ISO情報

ISOマネジメントシステムの審査員って何?(その1)

 前回はISOマネジメントシステムの認証制度の信頼性がどのようにして確保されているかのお話をしました。審査をする認証機関の活動は、その上部団体である認定機関が管理監督しているというお話でしたね。

 そうそう、前回一つお話を漏らしていたのですが、ISOの認証を取得すると社員の皆さんの名刺にISO認証取得したことのアピールとしてマークを入れられる組織も多いと思います。その際に、認証機関のマークだけが入れられている名刺をお見掛けするときがあるのですが、厳密にいうとこれはよろしくありません。マーク規定というものがあって、認証機関から取得した際には、その背後にある認定機関のマークも同時に表示するのがルールなのです。マークが2つも並ぶのは名刺の限られたスペースでは避けたいところではあるのですが、その認証機関がどこから認定されているか、を表示することによって本来であれば第三者から見たその取得した認証の意義がわかる、ということなのです。特に海外企業との取引のある会社の方はお気をつけください。

 さて、前置きが長くなってしまいました。
 今日のテーマの審査員のお話に移りましょう。

 認証機関が認証取得を希望する組織を審査するわけですが、その際に実際に現地に出向くのが審査員です。認証機関に所属する人であればだれでも行って審査ができるというものではなく、これも国際的に定められたルールに基づき力量認定された人が審査員として審査現場に出向くことになります。

 現在はこのISO審査員には3つのグレードがあります。上位から言うと、主任審査員、審査員、審査員補の3つです。
 審査をする際には必ず主任審査員資格を持った人が審査を主導し、責任をもって審査結果を出す必要があります。複数名で審査を行うときには一人以上の主任審査員がそのメンバー内にいますし、審査員が一人で相手組織に出向いて審査を行う際には、必ずその人が主任審査員資格を持っている人である必要があります。
 主任審査員に求められる力量は、単に審査ができれば良い、というものではなく、審査計画を作る、審査現場の時間管理を含めてマネジメントを行う、チームメンバーがいればその統率を行う、審査の結果を出し、その結果に責任を持つ、そして報告書を書き上げる、万が一不適合(不具合)が発生すればその是正処置対応まで責任をもって見届ける、という様々な役割があります。単に知識を持っていればよいわけではなく、様々な社会経験を持った人でないと主任審査員を務めるのは難しいのです。
 少し長くなりましたので、次回に続けます。