ISO情報

ISO規格要求事項って何?(その1)

ISO9001やISO14001などの規格は、一つの呼び方として「要求事項規格」という言い方をします。その対比としてISO9004やISO14004という規格があるのですが、これらはガイドライン規格という言われ方をしています。
何が違うかといえば、表面的(文書の形式)な見方から入りますが、ISO9001やISO14001は英語の原文で“shall”という用語が用いられていることで、この言葉を用いている規格は要求事項規格という分類になります。一方のISO9004やISO14004は“should”という用語が用いられています。この用語を用いた規格文書はガイドライン(日本語では指針と訳しています)として世の中に送り出されているのです。

学校で習った英語の感覚からすれば、“should”の方が「何々すべきである」という訳語を思い浮かべるかと思います。こちらの方が“shall”より強い意味合いになると一般的には解されると思いますが、ISOでの用語の用い方は、あくまで“shall”が要求事項で日本語に訳す場合は「何々しなければならない」、“should”の方が「何々することが望ましい」という訳語が当てはめられることになっています。
とは言え、このことは規格作成者やISOの専門家が理解し使い分けをしなければいけない内容のことであり、規格のユーザーの皆さんは英語の原文は気にすることなく、「~しなければならない」が要求事項を表し、「~することが望ましい」はガイドライン文書(参考指針)であることを理解いただければ十分です。
そしてもう一つ理解しておいて頂きたいことは、ISO9001やISO14001の認証を取得したいと皆さんの所属される組織が考えた、あるいはすでに認証は取得してそれを維持し続けたいと考えている場合は、ISO9001やISO14001の規格内に書かれている要求事項すべてを満たす必要が原則としてある、という点です。

審査を受けると適合・不適合という言葉を聞くことになります。皆さんの所属企業の状況がどのような状態か、ということによって、適合か不適合かの判定が行われるわけですが、何に対しての適合か不適合かというとISO9001やISO14001の規格要求事項に対して、ということなのです。
認証を取得するとは、規格の中で規定されている100を超える「~しなければならない」のすべてに対して、できているかどうかの評価判定が行われ、すべての「~しなければならない」についてOKという状態であることが確認されると認証が取得できる、ということになります。
100を超える要求に対してすべて満たした状態を作り上げる、維持するということは決して易しいこととは言えません。だからこそ認証を取得することによって取引先に認められることにつながるわけです。

次回に続けます。