ISO情報

ISO内部監査って何?どうやるの? (その2)

●ISO内部監査で答える側を務めることになりました

 私、営業部の鈴木一郎です。
 前回、営業部に来て半年、ついにISO内部監査でのお役目を頂戴することになったわけですが、何せ未体験ゾーンなので部の会議でも宇宙人対応をしてしまい、部長から居残りを命じられたところまでお話をしました。
今日はそこから再開します。

 部長もできた人で、思ったことを深く考えもせずに言ってしまった私をその場では叱責することもせずに、居残り、という形で諭してくれたわけです。
 居残り会議では、きついお灸をすえられるのか、と少々身構えていたのですが、開口一番
 「ISO内部監査のこと実はお前は何にも知らないのか?」
と単刀直入に聞かれ、「はい」と答えると
「仕方がないな、面倒でしょうがないが、まあここできちんと理解しておけば大丈夫だから30分だけの特別講義をしてやるぞ!」
 とちょっと恩着せがましかったのですが言ってもらえて、初めてISO、そしてISOの内部監査についてのレクチャーを聞くことができました。
 今日は恥ずかしい限りですが、その特別講義の内容を覚えている限りここに再現しますね。お付き合いよろしくお願いします。

 「さあ、鈴木さん、まずこれはさすがに大丈夫だと思うが、当社がISOの認証を取得しているということはわかっているよね」
 「はい、大丈夫です。環境に関する認証取得をしています」
 「うん、よかった。ではその認証を取得しているISOは何番だったかな?」
 「えっ、ISOの番号ですか?」
 「そう、ISO●●という番号。名刺にも刷り込んであるんだけどね・・・」
 「えっ、名刺にも刷り込んである???」
 早速鈴木さん、部長に攻め込まれて旗色悪しです。

 部長も困り顔で、
 「なあ、鈴木、営業マンは商品のことをわかって、いろいろお客様に提案していくことが大事な仕事なんだが、自分の会社のことも理解しておかないと、大事な営業の時にこけるもんだぞ。名刺にISO何番認証取得、と刷り込んであるのは知っているよな」
 「はい、それは毎回名刺を使う時にも見ていますので・・・」
 「見ていても頭に入っていないんじゃ、見ていないのと同じってわかるかな・・・」

 「はい・・・・・」
 「確かにわが社は環境に関するISO規格の認証を受けている。これはその通り。もう何年もたつだろうけど、君が受けているはずの新入社員研修の時から教わっているじゃなかったかな。番号自体を覚えることはそれほど重要なことではないんだけれど、この環境の規格というのはISO 14001という番号が付けられているんだよ。それ以外では、わが社では認証は取得していないけれど、品質に関するISO規格があるのは聞いたことがあるかな」
 「はい、番号は・・・・・思い出せませんが、品質のISO規格があることは聞いたことがあります」
 「うん、ならまあいいだろう。因みに品質はISO 9001番だ。このISO規格が当社においてどのような意味を持つのか、ううん、この言い方じゃあ、わからないかな。まずわが社ではISO 14001の認証を取得している。そこは良しとして、そのことがどのような意味を持つことなのか。お客様に「なんでISO 14001の認証を取得されているのですか」と聞かれたらどのように答えるつもりかな。意地悪だが、今まで担当してもらっているお客さんは長年お付き合いのある所ばかりだから、今更ISO 14001の話なんか持ち出してこない、ということだよなあ。だから君は今までISOについて知らないことがたくさんあるのに無事やってこれた、というわけなんだよな」
 「そうなんですね・・・」
 「まあ、そういうことだ。おっと、話を戻してわが社がISO 14001の認証を取得している意味、何か思いつくことあるかい?」
 「はい、環境にやさしい会社ということです」
 「まあ、大きな言い方をすればそうだな、ではもう少し具体的に言うと・・・」
 「えっ、もっと具体的にですか・・・」 

(まだまだ話は長いので、いったんここで区切って、次回に続けます)