ISO情報

ISOってどのくらいの会社が認証取ってるの?(その1)

ISOマネジメントシステムは、1987年にISO 9001の規格が誕生することによってそのあと認証制度が生まれ現在に至っています。
ISO 9001のあとにISO 14001の市場が生まれ、現在ではそこから数多くの規格に対する認証市場が成立しています。

主要な認証市場として、ISO 9001(品質)、ISO 14001(環境)を始めとして、情報セキュリティのISO/IEC 27001、食品安全のISO 22000、労働安全衛生のISO 45001(OHSAS 18000からの移行が今後進みます)が挙げられます。これらほどの広がりには至っていませんが、医療機器のISO 13485、事業継続のISO 22301、エネルギーマネジメントのISO 50001などの市場があると共に、ISOのマネジメントシステム規格ではなく、業界団体により作られ、その上で国際的な認証市場が広がっているものとして、自動車のIATF 16949、航空宇宙のAS 9100(両規格ともISO 9001をベースにしています)も挙がられます。

さて、今回はそれらの規格の市場と言っている認証取得組織がどのくらいあるのか、ということをお示ししたいと思います。
但し、認証取得組織数については正確な数値を意識する、ということではなく、概数の把握を優先的に考えてください。
なぜかというと、ISOはあくまで民間組織が自主的に対応するものであることから、その数字を掌握する中心的機関の存在がないともいえるからです。

日本国内についてであれば、公益財団法人日本適合性認定協会(通称:JAB)が中心的役割を果たしています。これからお見せする数字もJABによる統計数字になります。このJABは以前ご説明したように、審査を行う審査会社(認証機関)の活動内容が国際基準に則っているかどうかを審査し、合否判定する機能を担う認定機関です。日本で活動を行う認証機関のほとんどはこのJABから認定を取得して、日本におけるISO認証活動を行っています。

しかしながら、それ以外にJABと同じ機能を持つ海外の認定機関が多数あります。その海外認定機関から認定を取得してISOの審査活動をしている認証機関、いわゆる外資系の認証機関はたくさんあるのです。その外資系認証機関で日本における活動を行っている機関についての全貌を把握するのは少々骨が折れることになります。

肝心の数字を記さないといけませんね。JABが公表している情報からの転載です。

規格 認証組織数
ISO 9001(品質) 44,284
ISO 14001(環境) 22,956
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ) 6,233
OHSAS 18001(ISO 45001)(労働安全衛生) 1,750
ISO 22000(食品安全) 1,230
AS 9100(航空宇宙) 698
ISO 13485(医療機器) 1033

出典:公益財団法人日本適合性認定協会
マネジメントシステム認証組織件数(2017年度末)
https://www.jab.or.jp/files/items/5/File/QuartelyFigures-CertifiedOrganization-2018Q1.pdf

今回は一旦ここまでとし、次回に続けたいと思います。