よくある質問

ISO 9001審査員 CPDコース 比較早わかり 一覧表

( 2017年4月20日更新 )

※すべてのコースがJRCA登録コースです。

  コースIDとテーマ 学習の狙い 対象 内容
規格理解 審査技能




15

 TQ22 審査技能の向上  審査・監査(二者監査・内部監査リーダー等)の経験のある方  審査技能の向上のため、多種多様なケーススタディを取り入れた内容。毎年4月にカリキュラムを更新。監査・審査の質向上、組織のQMS向上をテーマとした講義と演習で構成しています。





間  
TQ02
平林良人による規格の最新情報
 審査員資格をお持ちであっても、普段審査に携わっておられない審査員補の方  ISO規格の動向やその規格が意図するところや、その本質について学んでいただくコース。普段審査に携わっておられない審査員補の方にCPD対策としておすすめ。
TQ22B
審査技能の向上
 審査員資格をお持ちであっても、普段審査に携わっていない方。
QMS事務局・推進担当者などQMSを活用する立場にある全ての方
 JRCA QMS審査員補資格の方向けに、CPD15時間コース(TQ22)カリキュラムの内、初日から5時間分をCPD5時間コースとしてご提供。関連規格の最新情報他、審査員のCPD5時間コースとしてはもとより、組織のQMS活性化、内部監査の改善にも有用な演習中心のプログラム。
TM41
インタビュー能力の向上
 審査・監査(二者監査・内部監査等)の経験のある方  効果的な審査を進める上で欠かせないお客様との信頼関係を築くために重要なコミュニケーションスキルを磨くため内容。模擬審査にて、実際の審査さながらの状況を体験してもらいます。
TQ83
ISO 9001審査と運用の肝 ~発想を変える~
 QMS審査員、QMS事務局・推進担当 管理責任者  多くの審査経験や、規格改正の場に直接携わる機会の多い講師が、2015年版ISO 9001の審査で押さえるべきポイントや、誤解しやすい規格要求事項を、審査の面、運用の面からわかりやすく解説する実務的なコース。






10
TQ84
プロセスアプローチを実践する
 QMS事務局・推進担当者などQMSを活用する立場にある全ての方  プロセスアプローチを分かりやすく解説するとともに、ケーススタディでは、プロセスを分析することで、プロセスに潜む課題・問題の可視化を、事例を通して検討、実施します。
TQ88
内部監査の有効性評価技術の向上に
 QMS事務局・推進担当者、組織の内部監査リーダー、内部監査主管者、などQMSを活用する立場にある全ての方  プロセス”QMS”が効果的に効率的に機能しているか、有効性を適切に評価できる質の高い内部監査へと進むため、講義と演習で具体的に学習するコース。





間 
TM63
統合マネジメントシステム内部監査員コース
 QMS/EMS審査員(補)
QMS/EMS内部監査員
QMS/EMC事務局推進者
 統合マネジメントシステムの統合内部監査を効果的・効率的に行うための視点や工夫を習得するコース。
TM64
新規格に対応するリスクマネジメント実践コース
 MS審査員、コンサルタント、組織のマネジメント層、MS管理責任者、推進担当者、内部監査主管者  今後発行されるMS規格において求められるリスクマネジメントについて、分野を問わずにリスクの理解を深め、演習も交えてリスクの適切な評価と管理を学びます。

<CPDコースのマトリックス>

上記はあくまでもひとつの目安ですので、 ご興味のあるテーマのコースのご受講をお奨めします。