMS/EMS/ISMS/OHSMS/FSMS)
  • CPD 5時間20分

「ヒューマンエラーを防止するための処置」の実践と応用の進め方 ~マネジメントシステムにおけるヒューマンエラー管理技術~(コースID:ME85)

33,000円 (税込) 会員価格 29,700円 (税込)


コース概要

マネジメントシステムでヒューマンエラー防止策を構築する!
場当たり的な対応ではなく、仕組みとしてのヒューマンエラー防止策を構築するためのポイントを解説いたします。
2021年度より、EMSのCPDコースとしてもご活用いただけます。[Webセミナーにも対応(定例開催はZoomのみ)]
※講師派遣型の場合はZoom、Teamsを選べます。

こんな方におすすめします

  • マネジメントシステム推進担当者・事務局
  • マネジメントシステム審査員・コンサルタント

注意事項

  • お一人様のお申込みの場合には、本ページ最下部日程の「空席有り」ボタンをクリックするとお申込みフォームに進みます。
    複数人でのコースお申し込みなど、それ以外のお申し込みの場合は、次の「お申し込み方法」のページから各お申込みフォームに進んでください。

  • Webセミナー受講の方へ

    <Webセミナーの受講にあたり>※必ずご確認ください

    【Webセミナーの注意事項】
    (1)Webセミナーのご受講には、Webカメラ、マイクが必要です。(常時Webカメラでの受講状況を確認させていただいております。)
    (2)受講されるコース当日のテキスト・演習教材・時間割等・ご請求書等は別途事前にお送りしています。
    (3)修了証は、ご出席(受講状況)の確認並びに理解度テスト等ご提出(メール・FAXにて提出)後に内容を確認の上、郵送にてお送りします。
    ※2021年5月1日よりWebセミナーの証明書はPDF版の送付に変更となります。

コース特徴

製造業然り、サービス業然り、あらゆる業種、業態において、人が関わる以上、「ヒューマンエラー」は切り離せない懸念事項の一つです。

人が作業に携わる以上、作業ミスは起こり得るものですが、起きた作業ミスを単に力量不足で済ませるのではなく、マネジメントシステムの中で作業ミスを減らす仕組みを構築していくことが、組織が取り組むべき一歩踏み込んだヒューマンエラー対策と言えます。

当コースでは、仕組みとしてのヒューマンエラー対策の方法を考える力を養う事を目的に、講義と演習を通して、マネジメントシステム運営における人的要因による不具合防止について、ヒューマンエラーを想定する技術、ヒューマンエラーに対するポカヨケ活用の知識、ヒューマンエラーを考慮した製品設計、工程設計をマネジメントシステムに組み込み、効果的に運営するポイントをご理解いただきます。

カリキュラム

10:00 ~17:00
●ヒューマンエラーの基礎知識と対策の考え方 ●ヒューマンエラーを想定する技術 ●ポカヨケ思考の要点とヒント ■演習:逆走防止 ●マネジメントシステム活用の要点  ※カリキュラムは変更になることがありますので、予めご了承願います。

講師紹介

鈴木 信吾(すずき しんご)講師

•元アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
•主な著書(『重点志向型内部品質監査(システム規格社)』、『「ヒューマンエラーを防止するための処置」の考え方(月刊アイソスへ寄稿)』)

当コースのご案内

費用 【通常価格】税込価格:33,000円 (税別 30,000円)
【会員価格】税込価格:29,700円 (税別 27,000円)
証明書等
  • 修了証
割引
開催地 川崎・東京・大阪・Web
【講師派遣型セミナー可】
交通アクセス 各会場へのアクセスはこちら
定員 24名
日程 1日間 (10時開講、17時終了)
筆記試験 無し

日程・申込

  • (更新日:2021年05月06日)
開催No.14
2021年7月6日(火)
川崎
開催No.15ZW
2021年9月2日(木)
Web Zoom開催
開催No.16
2021年9月16日(木)
大阪
開催No.17ZW
2021年11月24日(水)
Web Zoom開催
開催No.18
2022年1月28日(金)
川崎
開催No.19ZW
2022年3月9日(水)
Web Zoom開催