• 品質
  • コースID:TQ91
  • JRCA登録CPD研修コース(QMS)申請予定

総合的品質マネジメント基礎編 日常管理/方針管理コース

28,000円 (税別) 会員価格 25,200円 (税別)

2019年度テクノファセミナーのご案内の内容から受講費用が変更になっております。ご了承ください。


コース概要

ISO 9001に基づく"QMSの有効性を高めたい"と考えている方におすすめのコース。QMSの運用を効果的なものにするための維持向上の活動「日常管理」と、現状を打破し、改善・革新を推進するための活動「方針管理」について、具体的な事例を交えて学びます。

  • 日本の品質管理・品質保証をリードしてきた(一社)日本品質管理学会(JSQC)が開発・制定した規格に準拠したコース
  • 講師は全員、JSQC規格作成に携わったメンバー
  • 規格の理解に加え、推進・運用方法の事例を紹介
  • 適宜、ミニ演習を交え理解を促進
  • 【特典①】事前学習(ビデオ講義)を用意。コース受講前に総合的品質マネジメント(TQM)の概要を理解することができます。簡単な理解度確認も用意しています。
  • 【特典②】JSQC規格進呈(日常管理の指針・方針管理の指針)

こんな方におすすめします

  • QMSのパフォーマンスが上がらずお悩みの組織の方々
  • QMS/品質保証の活動に携わる実務担当者
  • QMS推進担当者・事務局
  • 経営層、管理層の方
  • ISO 9001(QMS)審査員、QMSコンサルタント

    ※TQMは、製造部門のみならず、設計・開発、営業、アフターサービス、管理・間接部門(スタッフ部門)にも有用です。

注意事項

  • 受講費用には、(一社)日本品質管理学会発行の「日常管理の指針」及び「方針管理の指針」の規格書の費用を含みます。
  • お一人様のお申込みの場合には、本ページ最下部日程の「空席有り」ボタンをクリックするとお申込みフォームに進みます。
    複数人でのコースお申し込みなど、それ以外のお申し込みの場合は、次の「お申し込み方法」のページから各お申込みフォームに進んでください。

コース特徴

ISO 9001を認証取得していても、QMSパフォーマンスがなかなか上がらない品質問題がなかなか減らない、という問題を抱え、何か良い方法はないかと悩んでいる組織も多いでしょう。

そのひとつの要因に、ISO 9001は要求事項を規定した規格であり、What(しなければならないこと)は示しているが、具体的な管理方法(How)は示していないことがあげられます
QMSのパフォーマンスを高めるためには、QMSの下に繰り広げられる具体的な活動の管理方法が有効でなければなりません。

そこで、活用できるのが、総合的品質マネジメントシステム(TQM)による取組みです。
TQMは、ISO 9001には明示されていない『How(どのように行うか)』の部分を補うことができます。
ISO 9001を認証取得している組織は、ISO 9001とTQMをうまく融合していくことで、全社的なパフォーマンス、製品・サービスの品質の向上をはかることが可能となります。

TQMを、組織が活動していく場合の要素(ブロック)にわけると、
①新製品・新サービス開発管理、プロセス保証
②日常管理、方針管理、小集団改善活動
③品質管理教育              に分類することができます。

当コースは、これらTQM活動要素のうちの「日常管理」と「方針管理」に焦点を当てたコースとなっています。

図.TQMの活動要素(出典:「日常管理の指針」、図2を一部改変)

日常管理は、ねらい通りの製品・サービスを生み出すために、業務を『維持・向上』させていくために必要な取り組みすべてを指します(基準に沿って業務を進めるために、その管理の指標となる管理項目・管理水準・点検項目・異常検出時の処置方法などを定め、発生した問題の解決と再発防止を行うことまで含みます)。

日常管理を確実に行うことで、プロセスが明確になり、各人がより確実に業務を遂行できるようになります。また、プロセス・業務のできばえに影響する要因を監視することで、異常の早期発見、迅速な対応やトラブルの未然防止も可能となります。

方針管理は、維持・向上だけでは足りない部分である『改善・革新』を対象としています。顧客のニーズや経営環境の変化に対応するための戦略・目標を立て、その達成のために取り組むべき課題・目標を展開し、計画・実施・チェック・処置のサイクルを継続的に回す活動であり、変化の激しい経営環境を乗り越え、事業の発展に結び付けるための重要な活動です。

