ISO情報

ISOの審査会社ってたくさんあるの?どうやって選ぶの?(その1)

 ISOの認証を取得したいと組織の方が考えた場合、まず検討していかなければならないことはどの規格で認証を取るのかという点です。取引先からの要求の場合などであれば認証を取得すべき規格が指定されているでしょうから悩む必要はないはずです。一方、自主的に取り組む場合はこの検討からスタートすることになり、その上で次の段階の検討として、どの審査会社を選ぶかということに進んでいくはずです。

 審査をする会社のことは通称、審査機関あるいは認証機関と呼びます。
日本国内で活動している審査機関の数は、筆者も正確にはつかんでおりません(ご容赦ください)。ですが現在活動している審査機関の数は60社とも70社とも言われており、非常に多くの会社がISOの審査業務を行っていることは間違いありません。ISO規格発祥の地とも言えるイギリスでは100社を超える審査機関が存在する、と聞いたことがあります。

 さあ、ではそれだけたくさんある審査機関の中でどの組織を選べばよいか。
これはとても悩むことになると思います。知り合いの方の会社が認証を取得していれば、どの審査機関を使っているのか、そしてその内容はどうかということを教えてもらうこともできるでしょう。ですが、ISOの審査機関とのお付き合いは、ほぼどの組織でも1社としかありません。場合によっては、ISO 9001ではA審査機関、ISO 14001ではB審査機関と使い分けている組織もありますが、それはあくまで例外的なお話です。こちらのケースもまだ少数派ですが、ある程度認証を取得して年数が経つと審査機関を変更する、という組織も出て来ます。とは言え、そのような会社の方であってもせいぜい取引をした審査機関は2社あるいは多くても3社というのが実態です。なかなか一般のものを購入する際のように複数のものを見比べるということが難しいのが審査機関選びのネックの一つになるでしょう。

 さて、では実際に審査機関を探すとなると、幾つかのチェックポイントがあります。以下に列記しますと、

a.認定機関から認定されている審査機関か?
b.どの認定機関から認定されている審査機関か?
c.審査機関の認証範囲が自社業務とあっているか

 この3点は必ず確認して欲しい項目になります。とは言え、日本で一番プレゼンスのある認定機関は公益財団法人日本適合性認定協会であり、その認定を取得している審査機関から選ぶというやり方で始めれば、上記項目ではc項だけを意識すればよいことになります。
 認定機関に関しては、「ISOマネジメントシステムの認証制度って何?」のところで説明をしております。認定機関って何だったかな?と思われた方はそちらをご覧ください。

 そして次のポイントになってくるのがより実質的な検討項目です。

d.どのようなポリシーで審査を行う審査機関か?
e.どのような審査員(経験分野、そして経験年数)がいるか?
f.料金は?
g.付帯サービスは?

という項目について確認していくことになります。
そろそろ長くなりましたので次回に続けたいと思います。