• 品質
  • コースID:SQ24A

航空宇宙審査員特別コース『プロセスの有効性の審査』力量向上2日間研修

50,000円 (税別) 会員価格 45,000円 (税別)


コース概要

AQMS審査に対する正しい考え方と要求事項の摘要、プロセス審査を通じた組織の適合性と有効性の確認、不適合指摘・懸念事項の抽出、客観的事実と審査根拠について整合性と正当性のある審査報告書式の作成、など、JIS Q 9100:2016/SJAC9101F版に改訂されたAATTコース(IAQG認可JRCA承認JIS Q 9100航空宇宙審査員向け基礎コース)の進め方を 理解するための事前対策2日間コース。
※2018年12月開催からカリキュラムを一新、完全改訂しています。

  • IAQG認可JRCA承認JIS Q 9100航空宇宙審査員向け基礎コース(TQ24)受講前の事前学習プログラムとして、業界がAQMSの審査に何を求めているのか、
  • 具体的にJIS Q 9100/SJAC 9101の審査での適用、AQMS審査における懸念事項の抽出と優先順位づけ、不適合指摘(NCR)の正しい記述(客観的事実と審査証拠の正しい結びつき)から、審査で発見した客観的事実を審査報告書類にどのように正しく記述するのかなど、「プロセスの有効性を確認する審査」であるAQMS審査の手法について、講義と演習で体得していただきます。

こんな方におすすめします

  • IAQG認可JRCA承認航空宇宙審査員向け基礎コース(TQ24)受講予定の方
  • 航空宇宙審査員を目指す方

注意事項

  • お一人様のお申込みの場合には、本ページ最下部日程の「空席有り」ボタンをクリックするとお申込みフォームに進みます。
    複数人でのコースお申し込みなど、それ以外のお申し込みの場合は、次の「お申し込み方法」のページから各お申込みフォームに進んでください。

コース特徴

IAQG戦略として、OTOQD: On-Time On-Quality Deliveryが掲げられています。
製品品質の適合性(On-Quality)だけではなく,納期どおりの引渡しに関するパフォーマンス(On-Time Delivery Performance)について,組織のトップマネジメントに対する要求事項(5.1.2 顧客重視),並びにそれらを測定し,特定された課題に対する改善計画の作成及びその結果の有効性評価に対する要求事項(9.1.2 顧客満足)が追加されており、品質マネジメントシステムと組織のパフォーマンスとを明確に関係付けることが目的です。 (JIS Q 9100:2016 解説 6c)から引用)
よって、9100(A-QMS)審査においては、業界が求める組織のQMSのあるべき姿(組織全体が顧客重視のプロセスとして構築されており、トップマネジメントプロセスを含めて管理されている状態であるか、プロセスの有効性を含む適合性を実証できること)が確認できる審査の実践スキルが求められます。

よって、AATTコース(IAQG認可JRCA承認JIS Q 9100航空宇宙審査員向け基礎コース)では、トップマネジメントへの審査で懸念事項として抽出された項目が各プロセスへの審査へつながり、懸念事項が解決されているか、いないかを不適合指摘及び審査報告書に正しく記述できるプロセスの有効性を含む適合性を「審査」でき、報告書を完成できる力量が求められています。

また、AATTコース(IAQG認可JRCA承認JIS Q 9100航空宇宙審査員向け基礎コース)では、全世界共通の講師ガイドでコントロールされたカリキュラムとなっており、講師が演習の模範解答や正しい考え方を示すことはありません。自らがIAQGに求められる審査を理解し、アウトプットでそれを証明することが求められています。

そこで、この航空宇宙審査員特別コースでは、AATTコースを凝縮しIAQGが求める審査を理解するためのプログラムで構成します。

当コースをお選びいただいている理由

JIS Q(AS)9100審査員の資格要件の一つとなる、AATTコース(IAQG認可JRCA承認JIS Q 9100航空宇宙審査員向け基礎コース(TQ24))のカリキュラムは、全世界統一プログラムとしてISO9001主任審査員クラスを想定した内容で構成されています。よって、チームリーダーとして第1段階審査から始まり、プロセスの審査、審査報告(認証の推薦)まで一通りを結論付けができるまでの力量を求めるカリキュラムです。
また、AATTコースは、9100/9101規格の正しい理解・解釈の元での適用、プロセスの有効性を含む適合性を確認する審査手法について、ケーススタディを通じて実践的に、自発的に学びとるカリキュラムで、講師はIAQGが定めたトレーナープログラムに沿うため、コース中に模範解答や正しい考え方をお伝えすることができません。

よって、合格のハードルは高く、また、航空宇宙産業での固有知識や過去の業務経験、ISO 9001等他規格での審査経験によって、合否に差が生じております。

また、審査報告書の記述も評価に含まれており、様式1:第1段階審査報告書、様式2:QMSプロセスマトリックス、様式3:NCR(不適合報告書)、様式4:PEAR(プロセスの有効性評価報告書)・様式5:審査報告書といった一連の報告書に審査で発見した客観的事実と適用する規格を的確に記入する力量が求められます。

A-QMS審査を経験していないにもかかわらず、審査報告書様式の記入内容が評価されるため、ぜひ、この航空宇宙審査員特別コースのご受講をお勧めします。

カリキュラム

1日目 10:00 ~19:00
●オリエンテーション 業界の意図と期待(期待される審査、期待される審査員)・9001審査と9100審査の違い ●プロセスの構築 ・運営管理とプロセスの審査●第1段階審査 ●【演習1】第1段階審査で何を見るか・第1段階審査報告書(様式1)の作成 ●第2段階審査 ●【演習2】プロセスの審査①PEAR(様式3)の作成 
2日目 9:00 ~17:00
●審査における優先順位と不適合指摘 ●【演習3】プロセスの審査② 審査における優先順位付けと懸念事項/問題点の抽出 ●【演習4】不適合指摘とNCR(様式4)の作成 ●審査の結論 ●【演習5】QMSプロセスマトリックス報告書(様式2)の作成 ●【演習6】審査での結論(審査報告書 様式5の作成)

講師紹介

寺尾 博 氏
JRCA登録 AS産業経験審査員(2005年~現在)三菱重工業(株)名古屋航空宇宙システム製作所在職中には、機械加工/NC プログラムを担当、ボーイング777国際共同開発プロジェクトで製造部門代表マネジャーとしてボーイング社に駐在、カナダ・ボンバルディア社との共同開発のGXプロジェクトに参画時には、生産技術・製造プロジェクトの取りまとめを行う。また、ボンバルディア社およびカナダ航空局の監査対応、防衛省向けF-2支援戦闘機の生産技術チームの統括や品質保証業務などを経験。 認証機関では、システム審査部部長を経験。
IAQG認可JRCA承認航空宇宙審査員向け基礎コース(通称:AATTコース)の他、JIS Q9100規格解説コース、JIS Q 9100航空宇宙内部監査員2日間コースの名古屋開催コースの講師として登壇します。

当コースのご案内

費用 【通常価格】税込価格:54,000円 (税別 50,000円)
【会員価格】税込価格:48,600円 (税別 45,000円)
証明書等
  • 受講証明書
割引
開催地 川崎
交通アクセス 各会場へのアクセスはこちら
定員 12名
日程 2日間(初日 10:00~19:00、2日目9:00~17:00)
筆記試験 無し

日程・申込

  • [コースID:SQ24A]
  • (更新日:2018年12月20日)
開催No.8A
2019年3月19日(火)~3月20日(水)
川崎
開催No.9
2019年7月31日(水)~8月1日(木)
川崎
開催No.10
2019年12月11日(水)~12月12日(木)
川崎