ISO情報

PDCAを回すってどういうこと?(その1)

 まず、PDCAとは何か、ということから始めましょう。
 PDCAはそれぞれ、P(Plan)、D(Do)、C(Check)、A(Act)の略です。PDCAサイクルとか場合によってはデミングサイクルという言葉でお聞きになったことがある方もいらっしゃるでしょう。
 戦後アメリカのデミング博士が日本の製造業の復興のために指導に来日し、伝授したのがこのPDCAサイクルの考え方であり、デミング博士の名前をとってデミングサイクルという言い方もされるようになりました。
 このPDCAサイクルがISOマネジメントシステムの中では主要な概念として取り入れられているのです。

 ISO9001では下記の図が0.3.2項にありますし、

 ISO14001でも下記の図が0.4項にあります。

 完全に同じ図ではないのでISO関係者としては皆様に対して申し訳ない気持ちになるのですが、両者共に言いたいことは同じであることを感じ取っていただければ幸いです。
 大事なことは、P、D、C、Aそれぞれが独立したものではなく、つながっているということです。それぞれの図において矢印で示されている部分ということです。そしてAからPにも矢印があることで、このサイクルが連続しているものであることもご理解いただけるでしょう。
PDCAサイクル1周しておしまい、ということではないのです。ある計画を実行し、その結果が妥当なものであったのか、所期の目標に到達するものであったのかどうかの確認そして評価を行い、更にその結果から次に何をつなげることができるのか、改善することができるのか、ということの検討を行い(場合によっては検討に留まらずそこで何か手を打つことまであるでしょう)、次の計画につなげることなのです。
 経営で考えればそのサイクルは1年間ということにもなるでしょうし、一つの製品ということで考えれば、1日が一つのサイクルの単位になるかもしれません。その部分には一切の制約はありません。

 大事なことはつながっている、それもAから次のPにつながっている、ということです。
 そして、そのサイクルの回転スピードができるだけ早いものであればあるほど、組織として活性化が高いレベルにあるといって間違いありません。進んではいるけれど亀の歩み、という状態では決して好ましい経営状態とは言えません。もちろん長い歴史のある大企業と、生まれたばかりのベンチャー企業ではそのスピードの比較をしても意味はありません。考えるべきは、自分たちにとってのそのPDCAサイクルを回すスピードが妥当かどうか、遅くなってはいないか、という視点を常に持ち続けることです。
 そしてPDCAサイクルを考える上での大事なもう一つの視点については次回に回したいと思います。