QMSを計画する際に、「方針管理」を活用することで、より確実な結果を追求できるQMSに変革することができます。

当コースでは、日本での品質管理・品質保証をリードしてきた(一社)日本品質管理学会(JSQC)が開発・制定した「日常管理の指針」及び「方針管理の指針」の規格に基づき、組織経営の根幹をなす日常管理及び方針管理について、規格作成に携わり第一線で活躍してきた講師陣が、事例を交えて、基本的な考え方・進め方・組織的に推進するための方法や手法をわかりやすく解説します。

 

※参加前に、「総合的品質マネジメント(TQM)」の基礎をご理解いただくことで、より研修効果がアップします。事前学習として総合的品質マネジメント(TQM)の概要を理解するためのビデオ講義及び理解度確認を用意しています。

TQMの概要を説明した記事を掲載しています。是非ご覧ください。

こちらから、事前学習ビデオサンプルを視聴できます。(※音声が出ますのでご注意ください)

 

 

 

 

 

総合的品質マネジメント(TQM)とは?

総合的品質マネジメント(TQM:Total Quality Management)とは、「品質/質を中核に,顧客・社会のニーズを満たす製品・サービスの提供と,働く人々の満足を通した組織の長期的な成功を目的とし,プロセス及びシステムの維持向上・改善及び革新を全部門・全階層の参加を得て様々な手法を駆使して行うことで,経営環境の変化に適した効果的・効率的な組織運営を実現する活動」(出典:JSQC規格「品質管理用語」)と定義されており、経営手法の1種と言えるでしょう。

日常管理、方針管理とは?

当コースで扱う、日常管理、方針管理とはどういう活動のことで、どういった成果を生み出すことができるのでしょうか。少し詳しく説明します。

●日常管理の指針
JSQC規格では、日常管理を「組織のそれぞれの部門において,日常的に実施されなければならない分掌業務について,その業務目的を効率的に達成するために必要なすべての活動」(出典:JSQC規格「品質管理用語」)と定義しています。

日常管理の指針には、すべての部門が決められたとおりに業務を推進するための方法、ヒントが多く入っています。品質管理の最も基本である、"ルールを決め、ルールどおりに実践すること"をすべての部門で行うためにどのように進めていくかを示した指針(ガイド)です。
部門ごとに管理項目、管理水準を決めて、ルール通り行っているかどうかを管理し、管理水準から外れたものは、通常とは違う「異常」として"特別管理"の対象とします。"特別管理"とは、異常への応急処置となぜ異常が発生したかの原因を追究し、そして再発防止することを意味します。部門の活動の中で異常を管理し、次の工程には迷惑をかけないことがその意図です。ISO 9001箇条8.1には、「…必要なプロセスを計画し、実施し、かつ管理しなければならない」とありますが、その具体的推進方法をガイドしているという位置付けができます。

方針管理の指針
JSQC規格では、方針管理を「方針を,全部門・全階層の参画のもとで,ベクトルを合わせて重点指向で達成していく活動」(出典:JSQC規格「品質管理用語」)と定義しています。

組織は、今後を見据えて中長期計画を持っていることでしょう。ここで中期とは5年くらい、長期とは10年くらいの期間を想定しています。中長期経営計画を確実に実行に移すためには方針管理を活用することが有用です。中長期経営計画を進めるにあたって、一つの部門の力だけでは計画に盛り込まれているプロジェクトや課題を実現させることができません。部門間で分担することを協議し、総合的な計画を作成することが求められます。また、その計画を作成する過程においては、部門ごとでカバーする領域をすり合わせることも重要です。さらに、計画段階後の実施段階においても、部門ごとお互いの推進状況を確認し合うことが組織の全体管理には必要不可欠です。方針管理の指針では、これらの進め方・方法をガイドしています。

関連コース

本コース以外に、総合的品質マネジメント基礎編として、下記のコースがございます。併せてご覧ください。
総合的品質マネジメント基礎編 小集団改善活動/品質管理教育コース(TQ92)
総合的品質マネジメント基礎編 新製品・新サービス開発管理/プロセス保証コース(TQ93)

 

