ISO情報

内部監査の実践(その13)

本シリーズ「内部監査の実践」では、A社のB事業本部のQMSをISO9001:2015に沿って、具体的にどのように監査するかを、実例を中心に説明したいと思います。
その際、内部監査とマネジメントレビューに関する質問100選2019.11.1」
https://www.technofer.co.jp/iso/mr-qa100-01/)、及び
「ISO 19011に準拠した内部監査に関する質問50選」を随時参考にしていきます。
https://www.technofer.co.jp/iso/hirabayashi-room/

品質マニュアルは従業員全員が知っているべき文書ですが、実際は品質マニュアルを使う場面が来ないと読まないのが現実だと思います。内部監査員も監査の時に品質マニュアルを改めて読むという方が多いと思います。
品質マニュアルは内部監査の基本文書となるもので、内部監査員は事前に必ず読んでおくことが必要です。加えて、品質マニュアルに記載されている標準書を事前に読んでおくことが推奨されます。

A社B事業本部の品質マニュアルの続きです。

【品質マネジメントシステム構成事項】
12 教育・訓陳
(1) B事業本部の教育・訓練は人事部が主管し,教育訓練標準(KHR 103)に従って実施される。
(2) B事業本部は,教育・訓練終了者には教育訓練標準(KHR103)に基づき教育・訓練終了証書を発行する。
(3) 以下の特定業務に従事する者には,業務を主管する部門が教育・訓陳を実施し,資格を授与する。
 ① 特殊工程従事者     製造部
 ② 最終検査・出荷検査員  品質保証部
 ③ 計測器校正員      本社品質保証室
 ④ フォークリフト運転者  技術部
 ⑤ 内部監査員       生産管理部
(4) 人事部は,教育・訓陳に関する記録を,従業員が在籍している期間,保管する。
☆ 教育訓陳標準    KHR 103

次回もA社品質マニュアルの続きを示します。
(つづく)