ISO情報

ISOの規格って色々あるけど、どれをやればよいの?(その1)

今までISOに関するお話を40回以上にわたりしてきました。ですが、多くの回でどのISOという特定はほとんどしてきていません。
だいぶ前の回になりますが「ISOってどのくらいの会社が認証取ってるの?(その2)」で主要な規格の認証取得数を挙げました。再掲すると、全世界での各規格の認証取得数は以下のようになっています。

規格             認証組織数
ISO 9001             1,058,504
ISO 14001              362,610
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)                39,501
OHSAS 18001(ISO 45001)(労働安全衛生)                                         32,722
ISO 13485(医療機器)                                         31,520
ISO 50001(エネルギー)                                         22,870

                                        (2018年秋公開 2017年末現在の数字)

これを見ると、では自分たちも取り組むのであれば一番使われているISO 9001をやればいいのね!ということになってしまうかもしれません。
もちろん、それが間違いとは一概には言えません。使われる理由があるからこそISO 9001の認証取得数が突出することになっているわけですから。

ですが、ここはいったん冷静になって、なぜISOのマネジメントシステム規格を活用しようとしているのかを考え直してください。
「ISOの認証を取得するといいことあるの?」などでも述べていますが、ISOの利用価値は、何も認証を取得することだけではありません。そしてそもそもは認証取得のために取り組むものでもありません。

ISO 9001の序文冒頭(0.1一般)には以下の記述があります。

品質マネジメントシステムの採用は,パフォーマンス全体を改善し,持続可能な発展への取組みのための安定した基盤を提供するのに役立ち得る,組織の戦略上の決定である。
組織は,この規格に基づいて品質マネジメントシステムを実施することで,次のような便益を得る可能性がある。

a) 顧客要求事項及び適用される法令・規制要求事項を満たした製品及びサービスを一貫して提供できる。
b) 顧客満足を向上させる機会を増やす。
c) 組織の状況及び目標に関連したリスク及び機会に取り組む。
d) 規定された品質マネジメントシステム要求事項への適合を実証できる。

環境のISO 14001では序文(0.2項)で環境マネジメントシステムの狙いとして以下の記述がなされています。

この規格の目的は,社会経済的ニーズとバランスをとりながら,環境を保護し,変化する環境状態に対応するための枠組みを組織に提供することである。この規格は,組織が,環境マネジメントシステムに関して設定する意図した成果を達成することを可能にする要求事項を規定している。
環境マネジメントのための体系的なアプローチは,次の事項によって,持続可能な開発に寄与することについて,長期的な成功を築き,選択肢を作り出すための情報を,トップマネジメントに提供することができる。

- 有害な環境影響を防止又は緩和することによって,環境を保護する。
- 組織に対する,環境状態から生じる潜在的で有害な影響を緩和する。
- 組織が順守義務を満たすことを支援する。
- 環境パフォーマンスを向上させる。
- 環境影響が意図せずにライフサイクル内の他の部分に移行するのを防ぐことができるライフサイクルの視点を用いることによって,組織の製品及びサービスの設計,製造,流通,消費及び廃棄の方法を管理するか,又はこの方法に影響を及ぼす。
- 市場における組織の位置付けを強化し,かつ,環境にも健全な代替策を実施することで,財務上及び運用上の便益を実現する。 - 環境情報を,関連する利害関係者に伝達する。

この規格は,他の規格と同様に,組織の法的要求事項を増大又は変更させることを意図していない。

どちらも認証取得の有無にかかわらず、規格を用いて組織が活動をしていけばこのような結果(便益)が得られる可能性が高まります、ということを伝えているのです。

長くなってきたのでいったんここで区切り、次回に続けます。