(※)(一社)日本品質管理学会(JSQC)/JSQC規格とは

(一社)日本品質管理学会は、1970年に、品質管理の発展と学理の探求をめざして設立された品質管理を専門とする団体です。学会員には、品質管理を研究する方のみでなく、実務で品質保証や品質管理に携わる方など、産業界の方も数多く入会しています。
JSQC規格は、(一社)日本品質管理学会が、品質/質に関わる事柄に関する研究及び諸活動に資すること及び品質管理の普及を目的として作成・制定した規格で、第一線で活躍している人たちが作成しています。
現在、JSQC規格としては、以下の規格が発行されています。※発行順
・品質管理用語
・日常管理の指針
・小集団改善活動の指針
・プロセス保証の指針
・方針管理の指針
・公的統計調査のプロセス-指針と要求事項
・品質管理教育の指針
・新製品・新サービス開発管理の指針

(一社)日本品質管理学会のホームページはこちら。http://www.jsqc.org/index.php

カリキュラム

9:30 ~17:00
(午前)●日常管理の基本(概念/SDCAサイクル/標準化と標準/管理項目と管理水準) ●日常管理の進め方(プロセスの標準化/管理項目・管理水準の設定と異常の見える化/異常の検出・応急処置/異常の原因追及・再発防止/日常管理の定着等) ●部門別日常管理 ●演習 (午後)●方針管理の基本 ●方針管理のプロセス ●部門における方針管理の進め方 ●組織全体の方針管理の進め方と方針管理の推進 ●方針管理の推進 ●演習

講師紹介

講師陣は全員、JSQC規格の作成に携わったメンバーです。
(回によって担当する講師が変わります)

■中條 武志(なかじょう たけし)講師 (※事前学習動画講義を担当)
中央大学理工学部経営システム工学科 教授
(一社)日本品質管理学会 フェロー(元会長 2012年~2014年)
ISO/TC176(品質)国内対応委員会 委員長
デミング賞審査委員会委員
主な著書
・こんなにやさしい未然防止型QCストーリー、日科技連、2018
・人に起因するトラブル・事故の未然防止とRCA-未然防止の視点からマネジメントを見直す、日本規格協会、2010

■安藤 之裕(あんどう ゆきひろ)講師
安藤技術事務所 代表
(一社)日本品質管理学会 標準化委員会 委員(元委員長)
デミング賞審査委員会委員
International Academy for Quality,Trustee(理事)・Academician
主な著書:
・QC七つ道具の奥義、日科技連、2019
・ISO 9004:2009解説と活用ガイド(共著)、日本規格協会、2011

永原 賢造(ながはら けんぞう)講師
プロセス マネジメント テクノ 代表
(一社)日本品質管理学会 元理事
元 (株)リコー 経営品質管理本部本部長、技師長
主な著書
・図解でわかる部門の仕事改訂版 品質保証部(共著)、日本能率協会マネジメントセンター、2010
・継続的改善の技術 事例で学ぶTTY法とIS法の実践(共著)、日科技連、2008

村川 賢司(むらかわ けんじ)講師
村川技術士事務所
(一社)日本品質管理学会 フェロー(元理事)
元 前田建設工業株式会社 TQM推進担当・顧問
主な著書
・企業の持続的発展を支える人材育成 品質を核にする教育の実践、日本規格協会、2019
・超ISO企業 実践シリーズ8 人を育てたい、日本規格協会、2005

当コースのご案内

費用 【通常価格】税込価格:30,240円 (税別 28,000円)
【会員価格】税込価格:27,216円 (税別 25,200円)
証明書等
  • 修了証
割引
備考 ※費用には、(一社)日本品質管理学会発行の「日常管理の指針」及び「方針管理の指針」の規格書の費用を含みます。
※なお、受講費用及び発行規格書の配付につきまして、2019 年度テクノファセミナーご案内の内容から変更を行っております。こちらのホームページ文書が最新の内容となりますので、お間違いのないようご確認をどうぞよろしくお願いいたします。変更になっておりますことお詫び申し上げます。
開催地 川崎
【講師派遣型セミナー可】
交通アクセス 各会場へのアクセスはこちら
定員 24名
日程 1日(9:30開講、17:00終了)
筆記試験 有り (理解度確認テスト)

日程・申込

  • [コースID:TQ91]
  • (更新日:2019年08月19日)
開催No.1
2019年9月27日(金)
川崎
開催No.2
2019年12月2日(月)
川崎
開催No.3
2020年3月19日(木)
川崎